_

ホームページ > 特設掲示板  

■  特設掲示板  


□ 掲示板

 テーマは 「 プロ野球とその周辺のすべての話題 」 となっています。

 

 ── 利用規約
・ 常識に従って自由にお楽しみ下さい。
・ 常識の範囲は管理人の恣意的な判断によって決定させていただきます。
・ 管理人は管理権限において注意・警告を行うことがあります。
・ 管理人は注意・警告を経ずに投稿削除・投稿制限などを行うことがあります。
・ なおすべての規約内容は管理人の一存で改廃することがあります。



お名前(ハンドル)

メールアドレス

タイトル

コメント

URL

※重要!
:チェックを入れてから投稿してください。

 



・ 最近200件の投稿から40件ずつ表示されます。それを超えると古い投稿から過去ログに収録されます。
・ 投稿されてから2時間以内の書き込みには の画像が表示されます。
・ 引用符として > を文頭に付けると、つづく文中の文字が このように 太字で表示されます。
 上原の再契約 投稿者:ドン 投稿日:2018年12月14日 (金) 20時09分25秒
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000003-jct-soci&p=1

新手のプロテクト外しとの見方が出ていますね。巨人はそういう意図ではないと主張するでしょうが、ルール違反ではないにしてもルールの抜け穴を突こうとしているのは確かでしょう。ただしこういうルールの抜け案をつくような行為は必ず規制されます。江川の空白の一日なんかもそうですし、ルールの穴をつく行為は一度は通用しても二度は通用しません。おそらくプロテクトに関してはなんらかの規制が今後はいるのは避けられないでしょう。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月14日 (金) 04時39分03秒
【巨人】上原と再契約!背番号19を用意 左膝順調に回復
https://www.hochi.co.jp/giants/20181214-OHT1T50050.html

 再契約の可能性を示唆していたこともある。菅野が背負っていた19を空けることまでしたわけでまあこうなる。戦力になるかどうかは知らない。ここしばらくネックだったヒザが治って状態が良くなるかもしれない。メスを入れた翌年まともに投げられるのかという疑問もある。だいたい年齢的に良くなったところで行って来いだろとも思える。要するにこれは戦力としての獲得というより幹部候補としての処遇。プロテクト絡みの操作という見方はそれほど間違ってはいないだろう。報復的な指名で上原が流出するのを嫌がった可能性はあり得る。ただしそれが悪いことだとも思わない。出来ることはやっていい。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月14日 (金) 00時37分05秒
ドラフト廃止にしても賛成にしても結局さまざまの意見を取り入れて集約してゆくしかないのだともいます。
資金力の強いチームと弱いチームの意見が真っ向から対立するのは当然です。
だから球団拡張へと向かうためには、様々な可能性を組み入れてギブアンドテイクで交渉してゆくしな無いような気がしています。実は今の制度そこそこをプロ野球参入のメリットを享受したいのであれば巨人にとっても中日クラスのダメ球団にとっても居心地の良いものだろうと思います。それはファンレベルの話を聞いていても感じました。
でもこれでいいのだろうか?と思い出したのは今年のJ1リーグの厳しさに触れたからです。シーズン中に中位クラスのチームから移籍してきたある選手は今年は最後まで生きた心地がしなかったと初の降格争いに身を投じた感想を述べています。それに引き換えどんな弱くても降格のないNPBのこのまったり感は何なんだと非常に違和感を覚えました。NPBの現状に満足している人たちはたぶん平和ボケしている人たちなのだと思います。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月13日 (木) 20時07分34秒
 ドラフトを含めた制度論はやりとりが一往復で済まないというか、けっきょく終わりのない議論に突入するかどこかで諦めて黙る以外の結末を得ることができない。掲示板レベルの言論空間で扱うのは難しいというのが私の結論。だから理由はもう説明しないけれど私はドラフト廃止論者である。ただし前提になる条件があるのでそれを満たすまでは消極的ドラフト維持論者でもある。ドラフトは悪である。しかし現時点では必要悪である。このスタンスはシンプルであり明確。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2018年12月13日 (木) 19時03分13秒
時々、ドラフト廃止って言う人がいますが、何のメリットがあるのかサッパリ分かりません。ソフトバンクのV9でも見たいんですかね?プロスポーツが世界で一番栄えているアメリカでドラフト制が堅持されてる事実を鑑みても、プロスポーツを集客力のある興行として維持するためにはドラフト制は必要不可欠なのは明白でしょう。

