_

ホームページ > 特設掲示板  

■  特設掲示板  


□ 掲示板

 テーマは 「 プロ野球とその周辺のすべての話題 」 となっています。

 

 ── 利用規約
・ 常識に従って自由にお楽しみ下さい。
・ 常識の範囲は管理人の恣意的な判断によって決定させていただきます。
・ 管理人は管理権限において注意・警告を行うことがあります。
・ 管理人は注意・警告を経ずに投稿削除・投稿制限などを行うことがあります。
・ なおすべての規約内容は管理人の一存で改廃することがあります。



お名前(ハンドル)

メールアドレス

タイトル

コメント

URL

※重要!
:チェックを入れてから投稿してください。

 



・ 最近200件の投稿から40件ずつ表示されます。それを超えると古い投稿から過去ログに収録されます。
・ 投稿されてから2時間以内の書き込みには の画像が表示されます。
・ 引用符として > を文頭に付けると、つづく文中の文字が このように 太字で表示されます。
 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2017年12月03日 (日) 23時56分11秒
2008年に現行の制度になってから、FAの補償で移籍した選手は13人いますが、そのうち高卒数年の若手選手は高濱、一岡、奥村、平良の4人です。確かに現行の制度に変わって若手を取る傾向は強まっていますが、未だかつて若手野手で補償対象になったのが高濱と奥村の2人しかおらず、未だ確たる成功者はいないのも事実です。やはり、球団としては若手野手を取りに行くのは怖いでしょう。まして阪神は補償で中堅選手を好む傾向が強い球団なので、金本あたりの強い意志が働かない限り、無難な選択に流れそうです。

と言うか、FAの補償で移籍した高卒若手選手4人のうち3人は巨人在籍だったわけで、巨人がらみのFAでないと、そう言う若手が補償で移籍することは起きないのではないかと言う気もしますね。良くも悪くも、今、勝つためにベテランや中堅をプロテクトして若手を守らない巨人の姿勢ははっきりしてます。

 補償選手 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年12月03日 (日) 22時15分11秒
最近は昔と違ってその傾向も明らかに変わってきてますけどよ。昔はすぐ使えそうな中堅選手が選ばれたものですが最近ではそういう例はむしろ稀なことで、入団5年以内の一軍実績のほとんどない若い選手が大半です。例を出すと一岡、奥村、平良はすべてが移籍先で開花し始めています。

そこへきてドラフト巧者の高田GM率いるDeNaが相手となればまさに宝の山です。前述の関根、松尾に加えルーキーの佐野、投手ならいの一番に京山を推薦しますし、2年目の綾部もいいですね。
私に言わせれば最近の傾向はむしろ読み易いですよ。FAの補償ゼロのCランクの導入によりかつての主戦場だった中堅選手が嫌われだした影響なのだと思いますが、予想側もほとん的を外さず的中しています。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2017年12月03日 (日) 14時58分04秒
FAの補償選手ということになると、詳しいファンほど、若手が欲しいという話になるものですが、実際には中堅の、それも投手が多く、若手野手を獲った例はかなり少ないです。プロテクト外の若手野手となると、2軍でもぱっとしないレベルが多く、獲得しても戦力になる保証が全くないからでしょう。FAで1軍戦力を失った側が、その補償で博打を打つわけにはいかないという心理になるのは当然です。

で、大和の補償ということですが、大和がレギュラーを求めて移籍するということは、理屈上、阪神は大和を追い出すぐらいそのポジションが充実しているということになります。大和が不動のレギュラーであるなら、彼の移籍後は同ポジションを補強すべきですが、そうでないのですから、そんな大和を好条件で欲しがるほどそのポジションが弱い移籍先球団の余った選手を欲しがるのは理屈に合いません。

ということで、阪神が野手ではなく若い投手を欲しがっているというなら、それは理屈に合った行為です。阪神から見て魅力的な野手はプロテクトされるでしょうから。ここで名前が出た選手だと、関根なんかは、まさに重点育成中といった感じの立場ですし、プロテクトされると思います。一方、松尾はプロテクトされないでしょうが、このぐらい全く未熟な若手を阪神があえて指名するかどうか。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年12月03日 (日) 11時50分02秒
人的補償は「若い投手がいれば」というのが記事になっていたけどそれが駆け引きだったらいいけど、おそらくそうじゃないんでしょうね。

