_

ホームページ > 特設掲示板  

■  特設掲示板  


□ 掲示板

 テーマは 「 プロ野球とその周辺のすべての話題 」 となっています。

 

 ── 利用規約
・ 常識に従って自由にお楽しみ下さい。
・ 常識の範囲は管理人の恣意的な判断によって決定させていただきます。
・ 管理人は管理権限において注意・警告を行うことがあります。
・ 管理人は注意・警告を経ずに投稿削除・投稿制限などを行うことがあります。
・ なおすべての規約内容は管理人の一存で改廃することがあります。



お名前(ハンドル)

メールアドレス

タイトル

コメント

URL

※重要!
:チェックを入れてから投稿してください。

 



・ 最近200件の投稿から40件ずつ表示されます。それを超えると古い投稿から過去ログに収録されます。
・ 投稿されてから2時間以内の書き込みには の画像が表示されます。
・ 引用符として > を文頭に付けると、つづく文中の文字が このように 太字で表示されます。
 広島 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年10月03日 (火) 23時14分33秒
『清宮はうちのスタイルには合わない』走力重視のチーム方針に合わないのが理由ですが、天下の清宮に対してそんなかっこいい事言ってみたいですよw私も清宮に関しては疑問もありますが、人気があって長打力がある清宮に対してそういう次元の高いこと言えるほど我が中日は余裕がありませんw
清宮以上に長打力があるといわれているのが慶応の岩見。こちらもかなりの大男で短期間で先輩の高橋由伸以上のハイペースで本塁打を量産して話題になっています。この岩見も速い球にはついて行けないといわれていますが、私が今年の大学生の中で一番気になる選手でもあります。

個人的には私も身体能力の高い選手に興味を惹かれます、U18の桜井や花咲徳栄の西川あたりはそういう選手達だと思っています。しかし広島の主力選手や分離ドラフトの外れ1位であった巨人の坂本がそうであったように、この手のタイプはドラフト1位で指名されることはまずありません。説明が難しいのですがドラフト1位の“格付け”とは言えないような選手達なのです。今年1位に値する選手はといえば高校生なら安田と清宮しかいないというのが私の考えです。彼らはどんな年でも1位で消えうる選手達で正真正銘の1位選手だといえます。

しかしその1位選手たちが必ずものになるとは限らない。3球団競合した中日の周平がそうですね。高校時代本塁打を量産して周平と双璧といわれながらも進学したある選手は今年もプロ入りが叶いそうにありません。総括するとプロでものなるのは高校通算30本〜40本クラスの選手たちで彼らの多くが1位の枠からはみ出した選手達です。
長年見てきましたがドラフトというものは表面的なところが評価の対象になるいわば建前の世界の話なのです。所詮ドラフトとはそういうものです。スカウトの眼力がものを言いますが、昨年の広島4位の坂倉がそうでしたが表には見えにくい裏に隠れている真の姿を読み取ることこそが一番のカギとなるのです。1位指名から下位指名までトータルで考える必要があるのです。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年10月03日 (火) 12時09分01秒
 ドラフト問題はけっきょく神学論争になるので個別の話について深入りするつもりは無いのですが、総論として云うならば私は本質的にあらゆる格差は容認するしかないと思っています。ましてやここ10年少しのプロセスのなかで球団間格差はかなり詰まってきています。ドラフトは近い将来、発展的解消に向かうべきだと思います。ただそれへのカギとなるクリティカルなアイディアがたったひとつ欠けているのも事実です。ただそろそろ本気で思考してみる必要があるかなとも思っています。すなわちチェンジするべきはドラフトではなく、その周辺環境にあるというのがヒントになるはずです。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2017年10月03日 (火) 09時53分47秒
メジャーのドラフトでは代理人が契約金を吊り上げるので、金満球団でないと大物を指名できないというのはよく知られた話です。ですが、全指名選手の契約金総額が決められていたり、指名拒否選手分の指名が出来たり、FA選手の補償にドラフト指名権を当てたりと、プロ野球に比べてはるかに柔軟な対応がされています。大物に巨額の契約金を提示すれば、その分、2位以下の選手への契約金を削る必要があり、2位以下の顔ぶれが弱体化するなど、相応のマイナスが生じます。金満球団とはいえ、そう好き放題は出来ません。ごく一部の大物選手が金満球団に入ることを除けば、ドラフトはきちんと機能していると思います。