ドラフト制の弊害は、選手に球団選択の自由がないことですが、不人気で貧乏で弱い球団に入ることになっても、チャンスが多い球団に入れたと解釈すれば問題ありません。丸にしても、最初から巨人だったら今ほどの選手になってないでしょう。この30年のスパンで見ても巨人の生え抜き高卒野手で大物に成長したのは坂本か松井ぐらいしかいないのですから。つまり、FA制度で移籍の自由を保障する限りにおいて、ドラフトの弊害は問題なくなったと言えますし、だからこそ、昔のような入団拒否のドタバタもなくなったのです。

それこそ、球団数拡張を実現させるためにも、ドラフト制は必要不可欠だと思いますね、

 ドラフト廃止 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月13日 (木) 00時32分56秒
実は私も現状の形が一番だと思っています。しかし以前投稿された奥江のカーブさんの意見や反ドラフト論者の方たちの意見も取り入れる形で考えてみましたが、案外悪いはないかなぁとも思い始めてはいますが、もちろん現状がベストであるという考えに変化はありません。
FAにしても口では移籍の自由とは言うけれど、浅村が示したように結局は金なんです。だから金より雇用を最優先する大方のCランク選手は移籍の自由を主張する権利さえ事実上与えられていないのが現状でしょう。そうすると移籍の自由が事実上ないならばドラフト廃止も視野に入れるべきではないのかというのと、奥江のカーブさんが話された Apple to Apple(同一条件)私案はどこまで行っても私案ですが、ビジネス理論を用いられると説得力がありました。正直面白いなと思いました。

もっとも今のドラフト制度なら、中日のようなどうしようもないチームのファンにも夢を与えてくれるんですよね。本当にありがたい枠組みだとも思いました。ドラフトに感謝です。

 平田 投稿者:sun 投稿日:2018年12月13日 (木) 00時18分45秒
私もドンさんとまったく同感です。

平田ですが、私は2013年の打撃フォームが完成形だと思っていましたが、翌年の4番の重責だと思いますが、小さくなってしまい長打が出なくなり長打を求めてフォーム(特に足の使いかた)に試行錯誤したのが14-17年ですね
少しいいと思っても直ぐに足を下ろしてから少し上げて打つのでこれで長打が出るだけ才能があるものだと思っていました。今年は下ろしてそのままスライドするかタイミングが合わない時はもう一度上げている感じですね

13年の打撃ができなかった、訣別した地点で平田は長距離ではなく、アベレージ型の中距離として生きていくのが最善手だったと思いますが、私もファンも幻影を追いすぎたのかもしれませんね

 浅村の契約 投稿者:ドン 投稿日:2018年12月12日 (水) 23時36分52秒
浅村 楽天との契約4年20億円じゃなかった
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000033-tospoweb-base

結局FAで国内移籍する場合決め手は金なんだと実感しますね。大谷のようにメジャーに行った場合はお金にこだわらないケースもありますが国内移籍の場合は100パーセント年俸提示額です。そういう状況でドラフト廃止なんて後100年たっても無理でしょうね。ドラフト廃止してFaまでの保有権がなくなった瞬間にチームバランスが崩壊するのが見えますから。
私は球団数を増やすこと自体には賛成ですがドラフト廃止は大反対です。全く内容の異なる改革を一緒にやってしまえというシロクマさんの主張は理解できませんね。

 改革 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月12日 (水) 22時35分40秒
ドラフト廃止のためには球団の拡張は必要不可欠でしょう。モデルはJリーグやバスケのBリーグです。この両リーグとも資金面における戦力格差はNPB以上に顕著ですが、試合のカード数の多さで補いファンを飽きさせることがありません。私は巨人に今の枠組みに甘んじることなく資金的なこと以外にもっと企業努力を望みたいと思っているので、人人口の分布からも東京にもう1チーム、神奈川にもう1チーム、群馬栃木茨木のいずれかにもう1チーム、それ以外の地域に3チームほど作るべきだと思っています。
ドラフト・FAを巡る改革において小手先の改革でなく抜本的な改革を望むならば、球団拡張は避けて通れないものだと確信しています。現状望めそうにないことくらいは理解してますが・・・

