_

ホームページ > 特設掲示板  

■  特設掲示板  


□ 掲示板

 テーマは 「 プロ野球とその周辺のすべての話題 」 となっています。

 

 ── 利用規約
・ 常識に従って自由にお楽しみ下さい。
・ 常識の範囲は管理人の恣意的な判断によって決定させていただきます。
・ 管理人は管理権限において注意・警告を行うことがあります。
・ 管理人は注意・警告を経ずに投稿削除・投稿制限などを行うことがあります。
・ なおすべての規約内容は管理人の一存で改廃することがあります。



お名前(ハンドル)

メールアドレス

タイトル

コメント

URL

※重要!
:チェックを入れてから投稿してください。

 



・ 最近200件の投稿から40件ずつ表示されます。それを超えると古い投稿から過去ログに収録されます。
・ 投稿されてから2時間以内の書き込みには の画像が表示されます。
・ 引用符として > を文頭に付けると、つづく文中の文字が このように 太字で表示されます。
 雑感 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2019年11月04日 (月) 13時07分02秒
FA・・・巨人はロッテの鈴木選手と楽天の美馬投手に行く感じですね。
鈴木選手は良いと思いますが、美馬投手は・・・それなりに実績のある良い投手だとは思いますが、「野上投手」っぽい?感じが。巨人の場合、先発投手もある程度必要だと思いますが、リリーフを補強して欲しい感じですね。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2019年11月03日 (日) 00時40分18秒
嶋はヤクルトで良かったです。
噂された中日には現在東京六大学現役最多の本塁打数を誇るドラフト4位指名慶大の郡司捕手がいます。
昨日の早慶戦も来年のドラフト1位候補の早川から連続本塁打と大活躍。広島1位の森下からも2発放つなど、最近の中日に在籍した捕手の中でも異例の強打を誇る存在です。この郡司が取れた以上は地元の嶋と言えども不要な存在でした。

 嶋ヤクルト移籍濃厚 投稿者:ユウ 投稿日:2019年11月02日 (土) 20時29分58秒
どうやら楽天の嶋の移籍先がヤクルトになりそうです。楽天が移籍先に協力的に探しているとのことだったので、おそらくセリーグだと思っていましたが、石井GMの古巣ヤクルトということでいいんじゃないでしょうか。

 FA市場 投稿者:ドン 投稿日:2019年11月02日 (土) 19時17分19秒
【フリーエージェント宣言選手公示】
<国内FA宣言選手>
十亀 剣(L)
福田 秀平(H)
則本 昂大(E)
美馬 学(E)
鈴木 大地(M)
<海外FA宣言選手>
秋山 翔吾(L)

毎年のことですが日本はFA市場が本当に稼働してないですよね。今年もわずか6名でセリーグはなし。しかも十亀と則本はすでに宣言残留が決まっているので事実上わずか4人です。日本の場合宣言しないとFA権は行使できない仕組みになっているのですが、メジャーのように年数が来たら自動的に全員がFA権を強制的に行使する仕組みにしたほうがいいと思いますね。
それで4人のFa選手ですが秋山はメジャーで事実上確定。メジャー契約は提示されるでしょうし、骨折も来シーズンには影響がないので国内移籍はあり得ないでしょう。となると事実上3名。
福田はCランクということもあり、楽天、ヤクルト、中日、阪神、ロッテ、西武の5球団が競争と大人気です。在京志向が強いようなので、ヤクルト・西武・ロッテが有利な感じでしょうか。
美馬は巨人・ロッテ・ヤクルトで競争。ただタイプ的に典型的なイニングイーターで通算51勝60敗という成績みても勝ち星と同等以上は必ず負け数もある投手なので、個人的にはヤクルトあたりの投手の弱いチームのほうが重宝はされるとみています。巨人だとおそらく野上のように埋もれてしまうでしょう。
最後は鈴木大地。ロッテでいろんなポジションをたらいまわしにされたという経緯もあり、ある程度固定したポジションを用意できるかどうかがカギでしょうか。こちらも巨人、DeNA、中日、楽天などで獲得競争になりでしょうか。いい選手なのですが、打撃で勝負するタイプではないので評価が難しい選手だと思います。

 巨人の打撃コーチ 投稿者:sun 投稿日:2019年11月01日 (金) 00時08分29秒
これも落合の言葉じゃないけど、会う人を見つかる事が大事
私は守備・走塁にはある程度正解が存在すると思うけど、投球・打撃には正解が存在せず、会う会わないだと思う