私が思うに、プロスポーツにおけるドラフトというのは国際社会における国連のようなものです。どちらも長い争いの末に生み出された知恵の結晶です。問題点や矛盾点を含み、万能ではありませんが、無いよりマシなのは確かで、廃止が現実的でないことも共通しています。問題はどう改善し運用していくかです。そもそも、縮小する今の日本球界にあっては、大金を積み上げて選手を奪い合うようなことを望む球団はほぼ存在しません。ですから、ドラフトを廃止しようという動きは生まれようがないと思います。

 身体能力 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年10月03日 (火) 08時24分53秒
 少し補足すると、そういう筒香もよく見ると14○キロ以上の速球は打てないとか限界点があると思う。対して坂本とか身体能力が高い打者は150超えた速球でも読んで甘く入るとバッチリタイミング合わすことができる。こういうタイプは育成が物を云うと思う。広島が合わないと云っているのはそういうところだと思う。

 清宮 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年10月03日 (火) 07時44分21秒
>清宮自身は「(プロは)野球に一番集中できる環境。成長させていただける球団に行きたい」と語っている。

清宮(のタイプ)で思うのはプロのスピードや切れに対応できる能力を持っているかどうかで球団が成長させるとかピンときません。同じような体形の筒香も5年目に1軍で飛躍しているけどプロ1年目のファームですごく良い成績を出している。その筒香の飛躍のきっかけはいろんな人のアドバイスを聞くのをやめたことみたいだけど。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年10月02日 (月) 22時59分30秒
 私はドラフト制度そのものがそろそろ社会的に成立し得ない思っていて、あとはどこまでそのことをだましだまししながら永らえるかというタームに突入していると考えています。プロ野球はファンの感情論が力を持つ構造体なので感度が鈍く、つまりカナリヤが死んでいることになかなか気づきにくいのです。アメリカのドラフト制度はすでに制度の精神から遊離し、代理人交渉によってほとんど自由競争に近い状況になっています。日本のばあいアマチュアリズムや学生の本分といった建前が社会的圧力として強く働くので、そうした状況に至るにはまだしばらく時間がかかるとは思いますが、球界のスタンダードから外れたところに氏素性のあるステージパパの活躍は、そろそろそうした代理人の介入を予感させるものになっていると思います。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年10月02日 (月) 22時32分31秒
大野>

仮に獲得になれば当然スタメンになるでしょうね。ただし前述のとうり団子状態だけに新たに6人目の一軍団子捕手の誕生ともなれば誰かがトレードに出されるような気もします。まぁ杉山は外野転向でもいいかもしれませんね。

FA>
個人的にはCランクの中から体質改善の意味も込めて打力に期待できる選手を取るのもいいかなと思っていました、最近の一軍起用を見ていると井領や友永あたりに残留の芽が出てきたのでFA選手を無理にとる必要も無くなってきたのかもしれません。選手の入れ替えはデリケートな問題だけに私自身も揺れています。結構悩ましい問題でもあるのです。

ただしドラフトの方ではブレません。井領や友永らを残留させるなら来季は当然一軍がメインとなるでしょう。そうしておいてファームの急速な若返りを図り一気に育成モードへと切り替える必要があります。今年もファームは優勝を争いながら新たな戦力の台頭は無しだったので、今年のドラフとでは高校生野手を中心に補強をする必要があります。14年にオール大社だったことがありましたが、その裏がえしにオール高校生でもいいくらいです。来期勝てないことは誰の目にも明らかなので、森繁最終年は繋ぎの監督らしく育成が使命だと割り切る覚悟でいいと思います。