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月12日 (水) 07時40分46秒
ZOZO前澤社長、球団保有一時断念 ツイッターで「今回は努力と勉強不足」
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/12/kiji/20181212s00001173045000c.html

 堀江あたりにいろいろ吹き込まれてエクスパンションの可能性なんかに夢を広げていたと思うんだけど、そんなに簡単なもんじゃないってことに気づいたってことだろう。筋道としてはいかに既得権を侵さずパイを大きくできるのかという発想なんだけど、堀江的な共栄論は残念ながら通用しない。16球団制はあらゆる意味でおもしろいと思うしじつは不賛成ではないんだけど、実現性はどこからどうつついたって露ほども湧いてこない。これはもう何度だって繰り返し言い続けるけど、球界で改革が行われるのは巨人が本気になったときだけ。巨人の利害に働きかけないと物事は動かない。理想と現実は違うということが重要。

 トレード 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月12日 (水) 00時28分35秒
私はヤクルトに軍配を上げます。特におまけの太田に魅力を感じます。この太田は高校時代から今成スカウトが隠し玉にした選手で、他チームのスカウトの目に触れないようにいろいろな工作をした選手だと聞いています。この手のタイプの野手の多い日ハムにではあぶれた感もありますが、年齢的にも大卒ルーキーのようものだから若手野手の少ないヤクルトなら十分チャンスがあると見ます。
今回は仕掛けた側の策士ハムが足元を見られた格好ではないでしょうか。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月11日 (火) 21時14分26秒
【巨人】坂本、1・5億円増の5億円で複数年契約 来季は「優勝しかない」
https://www.hochi.co.jp/giants/20181211-OHT1T50142.html

 複数年契約ならこの変動制を採用するのがひとつの解。もっとも坂本が複数年だからといってサボるわけもなし。あくまで一般論。金額は夏休みもあったし上限で1億ってところじゃないかと思うところをさらに5000万上乗せして5億。推定5億だからひょっとすると6億に届いているのかも。たぶん丸とのバランスは考えたはず。丸が4億5000なのかどうなのかはわからないけれど、あくまで妄想として両者の実際の年俸は意図的にほぼ並んでいるんじゃなかろうか。来年ようやく30歳になるショートがすでに1700安打越えというのは驚異的。そろそろ休ませながらうまく起用する時期。3000本が見たい。

 トレード 投稿者:ドン 投稿日:2018年12月11日 (火) 21時03分27秒
ハムは相変わらず見切りが早いというか思い切ったトレードをしますね。毎年のようにトレードを仕掛けるチームではあるのですが、ここ最近投手は28〜30歳ぐらいで成績が下降気味だと、迷うことなく放出する傾向があります。巨人に移籍した吉川とか乾、矢貫なんかそうですよね。相手の秋吉も成績が下降気味なのでどっちが得するかはわからないとは思いますが、日ハムの目利き力が問われるトレードだと思います。一般的には年齢が若くて先発ができる高梨を獲得したヤクルトのほうが得だという意見が多いですけどね。
谷内と太田は完全におまけの数合わせ。ヤクルトは中途半端な内野の控えは不要だったので若手の内野手を取ったのでしょうし、日ハムは谷内に内野の控えとして可能性を感じたのでしょう。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月11日 (火) 17時51分23秒
巨人・立岡、2600万円でサイン「足で勝負」 激しい生き残り競争に意気込み「食い込めるよう準備」
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/11/kiji/20181211s00001173206000c.html

 バッティングに関しては要するにノーカン。たぶん促成の左打ちが頭打ちなんだと思う。シャレじゃない。これ以上伸びる姿が想像つかない一方で、守備走塁を中心とする控えとしてはそれなりなのでそっちを追求するべきかも。たぶんそのほうが一軍に居場所を作りやすいはず。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月11日 (火) 17時38分37秒
中日・平田 6000万円増1・8億円に笑顔「平田良介という選手の土台ができた」
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/11/kiji/20181211s00001173196000c.html