仮にAコーチが会わない時にBコーチに聞きたくてもBコーチは左打者のコーチで、該当選手はAコーチの管轄という事が普通です、それならその枷が最初からない方がメリットが大きいし、監督年数が多いからこそ出てくるものですね感心

 根尾外野 投稿者:sun 投稿日:2019年11月01日 (金) 00時04分54秒
最終的にどういう経路を辿るかは分かりませんが、与田がいい具合に外野もやらせる事ができましたね
理由としてチーム全体に複数ポジション指令という物、現状のドラゴンズの内野・外野を見ると後者の方が耐久年数が短い選手が多いですから、打撃が改善した場合に一番最初にチャンスがあるのは外野の方ですからね

結果として落合予言が正解になりつつあると思いつつも、今年の阿部の台頭まで考えていたのか不思議ではありますが・・・・

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2019年10月29日 (火) 21時49分50秒
>気を付けなければいけないのは招聘したほうの与田。栗原は楽天時代のつてだと思うけれど、あまり自分の人脈で人を増やすと名古屋では嫌われるから。

まぁ名古屋というよりは私に嫌われるんですね(笑)
中日はよそに比べてOBコーチの比率が低いチームです。チームが低迷から抜け出せないのもこの辺の事情が影響していると思われます。今期は森野コーチを切ってどうなるかと思っていたら栗原ですか。石川石垣らスラッガーも増えてきたのでそれなりに期待はしますが、生え抜きのOBコーチの育成の方も同時平行で行うことを希望します。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月29日 (火) 19時31分56秒
巨人 来季のコーチ陣発表 元木ヘッド、阿部二軍監督 石井琢朗氏、二岡智宏氏らも入閣
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/29/kiji/20191029s00001173248000c.html

 と思ったらその吉村が作戦。じゃあ打撃はだれ?と思ったらなんと不在。バッティングが見られる人はたくさんいるのでべつに支障はないし問題は無いんだろうけどかなり珍しいんじゃないだろうか。そして野手総合コーチも2人。つまり原がよく云ってる担当分野にこだわらない指導という方針を制度上わかりやすくしたということなのかもしれない。実松は日本ハム退団だったので戻ってくるのは想像ついた。三軍監督はてっきり二岡に交代だと思ったが、1年で井上を差し替えるのを避けたんだろうか。そういえば今年は二軍と三軍のコーチ陣を全員でファーム○○コーチにしていたのにまた二軍と三軍を明確に分離。なにか理由はあるんだろう。そして水野。置き場が無くなって巡回コーチへ。近い将来、日本テレビに空きが出たところで解説者に戻る待機ポスト。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月29日 (火) 07時41分34秒
巨人 来季から元木ヘッドコーチ就任 原監督評価「クセ者じゃなく技量持っている」
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/29/kiji/20191029s00001173071000c.html

 去年、実質的なヘッドは元木なのではないかと推理したけれど原の横にはけっきょく吉村で微妙に外した。ただ吉村はけっこう露骨に原に叱責をされたりして機能してない感があった。一方、元木は作戦面にはコミットしていたようだし、意外と原とはウマがあっている。石井琢朗が元木とほとんど同じような職掌で入閣するので元木のポスト変更はあり得ると思ったが、ここに来てのヘッド正式就任はそれほど濃厚には想像していなかった。守備・作戦コーチあたりかな、と。それにしても吉村はこれで実質的な降格。これも外野手出身者の限界なのかな。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月29日 (火) 07時32分27秒
中日 長打力強化へ栗原健太氏を招へい 赤ヘル主砲、指導実績も
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/29/kiji/20191029s00001173070000c.html

 単身赴任の限界という話だったので広島ローカルで解説者かななんて想像していたがなんと中日。まあセントラルなら広島に定期的に帰れるのでパシフィックよりはもちろんいい。人事はどこかで大きく動くと必ずドミノ倒しが起きる。まあこれもある意味でその一環なのかもしれない。表立って云わないにしても石井体制への嫌気が退団を決断させたという線も無い話じゃない。気を付けなければいけないのは招聘したほうの与田。栗原は楽天時代のつてだと思うけれど、あまり自分の人脈で人を増やすと名古屋では嫌われるから。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2019年10月28日 (月) 21時57分40秒
大島はなんと言っても地元出身の生え抜き選手なんですから、移籍して良いことなんてほとんどありません。残留は賢明な選択です。中日に阪神ほど金がない分、鳥谷のような長期大型契約にもならないでしょうし、数年後、多少、コスパが悪くなってもファンとしては諦めがつきます。将来の監督のキャラクターではないかもしれませんが、落合中日の輝かしい記憶を語り継ぐことができる貴重な存在でもありますし、中日で引退して欲しいものです。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月28日 (月) 21時47分23秒
【巨人】FAロッテ鈴木を「本格的に」調査へ…ソフト福田は若手台頭で「いかないです」
https://hochi.news/articles/20191028-OHT1T50227.html