 指名選手 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年12月02日 (土) 22時29分56秒
私なら関根一択ですね。中日の担当スカウトが本気で狙っていたのに、当時の上層部の方針で反故にされてしまったいわくつき選手です。金本がここを見ていたとしたらいの一番で取るべきだと進言します。外野ですが母子家庭でプロ入り前から親孝行したいというハングリーさも持ち合わせており間違いなく戦力になります。次点は私も松尾ですね。いずれにしても入団5年以内のそれも25才以下の選手のみに絞って選ぶべきでしょう。

 ベイの方針 投稿者:ヘンリー若林 投稿日:2017年12月02日 (土) 18時45分25秒
さて、大和がDeNAに行ってしまったということで、改めてDeNAの若手選手を見たところ、このチームの若手の使い方が明らかに日本ハム方式にシフトしてきていることがわかります。それは、ファームの選手起用が1.2年目の選手により多くのチャンスを与えているということで、若手の野手の成長を促すにはやはりこの方法が有効なのかもしれません。

昨年入団の野手では
3位高卒松尾遊撃手=353打席・打率.185
5位高卒細川外野手=435打席・打率.201
7位大卒狩野二塁兼遊撃手=160打席・打率.134
9位大卒佐野一塁兼外野手=273打席・打率.255

一昨年入団の野手では
3位大卒柴田内野手=1軍準レギュラー
4位大卒戸柱捕手=1軍レギュラー捕手
6位高卒青柳外野手=204打席・打率.187
育1位高卒網谷捕手兼内野手=351打席・打率.180
育2位高卒山本内野手=60打席・打率.054

実は二軍では3年目以降の選手で200打席以上のチャンスを与えられたのは関根、飛雄馬、山下の3人のみ。但し、実力が伴わない選手を重点起用しているわけですから、当然イースタンリーグで最下位となっています。
ところで、大和の保障選手の件。2年目までの野手で当然プロテクトされるのは戸柱、柴田、細川の3名でしょうが、もし松尾がプロテクトされていなければ、阪神は狙うべきです。彼が今年残した数字には、これから大きく伸びる要素があります。

 予想通り 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2017年12月02日 (土) 18時14分29秒
巨人マイコラスと中日ゲレーロが自由契約。
マイコラスは恐らくメジャーで、ゲレーロは巨人か?といった感じ。
巨人もここ何年か打撃力が低下しているので、ゲレーロ補強に動くのは悪くないかなと思います。しっかりした中軸がある中で、吉川、岡本を育て上げて欲しいところですね。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2017年12月02日 (土) 13時01分49秒
相撲評議会というと権威がありそうですが、メンバー7人のうち3人は親方です。残りは華道家や会計士など、名誉職として就任した人ばかり。となれば、理事長の意思を親方達が代弁するだけで、相撲協会に何かものを言えるような組織でないのは、今回の騒動でも明らかでしょう。あと、相撲協会は公益財団法人への移行によって、文科省管轄の特例財団法人からは外れてます。

日馬富士の引退が早いことが高潔さの表れというのは全く的外れだと思います。もし、高潔さを示したいのなら、日馬富士が暴行を認めた時点で有無を言わさずすぐに懲戒解雇するべきでした。例え軽傷であっても、酒席で後輩を暴行した事実だけで横綱失格と言えますから。それが、ここまで引っ張った上に、日馬富士に2億とも言われる退職金を払って引退させるということは、単に事態を収束させ、モンゴル力士の八百長問題など、より深刻な話が取り上げられることを避けたいだけです。