 印象 投稿者:sun 投稿日:2017年10月02日 (月) 22時22分30秒
野球をあまり詳しくない人やライト層ぐらいならいいかもしれませんが、ある程度野球を知っている人からするとあまりいい物ではないし、実際野球ファンの間で生意気だと思われたり、こんな事をするのなら清宮なんて指名しなくてもいいという人もいるかもしれませんし、私の周りではそういう人が実際にいますね。
巨人でいうと沢村みたいな感じで入団してしまった場合はこういったイメージが巨人ファン以外にあまりいい印象を与えないし今回の故障でもそういった事を持ち出して天罰とまでいう人もいたりしますしね。

私は逆指名というか現状の野球人気でランダムでドラマ性があるドラフトが選手の人気に箔をつけている面もあるので、できるなら今回みたいな事をせすに素直に天命に従って欲しいと思うのは考え方が古いのでしょうか?
なんとなく日ハムが当てそうな感じがしています

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年10月02日 (月) 18時01分49秒
 面談と云っても要は暗に感触の悪さを相手に伝えるためのセレモニーなわけで、こういう馬鹿馬鹿しいことをさせるくらいなら高野連も素直に逆指名を認めてしまえばいいんです。行きたい球団を明言することと、行きたくない球団を暗示することのあいだにいったいどれほどの差があるのか。ただ面談拒否をすればそれはそれでマナー違反だの生意気だのと云われてしまいます。くだらないことだと思いつつ、システムがなにごとかを規制すれば抜け道を探られるのも必然です。こういう間抜けな光景も風物詩ってことなのかもしれません。

 (無題) 投稿者:一宮のGファン 投稿日:2017年10月02日 (月) 16時51分16秒
各球団の清宮君との面談が始まったとのことですが、ドラフトでくじ当たらなきゃそもそも交渉すらできないのに、
なんとも滑稽な気が...
今に始まったことではないのですがね

 日ハム・大野 投稿者:ヘンリー若林 投稿日:2017年10月02日 (月) 14時25分01秒
 強肩捕手として評価の高かった大野が、今季は盗塁阻止率.103になっています。巨人軍・小林のように敵の盗塁企図数が圧倒的に少なければ問題ありませんが、そうでない場合、衰えなのか、故障なのか、はたまた投手陣に責任があるのか、そのあたりを充分見極める必要があります。

 初耳 投稿者:チョロ 投稿日:2017年10月02日 (月) 10時53分26秒
松井佑介ってキャッチャーだったんですか。
石岡の件もありましたが、批判するなら最低限のことは調べたらどうなんですかね?
いっちょかみで的外れな投稿はいい加減、見飽きました。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2017年10月02日 (月) 09時56分02秒
シロクマ氏は谷元も含め、中堅選手の外部補強をチーム変革のために推奨していたと記憶していますが?

それはともかく、大野獲得と中村指名は両立します。中村はなんと言っても未完成な高卒選手。いかに素質があるとしても、1軍で正捕手なんてレベルに達するには結構な時間がかかります。中村が成長するまでの繋ぎとしての大野獲得であれば、むしろ賢明な補強でしょう。もし、かつての谷繁レベルの正捕手を補強したら、若手は成長してもまず出番が回ってきませんが、大野であれば若手のために退かせることも容易なはず。もっとも、この話は大野がとにかく正捕手になれるという前提であり、大野が既存の捕手達と大差ないようなら獲得しなくて良いと思います。