 鈴木大地はおそらくブリッジにしたいという考え。田中や山本はよくやったけれどエッジが足りずレギュラーには寸足らず。そうなるとやはり吉川尚に期待したくなるが現状では内野は無理らしい。若林はイージーゴロをあれだけやらかすのでは外野コンバートもやむを得ない。エッジという点では増田だがどうなるか。今年見た限りはレギュラーより貴重な控えのほうが向いている気がする。つまりそういう決め手の無いセカンドに鈴木を入れてみたいということ。結果として鈴木が定着するならよし、そうでないならそれなりの待遇で。また鈴木なら扱いに困るほどの大物でもない。逆に云えば鈴木はそういう野球人生を望まないなら巨人は回避した方がいいと思う。

 美馬は難しい。森福、野上と外しているので厳しい可能性はある。山口俊みたいにいかにもメンタルや考え方に問題があるようなタイプはそこを矯正できればブレイクもありえるが、総合力の投手なのでここからの上積みが想像できない。出がらしとは云わないまでもやれて今シーズン程度。巨人で防御率4点台だとたぶん許してもらえない。

 福田に行かないのはまあとうぜんで、そんななんでもかんでも獲りに行く必要はない。やはり投手とセカンドが補強ポイントとなる。外野に関しては来年、小川をもう少し使ったらどうだろうと思う。巨人は外様のとくに野手を素質や能力ではなく結果で評価するきらいがある。小川は1年使えば270の15本くらいは打てる可能性があるんじゃないだろうか。だったら陽でよくね?というのもわかるが、少しでも若い選手を使っていかないと同じチームは1年後には一歳年を取る。この当たり前のことを軽視してはいけないと思う。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月28日 (月) 19時45分48秒
【巨人】山下航汰が宮崎フェニックス・リーグ最終戦で逆転3ラン締め
https://hochi.news/articles/20191028-OHT1T50187.html

 今年1年でバッティングに関してはかなり完成度が高いことをだいたい証明し終えた。勝負は来年のオープン戦だろう。というかオフの過ごし方をどうするかというところですでに勝負は始まっている。ところで去年のMLB選抜とのエキシビジョンゲームで、原は松原と和田恋だと松原のほうがお好みなのかな?と思ったしかそれをボヤいた記憶がある。原はバッティングに重心を置きすぎているバッターを嫌う傾向がある。そのせいでせっかくのスラッガー候補が中井みたいな中途半端な仕上がりになったりするところがあって、大田はうまく逃げられて良かったねというところなんだけど、山下はそうした過去の先輩たちの轍を踏まないために工夫が必要になる。編成上、山下が出てきたから和田恋放出に踏み切ったのは間違いない。それはつまり菊田あたりが同じように出てきたらこんどは山下が同じ目に遭うかもしれないということでもある。原はスラッガーの遅い歩みを待てない。すぐ使えそうなほうに気を取られる。そこが原の戦術家として長所であると同時に、指導者としての致命的欠陥ではないかと思っている。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月28日 (月) 19時31分30秒
中日大島が残留「ドラゴンズで野球人生終える覚悟」
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910280000355.html

 ふたつの視点がある。まず大島本人。残留は正解。フランチャイズプレーヤーはこれからさらに減っていく傾向にある。大島のような地元出身者の有力選手があえて冒険する必要はほとんど無い。FA宣言回避も正解。もし理由がもうひとつ不明瞭な粗末な扱いがあれば宣言移籍もワンチャンあるよという奥の手を残しつつ、出来れば短めの複数年をジャンプし続けることができれば現役生活も伸びる結果になる。FA権を換金しないことは同時に球団への貸しにもなる。本人的にもあまり安心したくないというか、複数年でも変動制を希望するあたり気概を感じる。働いて稼ぐからいいよってことなのかもしれない。