そもそも上からのコントロールが効いているなら、どうして近年の相撲界には暴行死、大麻、野球賭博、傷害と立て続けに不祥事が起こるのでしょうか。実際には、全く上からのコントロールが効いてないんですよ。理事長以下、幹部達自身がずっと弟子いじめ、八百長、賭博などの相撲界の悪癖にどっぷりはまってきたから、徹底的に禁止する意識が薄いし、禁止しようとしても下の者に対して説得力がなくなるんです。相撲協会の幹部に外部の人間を入れ、彼らに対して、各相撲部屋に対する指導や監察の権限を与えるぐらいしないと、相撲界の犯罪的な体質は変わらないでしょう。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年12月01日 (金) 22時49分19秒
力士がトップでも一向に構わないでしょう。それが伝統ならなおさらです。そもそも力士に関してお上は信用してませんよ。だからこそ相撲協会の上に相撲評議会があり、貴乃花をはじめとする理事の解任権など殺生与奪権を握っているのです。文部化科学省の管轄下にもありますし、いうなれば相撲協会の理事長などというものはお飾りの様なものです。

さらに相撲協会の純潔性を示す出来事としてあまりにも早すぎた日馬富士の引退があります。似たケースとしてプロ野球では山口のケースがありますが、こちらは処分の軽重を巡り外部からクレームがつくなどひと悶着ありましたが、それに比べると角界のケースは警察の処分がある前にあまりにも迅速というべきか潔すぎる決断でした。もちろん日馬富士の引退を支持する気など毛頭ありませんが、その対応を巡りエリート検事がトップを務めるプロ野球に比べても何ら劣っているとは思いません。これは上からのコントロールが効いている証拠でしょう。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2017年12月01日 (金) 20時06分56秒
プロ野球の世界では、現場とフロントの乖離、選手と球団の対立が問題になることがあります。人生ほとんど野球しかやっていない選手と、野球をやったことさえないかもしれない高学歴サラリーマンとで、相容れない場合があるのはやむをえないことです。しかし、最近の相撲界の混乱を見ていると、競技者と運営者が完全に別の存在であることは大きなメリットなのだと感じます。相撲界をプロ野球で例えれば、引退した名選手がそのままコーチや監督になるどころかフロント入りし、社長以下、社会人経験皆無の元選手ばかりという状態です。これでは、感覚が世間からずれたり、組織が円滑に運営されなかったり、危機に迅速に対応できなかったりするのは当然でしょう。まして、プロ野球選手には大卒や社会人経験者が多く、選手引退後は解説者として球団外で活動することも多いですが、力士は幹部連中や上位力士ほど中卒ばかりで、引退後も親方として相撲界から出ず活動するのが普通です。現在の理事長にしても、中卒で力士になり、引退後はすぐに親方になってますから、かれこれ40年も相撲界しか知らずに生きている人です。こんな人に、組織の長としてのマネジメント能力とか、世間の常識に合わせる意識とか、相撲界の常識を変える努力とか、そう言うものを期待しても無駄でしょう。本当に相撲界が変わろうとするなら、トップが元力士ではダメなんでしょう。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年12月01日 (金) 15時16分31秒
 一連の大相撲関連のあれこれを見ていて思うのは、この話題が論者の思考における論理性を量るのにきわめてすぐれた試金石になっているという点です。イデオロギッシュな争点がいくつか存在するのでそれはまあ否応無いにせよ、もうちょっとまともな人の話が聞きたいなぁと関連ニュースを見聞きするたびに思います。野球界にとって他山の石とすべく。

 FA 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年11月30日 (木) 21時14分51秒
野上は巨人。大和は横浜。鶴岡は日ハム。そうすると鶴岡の動向を受けて大野の中日入りに一歩前進したような気もします。
例のアルバレスもやはりというべきか予想通り飛ばしっぽい雰囲気ですし、ゲレーロは相変わらず音信不通ということで、新戦力としては大野に期待するしかないような状況になっていただけに、大野だけは何としてでも確保して欲しいです。貧乏不人気球団は苦労だらけです。そう言いながらも最近の中日の契約更改を見ていると引退まじかなベテランにさえかなり甘い査定が続いています。落合式の新人さえも25%ダウン続出した例外なき激辛査定は劇的なコストカットに貢献しましたが、その反面球団への信頼を大きく損なう結果となりました。最近では落合式の激辛査定が懐かしく思う事もたびたびあるのですが、もとをただせばプロ野球というものは人こそ最大の財産だけに、こういったぬるま湯も必要なのかもしれないという気がし始めています。