 落ち目 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年10月01日 (日) 21時48分36秒
中日も人のこと言えませんよ。谷元は有難かったのですがコストの割に想像以上に働きぶりが期待外れに終わりました、最近では日ハムの大野を狙うという話もあります。今の中日に来てくれるとしたら奇特というか貴重な選手であることは間違いなのですが、中日は団子三兄弟にプラス松井佑介がいて正捕手武山もいる2流選手ぞろいの“捕手多国”。そこへ打力の弱い大野が入って起用法が混迷するだけです。さらに今年のドラフトで広陵の中村指名が有力な選択肢だというのに今更大野を狙うなんてちぐはぐというべきか意味がわかりません。昨年の山口もそうですドラフトもそうですがどうも長期的な視野が感じられない。目先の事しか考えていません。金のない弱小チームが泥沼にはまる典型的なパターンでしょう。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2017年10月01日 (日) 21時01分03秒
確か、片岡の獲得が決まった時に、明らかに落ち目の選手をなぜ獲得するのか?と疑問を呈した覚えがあります。この手のスピードタイプは若いうちから活躍しやすいものの、怪我がちになり武器のスピードを失うと一気に衰える傾向があるからです。結果的にその通りとなり、巨人ファンでない私としても、今更ながら、何で獲ったかなぁと思わざるを得ません。確かに2年は働きましたが、数字的には脇谷や寺内らでも大差なかったでしょう。ムダ金を使って生え抜きを冷遇しただけの補強でした。

巨人はなまじ金があり、毎年勝たないといけない球団であるために、実績があって獲れる選手は落ち目であろうと割高になろうと獲る傾向があります。獲っておけば役にたつこともあるだろうという発想なのかもしれませんが、自前の中堅若手には良い迷惑ですし、球団イメージにも良くありません。

私が思うに、他球団からの補強は、確実にある程度の期間は主力の働きを計算できる大物(巨人なら小笠原、中日なら和田、谷繁)か、安く獲れて扱いも簡単な控えクラスか、どちらかにした方が良い気がします。その間ぐらいの選手、例えば、山口とか片岡辺りは、億単位の複数年契約で獲るのはリスキーすぎます。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年10月01日 (日) 13時35分34秒
巨人片岡が引退表明「まだ悔しさの方が大きい」
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710010000381.html

 もともとかなりガタがきた状態で移籍してきているので、私自身の感じ方で云えば2年働けたのでそこそこ悪くない補強だったと思います。こう云っちゃなんですが、西武に残っていたところで早々にポジションは奪われていたでしょう。本人の納得感という意味では微妙なかたちでの引退になりましたが、今後のことを考えれば辞め方を後輩を見せるのも役割です。

 派閥 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年10月01日 (日) 11時09分59秒
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000016-nkgendai-base

 これは結構正しい指摘で、これから掛布はどういう顔して金本と顔を合わすのか?安定収入の必要性?金本の批判をオーナーに解説していきたいのか?など思ったが、他球団の指導法やドラフト方針を勉強したいということでスカウト登録にしてもらったことである意味、金本(のやり方)と対立軸を作りたいと考えているのだと思います。こうして派閥はできていくのですね。

 俊介 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年09月30日 (土) 20時49分07秒
 俊介が良くなったけど、これは明らかに掛布の功績だからね。構え遅れする癖があったのとダウンスイングをレベルスイングに戻したこと。掛布の教えはレベルスイングの徹底とか基本的だから、その場にいなくなってその必要性が分かってくるかも。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年09月29日 (金) 12時57分27秒
 阪神フロントにとって掛布は金本のバックアップ候補だったと私は思っていて、だとすれば金本政権がいちおう安定飛行に入った以上、二軍監督としての機能はともかくとして球団内政治の問題としてはもう用済みということだと思います。また二軍監督というポストは一人があまり長くやるのも考えもので、指導者との相性問題を無視して特定個人の能力に依存するのは危険です。だとすれば掛布が仮に有能でその能力をより長いあいだ活かしていきたいならば、むしろファームディレクターのようなポストのほうが適当のような気もします。その意味では二軍監督をおろすにせよ、その処遇についてもうひと工夫あっても良かったかもしれないとも思います。もっとも、それにしても2年は短すぎるという意見も正しいと思います。そもそも阪神球団にとって掛布というのは本質的に扱いの難しい人なので、本当の意味で処遇するとすれば2年前の段階で一軍監督だったのかもしれません。金本の長期政権のあとに掛布というのはあり得ない一方、掛布が失敗したあとに金本というのはじゅうぶん可能だったわけですから。