 球団サイドの視点。率直に云って引き止めず移籍させてしまうのもありだったかもしれない。将来の幹部候補という位置づけはもちろんあるが、年齢的にも34歳35歳はピークアウトして急激に状態を落とす好発年齢。鳥谷化とあえて表現するけれど、ああいうのは誰も得しない。ただ逆に云えばインセンティブ部分を重くすることで引き続き両者が合意しているならウィンウィンでもある。けっきょくそこは最後、お互いの信頼関係によって呼吸をいかに合わせるか。鳥谷は半出戻りのようなかたちになって5年間、それを球団はもちろんファンも引きずったなという印象。大島はうまく立ち回れるか。

 (無題) 投稿者:アキラ 投稿日:2019年10月27日 (日) 22時43分11秒
単純にセとパで野球が違ってもいいかなと思います。
ただ、投手が打つ気がないのに打席にはいるのは何とかならないかな。
やる気のないスイングにはイライラします。
打つ気がないなら申告三振を認めて欲しいです。

 雑感 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2019年10月27日 (日) 12時14分18秒
ユウさん、コメントありがとうございます。
FA・・広島 野村投手が宣言せず残留。楽天 美馬投手が宣言。
だんだん動きが出て来ましたね。広島は佐々岡さんが監督になり、今のレギュラーが二軍の時に育ててもらった監督なので、ほとんど残留になる気がします。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2019年10月27日 (日) 01時08分13秒
西武が連覇した20年前と今では野球の質そのものが変わって来てますからね。
07年は守りの野球で中日が日本一に輝きました。11年もソフトバンク相手に中日は3勝4敗と健闘しました。
結果的に11年の中日がこの9年間で最もソフトバンクを苦しめたチームになったわけです。

何が言いたいかというとこの9年の間にフライボール革命が起こりました。かつては12球団最低の打率と本塁打でセリーグを制した時代もありましたが、近年では圧倒的に得点力の多いチームに分があります。

中日も最少失点で守り切る“かつての栄光”を捨てドームに投手不利のテラスを作ることを決めました。
この流れの中で少しでも点を取るためにやれることはやってみればいいと思います。
それで不要だと分かればDH制を廃止したらいいのです。DH制は消費税のように一度導入を決めたらやめることのできないものではないのですから・・・・

 (無題) 投稿者:ユウ 投稿日:2019年10月26日 (土) 22時15分59秒
自分が例に挙げたマルティネスで説明したいと思います。97年〜98年2連覇した西武でしたが、97年はマルティネスを1塁にして、本来1塁を守っていた高木大成を左翼として起用したんですがうまくいきませんでした。そして98年は高木大成の外野がだめだったということで、マルティネスを1塁で使うことができず、DHのない試合ではスタメンで使うことができませんでした。結局西武は2年共に日本一を逃し、守れない外国人は要らないとのことでマルティネスは解雇となったんでした。

何が言いたいかということ、あの当時はDHなんて邪道なことをしているから日本シリーズで勝てないんだと現在と真逆のことを言われていたんです。なので、DHがあることによってリーグに差が出来ていると言われてもはっきり言って説得力がないんですよ。

もっとはっきり言いますと、交流戦で優勝を本気で目指しているチームがセリーグにはいない、貯金が出来ればいい、最悪5割でいい、最初からソフトバンクには負け越すのを前提として考えている時点でだめですね。自分のチームが勝って、他の5チーム全て負けてくれればいいなんて足の引っ張り合いみたいなことを考えている時点でだめだと思います。まずその考えを改めないと。

 阪神藤浪 投稿者:ドン 投稿日:2019年10月26日 (土) 16時02分40秒
阪神藤浪が自己最悪9四球、4回0封も再び不安露呈
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-10260573-nksports-base

リリーフで6試合ほど好投が続いていたので先発に回したらこの状態でした。メンタルの要因でしょうね。私は以前から藤浪放出論者なので、早めに放出してあげることを祈ります。

>現状の制球力のままでマウンドに上がられるのは対戦相手にとっての不幸なので、そこをなんとかするまで対外試合では投げてほしくない。配給的な意図が存在しないボールがインサイドに入ってくると打者は相当怖いはず。球界の宝はいつまでも球界の宝のままではない。

相手打者が怖いの確かですが、今の野球のルール上試合で投げるのを拒否することはできません。できるのはボールが頭付近に来た場合危険球で退場させることだけ。それが嫌なら打席に立つなとしかいいようがないですね。藤波の場合明らかな故意死球というわけでもないので、できる対応も限界があります。