 西武 野上投手 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2017年11月30日 (木) 20時32分49秒
FAで巨人移籍のようですが、マイコラスの残留が微妙なので、悪くないと思います。ただ今シーズンの補強の結果を見ると、やってみないと判らない?感じもありますが・・・。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年11月27日 (月) 09時30分12秒
 補足すると阪神に残れと云っているわけではありません。他の球団に移ったとしても「サブでもそれを極める」という気構えですね。

 大和 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年11月27日 (月) 09時22分31秒
 大和には便利屋としての誇りを持ってほしいですね。スーパーサブで1億円に達っする選手なんて他にいません。この選手は打撃で悩みだすと、もう打つ自信がないと簡単に云ってしまう位に気が弱いところがあるから何も考えない環境が向いていると思います。ニッチで生きるから細く長く生きれるということです。

 オリックス 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年11月27日 (月) 00時45分11秒
どうもこのチームはよく分かりません。もともと安達ら社会人野手を多く抱える上に今年のドラフトでも福田修平、山足た達也ら社会人組を二人指名。基本的に社会人選手は一軍戦力の補強を意図するもので、ファームに置いておいても長期的なチーム強化には繋がらないものですが、オリックスは社会人組をスタメンから一掃し始めチームとして結果が出てきただけに残念な感がします。そのようなチームがさらに大和を獲得しても共倒れに終わる可能性があります。選手を大切にしないというべきか選手をコマとして扱うかのごとき一連の姿勢は感心しませんね。

 大和 投稿者:ヘンリー若林 投稿日:2017年11月26日 (日) 17時41分27秒
 多くの場合、FA宣言した時点で、8割方は行先が決まっているものです。大和の場合、家庭の事情で横浜移籍が有力なようですが、本当に出場機会を求めるならオリックスの方がチャンスは多いでしょう。阪神残留の目はごくわずかと言って差し支えなさそうです。
 個人的に潰瘍性大腸炎の方を知っていることもあり、オリックスの安達選手には頑張ってほしいのですが、残念ながら食事制限も相当あって大変なので、フルシーズン活躍するのはほぼ不可能でしょう。それにしても、このチームは本当に二遊間がいません。ここなら大和は規定打席に到達の可能性大です。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年11月26日 (日) 16時58分31秒
 清宮の60本発言は物凄いな。まだプロの投球見たことないというのだから恐れ入る。新人王位に言ってくれたらまともに感じるけどここまで言うとね。超楽観的なところは斎藤と似ているな。

 
 大和は迷っているようだけど、結局どのチーム選んだとしても後悔するようになると思うのでいっそのこと(幾つかの)占いで決めてはどうでしょうか。

 

 アルバレス 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年11月25日 (土) 22時22分14秒
一部筋によるとゲレーロの退団が決定的な中日の新外国人に13年ナショナルリーグ本塁打王のアルバレスが有力だとか。正直言いますが私はMLBには疎くて全く聞いたことも無いのですが、ゲレーロショックを軽く吹き飛ばしてしまうほどの話題性になることは確かです。今は飛ばし記事でないことを祈るのみです・・・

 新人王 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2017年11月25日 (土) 16時58分48秒
みんなが納得する結果になったと思います。
京田選手は近い将来「第2の立浪」・・ミスタードラゴンズになれる選手でしょう。
巨人の吉川選手にも来年は頑張って欲しいところです。

 期待値 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年11月22日 (水) 00時27分23秒
地元記者による地元可愛さによる身びいきの類の話も広義の意味では期待値の表れともいえます。
中日の選手がこれまで19年間新人王を獲得できなかったのは身びいき票の少なさも影響したかも知れません。3年前の又吉も相当のインパクトがあったように思えましたが、蓋を開けてみると大瀬良相手に大差の敗北。又吉にもう少し身びいき票があれば接戦を演じていたことでしょう。