 金本視点。要するに掛布という名前が二軍監督としては大きすぎるんです。指導方針が合わないのもそうでしょうが、掛布の存在が金本にとってそろそろ鬱陶しくなったということです。人間なんて毀誉褒貶あって当たり前なので、そのときどきどこに焦点を当てるかで仲が良くもなるし悪くもなります。だいたい想像のつくところで金本はいかにも情の激しい人ですから、好きになればものすごく好きになるし嫌いとなったらもう我慢がならないんでしょう。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年09月29日 (金) 10時15分46秒
 阪神の社長はファームの監督交代を世代交代といってしまったがこれは一番良くない言葉選びだった思う(国策とも逆行)。今は現役を40位までできるから、その上で40代でいきなり監督に成るということは成熟期間が短すぎると思う。掛布にしても昔、楽天から監督要請あった時、コーチの全人事権を要求していたけどそれはおごりというか未熟だった。真中も来期について監督の発言としては考えられないお粗末さだった。
 阪神ではフロントの未熟さが目立って金本の力が強くなりすぎている。オーナー自ら金本のところへ続投要請(何年でも好きなだけ)しにいくとか考えられない。先日中田獲得断念の記事が出たけどあれは球団(本社)が譲れない線として金本に予防線を張ったと思っている(金本はまだ目論んでいると思う)。その見返り?に好きな人事をしたらいいとか言っている。星野がいた時、今のフロント(社長)だったらと考えるとぞっとする。話が断片的になり失礼。


 掛布 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年09月28日 (木) 23時57分42秒
今スポーツニュースを見ても阪神ファンの声援がものすごかったです。二軍監督がこれほど惜しまれて辞めるケースを初めて見ました。私は関西の情報にはやや疎い面があるのですが、やはりファンは掛布の功績を評価している何よりの証拠なのでしょう。もし路線の対立が原因で現場を追われるとしたら寂しいことです。外様の金本が生え抜きで現実の功労者掛布よりも大事にされる理由が私には分かりません。

最後に掛布が胴上げを拒否したようですが、その理由が胴上げは優勝した時と引退する時だけ行うものだという本人の美学からだそうですが、そうなると次の舞台があるということなのかもしれませんね。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年09月28日 (木) 20時39分59秒
 毎年同じことを云うことになるが能見は梅野ではなく岡崎(次に坂本)と組ますべきだと思う。それは梅野は能見の場合はいつも逃げの思考になり、それは読みの立場からは読みやすい配球になるのと、その逃げの思考がまた投手にも伝わるという悪循環になるケースが非常に多くなる。矢野は使わないと成長しないと言うがこの場合は性格が影響しているから改善は難しいと思う。でも梅野は梅野で成長しているからリリーフ陣など合う投手も増えている。

 掛布のお別れインタビュー見たけど、2年は短すぎるということと自分は選手の自主性を尊重する指導を貫きたいと云っていた。金本がさせている肉体改造には徹底した打ち込みと素振りでのフォーム固めが必要だから、相性はどうしても悪くなる。どちらも頑固だが個人的には金本タイプの選手は阪神にはいないと思ってる。


 ロッテ 投稿者:ヘンリー若林 投稿日:2017年09月28日 (木) 12時13分27秒
 なるほど、そういう考え方もありますね。あくまでもロッテ・掛布監督が決まりかけていたのではないかという疑いを持っているだけで、井口も同時に監督候補だったというだけのことだと思います。ただ、情報が漏れるとまずいので、実際に次の監督候補本人に打診するのは5月や6月ではちょっと早すぎるのではないかと思います。