 阪神がソフトバンク中田を無償トレードで獲得へ 投稿者:ドン 投稿日:2019年10月26日 (土) 15時28分09秒
阪神がソフトバンク中田を無償トレードで獲得へ かつて狙った虎キラー
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/554268/

ソフトバンクの中田は本来ならおそらく戦力外か引退なんでしょうが、本人が現役続行希望ということで他球団に打診したところ阪神が手を挙げたということでしょう。過去にヤクルトの山田大樹が同じように無償トレードで移籍しています。同一リーグへの戦力流出を避けるという意味合いもあり、結構ソフトバンクはこのパターン多いんですよね。中田の場合二軍レベルではまだトップクラスの成績残しているので、パリーグには出したくない。そこでセリーグに放出するというパターンです。まだ145キロぐらい投げる能力はあるので、阪神でもう一花咲かせられるでしょうか?

 レス 投稿者:ドン 投稿日:2019年10月26日 (土) 15時22分39秒
>セリーグのチームがドンさんの言われるような問題点を解消する気があるかと言われれば疑問ですし、あったとしても論点が細かすぎてリーグ全体で問題を解消するための時間がかかり過ぎます。

育成に時間がかかるのは当然ですよ。どうもセリーグのDH導入賛成派の人を見ているとDHさえ入れれば短期間でセリーグのレベルが上がるかのように錯覚している人が多いように見えます。

>DH制を導入して『打倒パリーグ』を旗印にファンにアピールする方がよほど明快で分かりやすい
>。変わることでセリーグ野球に新たなアレンジの下で何らかの化学変化のようなものをもたらす可能性だってあるのですから。

この意見なんか典型例ですよね。わかりやすいからDH制を入れてしまえ、そうすれば化学反応が起きてパリーグとの実力差がなくなるという意見はあまりに安易です。


>セリーグの野球は接戦となった場合、7回までに1点でもリードしている方が圧倒的に有利ということがいえると思います。

ちょっと古いデータですけど、次のコラムがあります。これ見ると接戦となった場合セリーグパリーグに関係なく、7回までに1店でもリードしている方が圧倒的に有利だと思いますよ。データ的に大差ないといっていいでしょう。

https://baseballking.jp/ns/column/191639


 セの野球 投稿者:ヘンリー若林 投稿日:2019年10月26日 (土) 14時44分52秒
 セリーグの野球は、パリーグの野球より先制点がより重要な意味を持つという傾向があります。
 例えば指名打者制がないことによって、例え先発投手がいくら好投していたとしても、後半に入り1点でもリードされていたら、代打を出さざるを得ない状況となります。そして、そこで逆転することなく攻撃を終了すると、ほとんどの場合、先発投手よりだいぶ格落ちの投手が次に登板することになり、敵に追加点を許して試合が決まるというパターンを腐るほど見てきました。つまり、セリーグの野球は接戦となった場合、7回までに1点でもリードしている方が圧倒的に有利ということがいえると思います。そのために、強硬策で大量点を狙うというより、バントを使い着実に1点をずつ重ねていくほうが勝利する確率が高いと考える指揮官が多いのはもっともなことだと思います。

 投手の育成力はセパ大差はないと思います。打者の育成については、パの打者の方がセより単純に1軍の打席に立つチャンスが少なくとも300打席以上あります。この差は大きく、例えば若手の素質のある打者3人を交代で9番バッターに据え、100打席ずつ与えれば、そら二軍で打席を消化するより成長するに決まってます。西武の森なんかは捕手として未熟な間はDHで出場し、守備が成長してから捕手での起用を始めましたしが、セリーグであれば早期のデビューは到底不可能だったと思います。

以上、あくまでも傾向として。ということで。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月26日 (土) 14時12分44秒
阪神藤浪は球界の宝 トレードで復活もある/権藤博
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910250000477.html

 復活するしないはともかくとして、現状の制球力のままでマウンドに上がられるのは対戦相手にとっての不幸なので、そこをなんとかするまで対外試合では投げてほしくない。配給的な意図が存在しないボールがインサイドに入ってくると打者は相当怖いはず。球界の宝はいつまでも球界の宝のままではない。放出論には賛同できる部分もあるが、問題の本質はそこではないと思う。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2019年10月26日 (土) 12時24分10秒
>だとすれば二軍統括などというポストに実態としてなんの意味も無かったことを証明してしまうことになる。とても意地の悪い視点だが、楽天が二軍統括というポストをどうするのかについて興味を持って見守りたい。