今年の京田は名古屋特有のハンデをものともしない強烈なインパクトを与えることが出来ました。丁度19年前に高橋由伸と激しい激戦を演じた川上憲伸にも引けを取らないインパクトだったと思います。日ごろ岩瀬や山本昌や谷繁らの個人記録にほとんど興味を感じてこなかった私でさえシーズン中にはその衝撃に心躍るものを感じました。だからこそライバルに対して予想外の大勝につながったのだと思います。何はともあれ素晴らしい快挙ともなりました。東京五輪では不動のレギュラ−となってもらいたいですね。

 (無題) 投稿者:チョロ 投稿日:2017年11月21日 (火) 13時13分14秒
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡りファン疑問
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000001-wordleaf-base

現場にほとんど来ることがないベテラン記者やアナウンサーなどに投票権があるのが問題でしょう。
期待値なんて関係ありません。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000001-wordleaf-base


 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年11月21日 (火) 12時11分54秒
 ヤクルト寺島100万減は即戦力評価だったから、とあるが高卒ルーキーを春のキャンプで故障させてよく言うよ。ヤクルトはトレーナーも1球団だけ3人も少ないみたいだがここの球団(特に投手は)は故障しない方が極稀というくらいに長続きしない。理由はあるはずでまずそこを改善しないと

 阪神岡崎は34歳で初めての初任給越え。日ハム戦のHR第1号に相手ベンチからの「まぐれ」という野次に鳥谷が猛然と怒った、ということだが毎日一番乗りで黙々とランニングなど行う姿は鳥谷には通じるものがある。

 阪神の秋季キャンプも終わり藤浪も肩に違和感が出たらしいが、このオフは自分にあった調整法や強化法を見つけるそうで阪神で成功しようと思ったらそれが一番良い。

 続京田 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年11月20日 (月) 23時10分38秒
今ニュースで知って驚いたのですが、濱口は3位だったんですね・・・確かに今年の大山はドラフト後の下馬評を覆す活躍ぶりは見事でしたが、まさか濱口を押しのけて2位になるとは思いもしませんでした。ただ打者としてのスケール感からもこの三人で最も期待したくなるのは大山です。大山の高評価は高い期待値の表れなのかもしれません。

 京田 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年11月20日 (月) 23時02分57秒
新人王やりましたね。

早いうちから当確だと早合点してましたが、シーズン終盤から京田は失速、逆に濱口の評価がうなぎのぼりだっただけに今は驚きの方が多いように思えます。
中日では実に川上以来19年ぶりの新人王です。京田も先輩川上を見習って(メジャー移籍だけは除く)末永く中日の看板選手として活躍して欲しいところです。
中日最後のCSとなった巨人戦の三連勝から三連敗したあの悪夢からいいことが無かっただけに、久々明るい話題となりました。

 陽川 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年11月14日 (火) 16時02分30秒
https://news.yahoo.co.jp/byline/okamotoikuko/20171114-00078113/

 陽川は楽しみだな。真っすぐ苦手な選手が速い球、打てるようになるのは見たことないが、掛布がずっと云っていた自分で考えるしかない、というのが浸透して欲しい。北条も金本に指導されて混乱しているみたいだが自分で見つけるしかない。他球団でもレギュラーの選手はどういう打撃をしているか。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2017年11月14日 (火) 10時10分27秒
生え抜きのベテランを大事にする中日であっても、安藤のように衰えた大ベテランが自ら引退を申し出れば引退です。安藤が岩瀬並に話題と客を呼ぶ存在ならまだしも。まして、新井のように外様で大した実績も無いベテランなら当然引退です。むしろ、3年も成績が低迷してやっと、というのは遅いぐらいでしょう。

大和に関して言えば、控え以上レギュラー未満の実力が問題なのだと思います。このぐらいの選手だと、どこへ行っても微妙な扱いをされるでしょう。一時的にレギュラー的な立場を得たとしても、長打を打てる若手なんかが出てきたら、便利屋扱いに逆戻りです。やはり、コーチ手形をもらって阪神に残留するのが無難でしょう。

 大和の行方 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年11月13日 (月) 22時29分49秒
阪神は競争が激しい球団です。今年引退した安藤や新井良太あたりは中日なら間違いなく来季も現役続行でしょう。
こういう激しい競争に身を置く立場としては移籍を考えるのも無理はありません。