 (無題) 投稿者:sun 投稿日:2017年09月28日 (木) 00時43分35秒
ヘンリー若林さん
ロッテの今年の低迷具合からすると遅くても5月ぐらいから新監督探していたと思います。
仮に掛布が断るとしても8月以前にあったと思いますので、私の考えとしては井口の監督就任に掛布は関係ないではないかと考えます。

 ロッテ 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年09月27日 (水) 21時32分04秒
ではなぜ監督が井口に決まったんですかね?
打力復活を目指すロッテとしても掛布監督に井口ヘッドコーチでも良かったように思いますが、掛布に人脈があればどこか拾うところが出てくるかもしれません。それでも名誉職とはいえ阪神に残れるなら掛布としても悪くはないのかもしれませんが。

 水面下 投稿者:ヘンリー若林 投稿日:2017年09月27日 (水) 18時47分40秒
 どうも阪神球団の掛布に対する処遇の経過があまりに不自然です。これはロッテの動きにリンクしているような気がしてなりません。水面下では、8月下旬頃にロッテの新監督が掛布に決まりかけていたんじゃないかという疑いを私は持っています。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年09月25日 (月) 21時28分20秒
http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/12/21/kiji/20161220s00001173234000c.html

昨年の記事だけど板山や高山らは(もう運が悪かったと)対応するしかないが横田が心配。
医者は復帰に慎重だったようだが金本が責任をもってあずかる形になっている。
本人は筋力思ったほど落ちていないのが良かったとか云っていたけど。

今岡は決まったようですね。失礼


 今岡 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年09月25日 (月) 21時01分36秒
掛布に続いて今岡までいなくなったらせっかくのいい流れが滞りそうで心配です。掛布を切るなんて球団は何を考えているのでしょうか?

逆に中日。こちらはようやく少しづつですが流れが良くなってきました。岩瀬、荒木の兼任コーチに森野のコーチ就任。これまで黄金時代の中心選手が一人もコーチとして入閣しない不自然さはいつも感じてきましたが、中日も当たり前のことが普通にできる環境になってきたということでしょう。何はともあれ目出たいことです。

特に期待しているのが森野です。森野の担当は周平。彼らは出身校こそ違えど同じ監督の下で育って来たという境遇にあります。周平は高校時代から森野を目指せと言われてきたようですが、その縁ある二人が今度は子弟として同じ方向に向かって球界の頂をめざす。素晴らしいことです。中日も掛布のような効果が生まれれば最高なのですが。

生え抜き指導者の素晴らしいところは“チーム愛”が期待できるところです。実力主義といわれそうですが外様の多くは“チーム愛”などそっちのけで上の顔ばかり見て選手を見ようとしない人も多い。こういう環境では質の高い育成が出来るわけがないのです。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年09月25日 (月) 09時01分14秒
今岡ロッテ入りだとあったがまだ決まっていないようだ。どうも引き留められているようだ。今岡は球団主導でファームに入ったと思っていたが金本が声をかけたようだ。ファームのコーチは来年の契約更新がなく掛布解雇の流れに不安になっていたという経緯があるようだ。本人は悩ましいところだな。