 平田の成績動向の煮え切らなさはずっと気になっていた。悪い選手ではないけどべつに良い選手でもない。でも期待値だけはあって使い続けられるけど中軸を打ち切れない。ファンは瞬間風速の強さに騙されていたと思うんだけど、じつは本人も騙されていたんじゃなかろうか。すなわち自分には長打力があるという錯覚。守備力に恵まれたぶんだけ長い猶予期間を許されてきてようやく二流の壁を越えたという感じ。たぶんこの感じの数字が来季以降も狙うべきスタイルだろう。わりと本気でオチアイの呪いが解けたからだと想像してる。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月11日 (火) 07時30分47秒
中日、ビシエドと3年総額10億円超合意 契約全うなら球団助っ人最長タイ
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/11/kiji/20181210s00001173422000c.html

 おそらく性格的な部分も判断したうえでの3年という期間。30歳シーズンからの3年契約だから事実上、日本球界でまっとうする覚悟だろう。6年やればもう日本人枠も視野に入ってくるわけで、そうなればかなり長期の現役生活が見込めるというのが本人の発想。3年契約は危ないといえば危ないけれど、そうしないと毎オフのように流出危機で外国人戦略の見通しが立たない。ギリギリの判断だけどわからんではない。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月11日 (火) 07時20分36秒
衝撃2対2トレード!ヤクルト、16年新人王の日本ハム・高梨を獲得
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181211/swa18121105050004-n1.html

 高梨は新人王シーズン以降はずるずる下降線をたどってるんで、ここで売り払ってしまう判断はさすが日本ハムだけどどう転ぶかな。ずるずる気味なのは秋吉だって一緒やろっていうのはそうなんだけど、今年に限ってはどうも起用法の問題もあって乗り切れないままだったようなのでもう1年猶予期間ありと見る。少なくとも日本ハムはそう考えたはず。内野手2人はそれぞれ調整枠。太田はフィジカルに定評があり年齢も若い。谷内は年齢も上がってきた内野の控え要員。このへんは秋吉が欲しい日本ハム主導だった気配を感じるな。というわけで以下、妄想裏事情。中継ぎ強化がしたい日本ハムは秋吉が構想上浮いていると見る。インパクト勝負で高梨提示を仕掛ける。先発の足りないヤクルトは高梨に魅力を感じつつもタマとして秋吉が上と考え凸凹を埋めるため複数交換で交渉を進め、その結果太田と谷内の交換に発展。在庫を抱え込まずその年使う選手と育成対象でチームを構成する断捨離上手の日本ハム編成お得意のパターンかな。

 人的補償 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月10日 (月) 21時03分28秒
楽天は意外と若手野手王国なんですよね。そうすると西武は堀内、内田、村林、西巻あたりと予想します。特に大砲の内田やルーキー西巻あたりが取れたら最高なのですが。

巨人の方はだと、西武は若手野手の若林、重信、田中、北村に宇佐美も入れたいです。あとは投手なら大江、高田、池田に桜井が面白い。特に桜井は今年侍でMLB相手に勝ち投手になった中日佐藤と被ります。

やはり引退間際を選んでも面白くありません。私は昨年ハムの補償選手に中日佐藤を推薦しましたが、仮に漏れたとして選んでいたら儲けものでした。


 人的補償 投稿者:オグリB 投稿日:2018年12月10日 (月) 09時08分46秒
対炭谷。単純に第三捕手の穴埋めは欲しいかなと。森が完全に正捕手という立ち位置でもないので。すると宇佐見か岸田か。現第二捕手の岡田とのバランスで行くと若くて守備型の岸田がベター。たださすがにドラ2の2年目だからプロテクトするかもしれない。そうなると投手が空いて宮國あたり取れたりして。
対丸。ここは正に重信ありそう。何となくだけど広島っぽいし、丸と交換と見れば座りが良い。とはいえ、今年後半はレギュラー級だったし、守るだろうとは思う。とすると山本。慶応では加藤が行っているし。小園を取ったと言っても山本なら年齢的にかぶらない。投手なら一岡の二匹目のドジョウで谷岡か。
対浅村。金銭もありそうだが、ここも第三捕手か。巨人のリストとのにらめっこで、足立、山下、堀内ら。他にはリリーフ向きの右投手。菅原、森原といったところ。
対西。予想されているプロテクト漏れのリストの中では、石崎、伊藤和、竹安、谷川でほぼ横一線か。岩田や岡本は確かに実績は買えるが、上手くいった時の上振れ幅が弱いと思う。裏ローテで2、3年では、あまり食指が動かない。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月10日 (月) 06時09分05秒
巨人・重信 盗塁宣言「どんどん行くという姿勢を」
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/10/kiji/20181209s00001173359000c.html