名誉職なんていくらでもれがあったと思いますよ。例えば中日の森監督が退任してシニアディレクターというポジションにつきましたが、これだって人事権や決定権のないものでしたが森は1年で退団で現在はポストも廃止されています。
その他森政権時代のコーチたちも何らかのポストが当てがわれて1年間残りました。今彼らのポストがどのようになっているかは知りませんが、結局会社で言うことろの相談役のようなポストなんでしょうね。
楽天の2軍統括もこれと同じような名誉職的な意味合いがあったのでしょう。
そういえば星野の生前の肩書だった副会長。これもイーグルスのような“中小企業”には似合わない大げさな肩書でした。

 雑感 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2019年10月26日 (土) 11時42分57秒
ドンさん、コメントありがとうございます。
まあ、今年の巨人は5年連続優勝無しのワースト記録の更新を阻止した事を良しとして、日本シリーズ制覇は来年のお楽しみということですね。
的確な補強と一軍で活躍できる若手を期待します。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月26日 (土) 06時55分44秒
 平石。ひょうたんから駒ではないけれど、騒ぎになったから声がかかったという側面もある気がする。コーチって一度なるのはけっこう間口が広い。でも2度目、それもよそから声をかけられるのがとてもハードルが高い。結果、職業的なコーチの第一歩を踏み出したということ。ところで触れたいのは平石じゃない。楽天のほう。平石が固辞した二軍統括ポストはどうなったのかな?まさか後任を選ばないままポストごと解消してしまうのだろうか。だとすれば二軍統括などというポストに実態としてなんの意味も無かったことを証明してしまうことになる。とても意地の悪い視点だが、楽天が二軍統括というポストをどうするのかについて興味を持って見守りたい。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2019年10月26日 (土) 02時24分02秒
いろいろとDHに対する消極的な理由を上げられたものの、じゃあセリーグのチームがドンさんの言われるような問題点を解消する気があるかと言われれば疑問ですし、あったとしても論点が細かすぎてリーグ全体で問題を解消するための時間がかかり過ぎます。例えばドラフトなんてマニアや専門家の間でさえ見解が大きく分かれるのです、それを一つの統一見解として正解を導き出すのは無理があります。
要するに机上の議論であって一般的には非常に分かりにくいのです。だったらDH制を導入して『打倒パリーグ』を旗印にファンにアピールする方がよほど明快で分かりやすいと思います。変わることでセリーグ野球に新たなアレンジの下で何らかの化学変化のようなものをもたらす可能性だってあるのですから。

 DH制導入について 投稿者:ドン 投稿日:2019年10月25日 (金) 23時21分40秒
私自身セリーグのDH制導入の賛否を言わせてもらえれば消極的反対という感じですかね。DH制なしだと投手が打席に立つため、戦術的な幅がある意味制限されるのでそれはそれで野球として面白みがあると思います。同じにしてしまうとセパの違いがなくなってしまうというのもありますし、絶対に反対とまではいいませんが基本的にDH制は現状維持でいいと思っています。そういう意味でララ物資さんに考えに近いかもしれません。

>ドンさんやユウさんがコメントされているDH以外のセ・リーグと
パリーグの差の理由というのは、具体的にはどのような事ですかね?

いくつか具体的に説明します。
1つ目にセリーグの野球が小さくまとまりすぎてますよね。パリーグの場合野手も投手も力勝負で相手を抑えようとする傾向が強いですが、セリーグの場合打者は粘って四球とか右打ち、投手は変化球でかわす傾向が強いです。よく言えばパリーグより細かい野球をやっていますが、悪く言えばここぞという場面で力で抑えるのではなくかわそうという傾向が強い。これがDH制のせいなのかというと私は違うと思っていて、管理野球が行き過ぎてしまった結果だと思います。なのでパリーグの投手にインコース攻めとか力勝負に来られると手も足も出ず、今年の日本シリーズのような結果になってしまいます。
2つ目にセリーグの球団はパリーグに比べて育成力が単純に低い、というか育成しようという姿勢を感じないです。二軍の成績の話を先ほど書き込みましたが、パリーグの場合ソフトバンクのようなお金のあるチームからお金のない日ハムのようなチームまで、パリーグ6球団すべてにおいて育成中心の編成体制が出来上がっています。セリーグの場合育成中心のチーム編成をしているのは広島ぐらいで、残りはFaで選手をかき集めてみたり外国人頼みだったりベテランばかり集めてみたりはっきりいって編成ぐちゃぐちゃですよね。編成を見ていて将来こういう形のチームを作るという思想を感じないです。
3つ目はドラフトの差ですかね。ここ最近のドラフトみているといわゆる目玉選手が軒並みパリーグの球団に入っています。セリーグは全体的に無難なドラフト指名をする傾向が強く、ドラフトでもパリーグより全体的に一歩劣っていて、それが長い年月で見るとリーグの実力差につながっていると思います。