 今岡 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年09月24日 (日) 20時52分49秒
 今岡は現役時代は金本らと正反対に筋トレ嫌い(晩年に加圧トレに凝る)で通っていたから監督となると意に沿わずやりにくいこともあると思います。現状阪神のファームは目ぼしい野手もおらず1軍半選手の調整くらいしかありませんから。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年09月24日 (日) 18時03分13秒
 掛布退任記事のなかで今岡は阪神の二軍監督に擬せられているという話だったので少し驚きました。現役当時の実績の大半は阪神で残したものでもあるし、これからどちらのOBとして処していくほうが得なのかという観点からしてもこれは微妙なものがあります。むろん井口との個人的な関係を優先したということと、阪神はいろいろ面倒も多いのでロッテの落ち着いた環境でキャリアを積んだほうがいいという考えもわかります。金本体制がしばらく続くと想定すればいちど離れても支障は無いというか、むしろ離れたほうが結果的におもしろい展開があるんじゃないかということもあるかもしれません。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年09月24日 (日) 17時52分29秒
巨人・沢村“はり麻痺”報道で業界9団体が質問状「業界全体が大変な驚きを持って報道を受け止めている」
http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170924/spo1709240004-n1.html

 まえに触れたときあまり聞かないのでおそらくレアなのだろうと云いましたが、こうなるとまた話が変わってきます。たぶん古いファンはみんな同じことを連想したと思うんですよね。すなわち江川の中国鍼騒動です。ひょっとすると同じ展開にならないだろうなと疑いつつ、球団が表明するからにはそれなりの根拠はあるのだろうと思いました。しかしこうして業界団体からの強い反発があり、あるいはレアなのではなく臨床的にあり得ない話なのだとすれば、面倒に面倒が重なってどう処理するにしてもまた球団が泥をかぶることになります。なお澤村についてはその主張について正当性を判断する材料がそろっていません。意見はありますが改めて触れることにします。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2017年09月24日 (日) 09時31分23秒
 今岡がロッテに行くようです。阪神の2軍監督に成れたのかもしれないがロッテの方がやりやすいのはもっともでしょう。さてこれで阪神のファームはどうなるでしょうか?矢野を2軍に回して1軍に西山を入れるのかなあ?と思っていたけどファームの打撃指導者は浜中のみですね。1軍の機能も低下して尚且つファームは機能不全までいかないと良いが。

 清宮 投稿者:ヘンリー若林 投稿日:2017年09月24日 (日) 08時42分06秒
 なんていうんでしょうか。例えば巨人の坂本はオリックスやロッテに入っていたら単なるスター選手。たいして野球を知らない一般の人からすれば、ほぼ誰も知らない存在にすぎません。そんなの起爆剤になり得るスターとは言えないんです。どこの球団にいようが、そのへんのおばちゃんでも知っている選手こそが、経済的価値のある選手といえます。
 まあ、ゼニカネのことを考える必要のないファンはともかくとして、中日の経営陣が清宮から逃げるようでは、ここの財政再建はしばらく先のことになるでしょう。逆に特に起爆剤を必要とせず、しかも甲子園の浜風が左打者のホームランを拒み続ける阪神が清宮指名を明言しているのはやや疑問です。清宮も阪神は止めた方がいいです。

 いろいろ覗いてみると 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年09月23日 (土) 22時40分26秒
中日のサイトを覗いてみましたが、8割がた中村押しで中村押しが断然ですね。
まぁ中日ファンも自軍の事よく理解しているみたいですねw

正直私は清宮でも中村でもどっちでもいいと思ってます。いつも言いますが肝心な事は失敗に備えて準備することで、清宮の指名交渉権を獲得しても、そこで終わってしまっては意味がありません。二の矢三の矢を用意することこそが一番肝心なのです。
今年強打で急躍進した西武の主軸はDHの森友を除いてすべてが2位3位以下の選手で占められています。広島も丸、鈴木誠也をはじめ分離ドラフト1位の安部を除いてすべてが2位以下の選手達です。
このことが示しているように、1位指名が絶対ではないということで清宮が当たればいいけれどそれに固執する必要などさらさらないのです。

 清宮 投稿者:シロクマ 投稿日:2017年09月23日 (土) 20時41分07秒
私も朝方記事を読んで少し気になっていたのですが、意中の球団以外は拒否となれば中日は躊躇なく撤退するでしょう。伝統的に中日はそういうチームです。清宮の価値を認めつつもどうも中日のカラーじゃないんですよね。そもそも野手育成に関して散々な中日が清宮を育てる道筋を示せるのかも疑問ですし・・・