 ポカの多い人という印象。1番としては食い足りない。要するに足が速いだけでべつに1番タイプというわけじゃない。ただ小力があるので打力に余裕のある打線の7番あたりなら生きるかもしれない。つまりいまの巨人にはフィットしない。私ならプロテクトはしないかな。

 オリックスの選択 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月10日 (月) 00時41分33秒
私なら島田か江越だと思いますね。二人とも足が速いのが魅力です。ただし広島なら打者だと思いますが、オリックスなら投手かもしれませんが。伊藤隼も含めて阪神の野手は面白い選手が結構いますよ。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2018年12月09日 (日) 10時41分19秒
 この予想同感ですね、見ても分かるように阪神にはとられたら困るような選手いてませんね。外野手の現状酷くてプロテクトのベテラン2人はもうフルに出れないし、残りの2人もレギャラーでもない選手です(1位近本も俊介を良くした程度か?)。自分は人的補償2,3年程度の貢献で良いのなら岩田を薦めます。まだ切れのある140キロ投げれているので6〜8勝はできる力あると思います。また阪神(監督)サイドから見ると本音は鳥谷は外して石崎か守屋(島田)あたりを入れたいところかもしれません。

 阪神プロテクト予想 投稿者:ドン 投稿日:2018年12月09日 (日) 07時47分45秒
プロテクト
【投手】(14人)
藤浪、能見、藤川、岩貞、小野、馬場、才木、秋山、望月、桑原、岩崎、高橋遥、浜地、青柳
【捕手】(3人)
梅野、坂本、原口
【内野手】(7人)
上本、鳥谷、北條、大山、糸原、陽川、植田
【外野手】(4人)
福留、糸井、高山、中谷

プロテクト漏れ
岡本、岩田、尾仲、石崎、谷川、福永、高橋聡、竹安、守屋、飯田、牧
島本、伊藤和雄、歳内、長坂、岡崎、小宮山、熊谷、山崎、森越、荒木、
江越、伊藤隼、俊介、島田、板山

阪神の場合野手に関してはほぼ全員めぼしいのはプロテクトできる感じです。
投手については逆に岡本陽介・高橋聡・岩田などベテランが漏れるのは避けられないでしょう。
投手の層が厚く逆に野手の層が薄い人員構成なので仕方ないことでしょうね。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月09日 (日) 06時39分54秒
西の人的補償にオリ球団関係者発言 福留、鳥谷、糸井ら大物が「外れていたら、いく」
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181209/buf18120905020002-n1.html

 広島や西武と違ってオリックスはそもそも雑食なのでこれがあんがいブラフではなく聞こえる。というか鳥谷あたり持って行ってもらったほうが良くないか?という気もする。個人的にはノートレード条項は日本人のばあいフルセットの契約はほとんど存在しないと思っている。問題になるとすれば複数年契約だろう。いずれにせよ金がかかる話なのでじっさいにやるかどうかは別として、頭のかたすみに置いておきたい。とはいえ野手はどうかな。やはり投手だろう。というわけで藤川なんかはうかうか外すとやられそう。いかにもあのオーナーが好きそうなビッグネームだし。

 出場選手枠増加 投稿者:ドン 投稿日:2018年12月08日 (土) 13時50分17秒
悪い話ではありませんが、おそらく投手の登録数が増えるだけで終わるでしょうね。野手の出場選手枠の人数を今より増やすメリットはあまりありませんが、リリーフは消耗品ですから試合ごとに入れ替える意味がかなりあります。リリーフを大目に登録して少しでも負担感を減らそうとするだけでしょう。
FAの人的補償のプロテクト数についてはそう簡単にはまとまらないでしょうね。12球団の間でかなり意見が分かれる問題であり、合意点をそう簡単に見つけられるとは思えません。もしこのプロテクト数をいじるとなると、FAの補償自体をどうするかという問題にまで切り込まないとだめですからおそらく28人のプロテクト体制が当面続くのではないでしょうか。

 (無題) 投稿者:sun 投稿日:2018年12月08日 (土) 08時43分27秒
こっそり井端東海ラジオのメンツに加わってますね

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月08日 (土) 05時52分21秒
「出場選手登録枠」来季から1増29人 ベンチ入り25人は変わらず
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/08/kiji/20181207s00001173381000c.html