ただし大和の獲得に乗り出しているオリックスやDeNAは以前から選手補強に熱心な球団ですが、身内の選手からも決して評判の良いチームではありません。元気なうちはそれなりに重宝されたとしても体が動けなくなってきたら使い捨てにされる恐れの高いチームです。大和にしてみたら『進むも地獄引くも地獄』の状況ですが、だったら恩を売る形で無難に阪神で現役を全うするのが一番の選択でしょう。
本当は選手層が薄くて面倒見のいいチームが獲得に乗り出すのが一番なのですが、そういうチームに限って金がないから動けないという皮肉な現実もあります。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年11月13日 (月) 11時10分23秒
 大和と阪神の間には淀んだ空気が流れているがそれは金本の大和の使い方はこれまで通りだということなんでしょう。金本の精一杯の配慮として大山をショートにつかせていないということでしょう。キャッチャー陣にショートでゴロの捕球をさせてその中に何故か大山だけが入っているのはその姿が見たいという願望そのものです。金本にとって大和の評価は難しいと思います。レギュラーの確約ができないのは打撃のこともあるがそれより大山(糸原)らをどうして使おうかということでしょうから。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年11月08日 (水) 11時49分11秒
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000011-nkgendai-base

こんな記事書く神経を疑う。合宿所って独身寮のことでしょ。清宮とかなじみの店で注文するのはいつもこれって、肉、卵、マヨネーズ山盛り入れた丼だったけど若い子たちが食事の管理なんてできるはずもない。大学の下宿でも朝晩栄養考えた食事も出してくれるところはいつも空きがない。むしろプロ野球選手は恵まれているということでしょう。

 日本シリーズ 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2017年11月05日 (日) 20時09分34秒
ホークスのように、補強・育成のバランスが良く、フロント・指導者もしっかりしたチームは日本一にふさわしいチームだと思います。
巨人も見習う点はしっかり取り入れて欲しいところです。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年11月05日 (日) 09時19分47秒
 このシリーズは紙一重で楽しませてもらいました。いくつか感じたことは改めて(特に左投手は)真っすぐとチェンジアップが大切でこれを磨くということでしょうか。チェンジアップはコーナーに決めるというより腕の振りを同じにすることですね。また投手のリズムを作る配球センスも重要です。球数が少なくなることは勝ち負けに直結する。戸柱は正捕手とは思えない位に投手別防御率が劣り勝敗にも関係しているように思う。こうしてセリーグがチーム単位から全体的に強くなっていくことは歓迎できる。

 慶祝 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年11月04日 (土) 22時58分17秒
 福岡ソフトバンクホークス、2017年度日本シリーズ優勝おめでとうございます。

 まだやるのですか? 投稿者:白色彗星 投稿日:2017年11月04日 (土) 14時48分35秒
 みんなして特設掲示板で好きなだけやっては如何でしょうか。
 管理人さんが何のために特設掲示板を作り、そのことによって何を守ろうとしたかを考えるべきでは?

 文句を言うだけでもあれなので。
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00010001-nishispo-base
 松坂がいよいよ退団だそうです。
 村田よりも先行きは苦しいでしょうね。

 しかし、たぶんこういう性格が「平成の怪物」を作っていったという側面もあるでしょう。
 納得できるまで燃え尽きて欲しいと思います。

 正直、大リーグを全くと言って良いほど見ていないので、通算164勝という数字には驚きました(もう200勝目前くらいだと思ってました)。
 あのWBCと引き換えにしたものは大きかった、ということになってしまうのでしょうか。

 シロクマさんへ 投稿者:ちゃんす鳥谷 投稿日:2017年11月04日 (土) 12時53分30秒
谷繁監督(汚れ役にさせない)
予算削減(適正年俸への移行)
次世代育成
ベテランとの格差の穴埋め

仮にシロクマさんがGMになったとして社長から上の4つを実現してチーム建て直しをしてほしいと頼まれました。
実際にどういった方法を取ればよいのか教えてください。

 シロクマさんへ苦情と要望 投稿者:ちゃんす鳥谷 投稿日:2017年11月04日 (土) 12時41分04秒
シロクマさんは他人の文章まったく読んでないですね酷い。