 平石SB入り 投稿者:ドン 投稿日:2019年10月25日 (金) 22時44分02秒
【ソフトバンク】平石洋介氏を1軍打撃コーチに招へい…楽天監督を退任したばかり
https://hochi.news/articles/20191024-OHT1T50302.html

事前に話が決まっていたわけではないのでしょうが、SBが平石を引きとる形になりそうですね。じつはソフトバンクは昨年オフにコーチ陣を井口率いるロッテにごっそり引き抜かれた結果、徹底的にロッテにソフトバンク対策を取られた挙句ロッテ戦に負け越しリーグ優勝を逃す大きな原因になったという経緯があります。おそらく楽天の選手のことをよく知っている平石をコーチとして迎えることで、楽天の選手を丸裸にしようということでしょう。
平石にとってはソフトバンクにどんな思惑があったにしろ、コーチの職を与えてもらえる球団があるというのは僥倖としかいいようがないですね。まさに捨てる神あれば拾う神ありというかんじでしょうか。
楽天は平石の流出で逆にソフトバンクにカモにされることがないといいんですけどね。

 バレンティン 投稿者:ドン 投稿日:2019年10月25日 (金) 22時39分34秒
いろいろな球団の名前が出ていますが、やはり資金力とか複数年を考えると巨人かソフトバンクかというところではないでしょうかね。ヤクルトはコメントとか見てもすでにバレンティンの流出は覚悟しているように見えます。年俸4億越えですでにベテランの域に入っているバレンティンをこれ以上雇い続けるのはヤクルトには苦しいのでしょう。

 レス 投稿者:ドン 投稿日:2019年10月25日 (金) 22時37分41秒
>育成・・・三軍の廃止の記事は私が見た範囲では見かけませんでした。因みに私の言いたい「育成」は若手、二軍を含めた育成です

>https://www.zakzak.co.jp/spo/news/191024/bas1910240008-n2.html
>3軍は廃止の方向だ。

一応ソースを示しておきます。3軍制は原の意向で廃止のようですね。

それから私は基本的に一軍において若手の育成と補強は両立しえないと思っています。なぜなら何億円もかけて新戦力を連れてくればどう考えても首脳陣はそちらの選手を優先して使いますよね?若手を我慢して起用しようと思わないのではないでしょうか?特に野手の場合その傾向が顕著です。
また二軍についても同様です。二軍には2つの役割があり、一つは若手選手の育成の役割、もう一つは調子の落ちた一軍選手の調整の場としての役割です。今年のイースタンは巨人・Dena・ヤクルトとセリーグが上位を独占していますが、これははっきりいってセリーグの二軍が育成の場としての役割より一軍選手の調整の役割を重視した起用だったことを意味します。若手を起用して育成しようとすれば当然二軍成績は悪くなりますが、セリーグが軒並み二軍の成績が良かったのは一軍から落ちてきたベテランを置く起用したからでしょう。
以上から、私は巨人は育成する気があるとは感じないですね。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月25日 (金) 17時02分12秒
【ヤクルト】バレンティン、国内FA宣言へ
https://hochi.news/articles/20191025-OHT1T50008.html

 外国人はとにかく金額以上に契約年数にこだわる。それは実利もさることながら相手が自分を信用しているか否かを量るバロメーターとして考えているから。そして当たり前のことだけど球団は往々にして外国人選手を信用してはいない。律儀な外国人はもちろん少なくない。しかし割合からすれば日本人とは比較にならないほど分が悪い。複数年契約をする。と、とたんにプレーを流しだす外国人がいる。そして最終年にやる気を出して帳尻合わせ。でもじつはそうはうまくいかない。一度流すことを覚えた選手は帳尻合わせできないレベルに劣化してしまう。つまり複数年契約は外国人選手をスポイルする機能を果たしてしまう。以上は一般論。バレンティンがどうなるかはわからない。初期のイメージほどいい加減なやつではないという印象もあるし、2年くらいなら受けて残留させられるならいいんじゃないかとも思える。日本人扱いとなればどう転んでもバレンティンには買い手がつく。率直に云ってバレンティン抜きで新監督初年度はきついだろう。