私は球界全体の事を考えて発言すると巨人か阪神に入るのが一番だと思っています、特に打力の低下が著しい巨人に入るのがベストだと思っています。巨人のプレッシャーもものともしない精神力も兼ね備えていますから。

中日はといえば私が推した安田ではなく中村で落ち着く可能性が高いと予想します。打者として見た場合はワンランク下の素材であることは疑いの余地もないのですが、こちらも夏の甲子園で数々の記録を塗り替えたスタープレーヤーであることも確かなことです。客寄せ効果を期待する素人のオーナーとしても十分に納得のいく人選であることは間違いありません。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2017年09月23日 (土) 19時44分25秒
清宮「意中球団」以外なら入団拒否 早大入学、浪人→米留学も視野に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000031-tospoweb-base

 指名されたからといって入団する義務はありません。そこは率直に云って少なくとも私はどうでもいいです。問題はただ一点。早期のMLB移籍を条件とするばあい巨人にとっては不要だということです。もちろんそれでもいいから欲しいのだという球団には事欠かないでしょう。そもそも日本人の一塁手にMLBからの需要があるのかという話はともかくとして、まあそのへんで合意ができるチームでがんばればいいと思います。

 新人選手と人気 投稿者:ガトランティス 投稿日:2017年09月23日 (土) 18時10分33秒
 現状、清宮が客を呼べる野球選手であるのは事実ですが、それは高校野球選手だからであって、ドラフト指名時に人気面を考えるというのはちょっと違うと思っています。
 要するにプロ入り後に若くして大活躍すればスター選手になれるし、それはそのまま起爆剤になれるのではないでしょうか。巨人の坂本も高校時代は外れ1位の評価でしたが、今は押しも押されぬスター選手でしょう。
 単純に、若くしてプロで活躍できそう、しかも大活躍出来る可能性は、清宮と安田どっちが高いの?という純然たる技能・才能の比較だけで良いと思うのですが。
※で、私の結論が安田>清宮と言っているわけではありません。

 ロッテ新監督に井口 投稿者:ユウ 投稿日:2017年09月23日 (土) 11時35分02秒
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00010039-nksports-base

球団のやる気のなさを感じたのは自分だけでしょうか?引退即監督で成功した人が少ないのになぜ外部から招聘しないのか。小川SDの再登板と報じられたヤクルトもそうでしたが、強いチームと弱いチームの差が物凄く大きくなっているこの頃、やる気がないならとっとと身売りしてくれって思いますね。

 起爆剤 投稿者:ヘンリー若林 投稿日:2017年09月23日 (土) 00時42分52秒
 そもそも、今の中日には客を呼べるスター選手が選手が必要だろうと思います。じり貧の状況にある球団なら、アマながら多くのファンを呼ぶことのできる清宮をプロでも傑出した打者として育成し、その成長を楽しみにする新たなファンを呼び起こし、そして収支を改善していくという構想が当然必要でしょう。清宮に新たなファンを呼び起こす起爆剤となってもらえれば、清宮がメジャーに行ってしまっても、それまでにスケールが半分程度の後継者をひとり、ふたり育てておくだけで人気は続くと思います。また、収支さえ改善すれば、FAで足りないポジションの選手を獲得することも可能になり、一気に優勝を狙えるチームになる可能性も高まります。
 つまり、日ハムなら新庄、楽天ならマー君の役割を果たす可能性が大きい選手が清宮であり、そのための博打は当然必要かと思います。残念ながら、よほど図抜けたものを見せない限り、安田が「起爆剤」になるとは思えません。

[1] [2] [3] [4] [5]



| 特設掲示板 |

Contents Copyright © 2002-2003. by Message from the white ball All Rights Reserved.
編集・発行 / ララ物資
ベーススクリプト KENT WEB