次世代育成とテコ入れを同時にやる前提でのドラフト戦略なのに高校生・野手と連呼するのは実に滑稽。
チーム立て直し策として王道ですが13年オフにそういう方針でチーム戦略立てているのでその戦略の非難なら話は通りますがそれを忠実に実行したGMへの非難とはリンクしないはずでしょうに・・・

それを前提としている人達と前提としていないシロクマさんで話が合うはずもないですよね?
シロクマさんは理想のドラフト案を並べるのではなく実際に中日が取った案でのドラフト戦略での協議をするべきではないでしょうか?
たとえば大学社会人でなく即戦力でも大学生や高卒社会人(3年目)をとるべきではないか?など

さんぷーさんやsunさんはそういった土台に乗って議論していない事を指摘していると思います。
もう一度文章を読んで時系列や内容を読んだほうがいいのではないかと考えます。

 シロクマさんへ 投稿者:egg 投稿日:2017年11月03日 (金) 12時47分42秒
名も知らぬ顔も知らない、ましてや信念も思想信条もわからないもの同士が集まる場です。
最低限の相互信頼と敬意は必要だと思います。
相手する価値なしと切り捨てられ只々残念です。
本件について以降もしお相手いただけるのであれば予備掲示板に参りますのでよろしくお願いいたします。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2017年11月03日 (金) 12時41分01秒
返信するなら、書いてあることは読んでからして欲しいものです。かつての杉浦が代表格ですが、社会人はドラフトレベルの実力であってもプロ入りしないことがままあります。また、摂津のように「売れ残り」がエースになることもあります。伸び代の大きい、高校から大学ぐらいの年齢ならばともかくも、それを超えた所での線引きに意味はありません。

また、落合GMと、より予算と時間を与えられた高田GMを比べるのも毎度毎度ナンセンス。そもそも、横浜は下克上で日本シリーズに出られているだけで、未だに強豪球団にはなっていません。中日も巨人も衰退した今のセリーグの状況を考えれば、3位になるぐらいはさして難事ではないですし、高田GMは特に有能でも無能でもないと評すべきでしょう。

ともあれ、誤字誤表記は誰にでもあるもので、それ自体は特に問題になりませんが、あまり連発するのは問題ですし、他人に苦言を呈されれば侘びの一言ぐらいあってしかるべきでしょう。誰がGMの時に指名しようと高校生は高校生ですし、誰が指摘しようとミスはミスなのです。プロ野球ファンとして野球を熱く語る前に、1人の人間として冷静さを取り戻し、マナーを守って書き込むことをお勧めします。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年11月03日 (金) 11時59分37秒
話が長引いてくると揚げ足取りは湧いてくるのが常識。たいした信念もなく話の内容に参加できない揚げ足し取りレベルの人は基本相手する価値なしです。そもそも新参者のどこに信頼の担保価値を見出せばいいのでしょうか?名も知らぬ顔も知らない思想信条も定かでない初対面の人間に信頼を寄せることのできる人間などまずこの世になどいません。下手に信頼でもしようものなら、今関東方面で話題の猟奇的犯罪の被害者にでも転落するのが落ちでしょう・・・

さてドラフトですが、白色彗星さんのおっしゃるようにドラフトの価値は5年10年後に分かるといったご意見もっともだと思います。誰もが言うことではありますがその点に異存はありません。しかしやみくもにその説を採用すると取り返しのつかないことになりかねません。13年に就任した落合がもし今も中日に残っているとしたらどうなっていたでしょうか?すでに17年現在中日のドロ沼化は誰もが知るところですが、最近快進撃が話題のベイスターズと中日の順位が2年前まではずっと中日が上だったことを一体どれほどの方が覚えていられるでしょうか?
わずか2年で大逆転です。しかしその2年前から中日とベイスターズのチームの勢いの差は明らかでした。
この差をひとえに言えば落合と高田のGMの差にあります。