 DH 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2019年10月25日 (金) 12時56分27秒
の導入は私も賛成。
ドンさんやユウさんがコメントされているDH以外のセ・リーグと
パリーグの差の理由というのは、具体的にはどのような事ですかね?
教えていただくと幸いです。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2019年10月25日 (金) 11時04分44秒
日本シリーズへの影響を抜きにして、セリーグ全体の野手育成のためにDHはあった方が良いと思います。DHが無いから打撃優先のドラフト指名がやりづらく、起用もしづらいことが、セリーグで強打者が育ちにくい原因でしょう。それに最近の投手の打撃は弱すぎて試合の興を削いでいると感じます。ツーアウトランナー無しでの投手の打席なんてプロとして金を取る価値がないでしょう。

 (無題) 投稿者:ユウ 投稿日:2019年10月25日 (金) 09時39分34秒
自分はセリーグDHに反対ですね。少し前はパリーグはDHになると出られない選手がいてそれが原因で日本シリーズに勝てないって言われていましたから。97年〜98年のマルティネスがその例でした。結局のところ自分たちが負けたのは制度のせいにしているのが許せない。他の方も仰るようにセパの差ってDHではなくもっと違うところにありますからね。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月25日 (金) 01時30分50秒
 FA制度は他球団の選手を引き抜く制度ではなく、FA宣言することでフリーになった選手と契約ができる制度です。主導するのはあくまで移籍の自由を得たフリーエージェントであって、各球団はおのおのフリーエージェントにとっての選択肢となり得るというのが制度の思想的骨子であると理解しています。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2019年10月25日 (金) 01時24分36秒
 そもそも日本プロ野球における主流を自負していたセントラル(つまり巨人)がヤンキースの所属するアメリカンリーグに追随してDH制を導入しようとしていたところ、パシフィックに先を越されたため逆切れして野球の王道は9人制であると言い張りパシフィックを鬼子扱いしたという経緯があります。パシフィックはそのせいでかなり長いあいだ偏見を受けることになりました。現代野球における投手のバッティングはほとんど機能していないので、その無為の部分を生かして野手一人多く経験を積ませることができるのはたぶんアドバンテージなんでしょうね。野球の単純化という議論も眉唾で、投手の打順を巡りを起点とした代打策や継投策にデメリットを上回るメリットがあるとも思えないし、プロが興行で見せるべき野球としてはやはりDH制ありのほうが正しいありかたのような気もします。ちなみに私はDH制は決して嫌いではないのですが、理屈抜きにセとパでルールが大きく違うのもいいじゃないかと思っているので、積極的反対でこそないもののどちらかと問われればセントラルはいまのままでいいと思っているクチです。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2019年10月25日 (金) 00時38分25秒
条件を同じくしてやってみたいいいんです。
今の流れは打撃優先なのだから、打者優位のDH制は時代の要請です。
7年連続でしたか、これほど毎年のようにセリーグ代表がシリーズで負け続ければこういった改革案が出てくるのも当然でしょう。交流戦もそうですがパリーグ優位は今に始まった話ではないわけで、むしろ遅すぎたくらいで巨人を中心に出てきたことに意味合いがあると思います。

 雑感 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2019年10月24日 (木) 23時26分40秒
補強・・・まあ当然必要ですよね。何気にこの前名前をあげた中日のロドリゲス投手も入っていますね。
育成・・・三軍の廃止の記事は私が見た範囲では見かけませんでした。因みに私の言いたい「育成」は若手、二軍を含めた育成です。

 DH制導入議論 投稿者:ドン 投稿日:2019年10月24日 (木) 22時32分03秒
原監督持論「セもDH制使うべき」競技人口拡大にも
ttps://www.nikkansports.com/baseball/news/201910240000977.html

ここにきてまたセリーグのDH制導入議論が盛り上がっているようです。ただそもそもセパの実力差ってDH制の有無によるものなんですかね?確かにパリーグの球団はDHがあるがゆえに野手については編成上セリーグよりも1枚多くレギュラーレベルの打てる打者を抱えているのは事実です。逆に言えばそれだけの差であって、DH制があるがゆえにパリーグの方が選手が伸びるという意見にはちょっと同意しかねますね。DH制以外のところにむしろセリーグは問題があるように感じます。

[1] [2] [3] [4] [5]



| 特設掲示板 |

Contents Copyright © 2002-2003. by Message from the white ball All Rights Reserved.
編集・発行 / ララ物資
ベーススクリプト KENT WEB