今さら当たり前のこと何言ってるんだ?そう思われる方も多いでしょうが、この部分こそが一番の肝で
         『フロントがダメならいくらドラフトをやっても効果は出ない』
つまり間違った方針のもとドラフトを行って5年10年後に期待してもそれは無駄でしかない。

高田のような優秀なフロントマンは球界でも少数派に数えられるでしょうが、これまで特に落合就任前の中日は戦略の拙さをスカウト個々の力量で補ってきました。今年などはその典型ですが、その年に評価の高い選手を順番に指名してゆく。このやり方でコンスタントに好選手を下位上位くまなく指名するこの方法で長期間低迷のないチーム作りに成功したのです。しかしこれまでのような中日伝統のスカウティングでもある、『ただ良い選手を指名する』だけでは立ち行かないのが今の中日です。長期低迷の経験がないからノウハウが欠けているのだと思いますが、いまこそ長期を見渡すことのできる編制マンの存在が不可欠です。
もっとも大事なのことは落合と高田の違いに見られる編制マンの良しあし、球団の進む方向性の的確な判断こそが選手の力量や将来性を見極めること以上に求められる重要な要素であるのです。都合上この部分にはあまり触れませんでしたが一番力説したい部分でもあります。今年で言えばロッテは低迷が長引きそうな匂いがします1位を除いて低迷チームが陥る罠にはまってしまった悪例でしょう。ロッテのフロント難も深刻です。

 信頼性及び信ぴょう性の担保価値 投稿者:egg 投稿日:2017年11月03日 (金) 10時05分11秒
以前より拝見させていただいておりますが初投稿です。よろしくお願いいたします。

2017年11月02日 (木) 07時26分17秒の投稿で、表題にある興味深いセンテンスが語られていました。
気になって調べてみたところ、次のような解説が見つかりました。

---------------------------------------
信憑性と信頼性の違いは真偽が問われる場においてその物事が信頼に値するか、どんな場においても疑う気持ちがなく信用出来るかである。
信憑性とは信頼よりもまず真実か嘘かという点を問題としている。憑とは頼みにするという意味であり信じて頼るほどの信頼を表す。ゆえに信憑性が高いという事は真実である可能性が高く、全面的に頼って信じても良い事を表している。
信頼性とは信じて頼る事が出来る度合いを指している。真実か嘘かなどという判断は全く挟まず、頼るに値するかどうかが焦点となっている。信頼性は一定の信頼に値する事柄を蓄積した結果に基づく。ゆえに信頼性は積み重ねられた重みのある物である。しかしひとたび信頼性が失墜するような行動をした場合なかなか取り戻す事が出来ない。
---------------------------------------

議論がなされる環境において信頼性を左右する要素に、表現方法や標記の正確さもあるかと思います。
シロクマさんにつきましては、いささか激情的かつ断定的な表現が散見されること、そしてお気づきかどうかわかりませんが、かなりの誤記誤用も見受けられます。
直近の投稿からざっと拾い上げてみます。

(2017年11月03日 (金) 08時20分41秒)
比を見るより明らか → 火を見るより明らか
捕捉になりますが → 補足になりますが

(2017年11月01日 (水) 02時35分08秒)
事実環形に嘘があっては → 事実関係に嘘があっては
橋順平 → 高橋周平

(2017年11月01日 (水) 01時48分04秒)
落井は → 落合は

(2017年10月31日 (火) 00時15分59秒)
とうり → とおり

もちろん前後の文意から汲み取れる範疇のものが多くはありますが、可読性という観点からするとやや引っかかる文面であり、全体の文勢と相まってそのまま信頼して飲み込むことを躊躇してしまいがちです。
投稿前にひと呼吸おかれ、表現・表記についてブラッシュアップ作業をされることを具申申し上げます。

これまでずっと続いている紛争(あえて議論とは申しません)の根源はまさに「信頼性及び信ぴょう性の担保価値」の問題ではないかと考えます。

[1] [2] [3] [4] [5]



| 特設掲示板 |

Contents Copyright © 2002-2003. by Message from the white ball All Rights Reserved.
編集・発行 / ララ物資
ベーススクリプト KENT WEB