 と云いながらも現場の運用的にはリリーバーを追加する球団が多い気がする。それはそれとして、人的補償のプロテクト28人枠の根拠はたぶん出場選手登録28人をそのまま当てはめたものだと思うんだけど、そうなるとそちらも来オフ以降29人に拡大するのかな。あるいは逆に15人あたりまで縮小するか。私は人的補償廃止論者なのでそのその人数を云々する立場にはないが、人的補償制度の存在を前提とするならば縮小もありなのかなとも思う。FA選手のクラス分けをもっと細分化して枠を伸縮させるって手もある。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月08日 (土) 05時46分16秒
西武・渡辺SD 巨人、楽天からFA補償名簿届いた「じっくり考えたい」
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/08/kiji/20181208s00001173029000c.html

 こういうときパっと見で欲しい選手がいたときはもうちょっとわかりやすく煽りをくれる傾向があるので、たぶん西武的には微妙なリストが届いたんだろうなって思う。とはいえこういうときは抑止力を利かせる発想で報復的に人的補償を選択することが多いので覚悟はしておこう。

 引退の連鎖 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月08日 (土) 00時40分18秒
一年前にもう横綱の相撲が見れなくなると分かって横綱の引退が一番悔しかったです。
その後に親方の降格引退、そして今度の関取の引退。すべてが無駄な引退の連鎖の中にあると思います。

そもそも相撲なんて暴力スポーツなんです。例えば押し相撲専門の元関脇の琴勇輝のように、自らまわしを引くことを禁じ攻め手を張り手一本に絞り相手を張り倒すことにすべてを賭けているような力士だっています。潔いくらいで決して汚い取り口ではありませんが要するに暴力なんですよ。そもそも化け物のような屈強な関取が後遺症もないのに暴行を受けたくらいで加害者を引退させること自体がおかしかったのです。貴ノ岩は自業自得とはいえ、二人の横綱経験者を角界から引退させる最悪の結果を残してくれました。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月07日 (金) 21時41分24秒
【阪神】オリックスからFA宣言した西が阪神入りを表明 3度目の交渉で決断 「お世話になると決めました」
https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181207-OHT1T50104.html

 丸は別格として、今オフのFA権取得者のなかで目玉は西だったと思う。ホークスと阪神でどうして阪神なのかなと思ったけど、ひとつは投手はリーグを変えた方が有利ということが考えられる。生活環境を変えずに済むのもあったかもしれない。無視できないのはホークスじゃ西は埋もれちゃうよねって話。つまり阪神のほうが成績上の及第ラインが低い。正解なのかなとも思う。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月06日 (木) 18時20分27秒
巨人、前マリナーズの岩隈を獲得
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181206/gia18120617410004-n1.html

 楽天かなと思ってた。どれくらい回復しているかにもよるけれど、べつに人的補償があるわけでもない。少なくとも上原よりははるかに期待値は高い。とにかく投手はナンボいてもいい。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年12月06日 (木) 02時28分58秒
巨人・山口俊、原点背番号へ!来季「11」 原監督は先発の柱熱望
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181205/gia18120505040003-n1.html

 背番号は果たして誰のモノなのか。球団のもので監督がその運用を任されているとストレートに答えてもいい。菅野はわかる。田口もわかる。ほかの連中もおおむねわかる。わからないのは誰だとはあえて云わない。云わないが、背番号がもつ歴史的背景や付随するストーリーを無視して適当に扱われると、しでかしてるやつの目玉突いてやろうかという程度にはイライラする。

 付け足し 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月05日 (水) 23時01分29秒
後から少し考えてみました
ドラフトは資金to戦力ではなく、ドラフトもApple to Appleにする方法もあります。
つまり、ドラフトも戦力to戦力にしてしまえばいいわけです。

私は現行制度を改定するなら、移籍金を現行のより倍にする。5億の丸に対して移籍金10億。サッカーの世界では普通の額です。奥江のカーブさんの理論に乗るなら、選手to選手。これをよりリアルに制度化するなら28人のプロテクト枠を今より絞ることが考えられます。そうすると球団間の不公平感は減ることとなるでしょう。まぁ、あくまで言葉遊びの話ですが。こういう考え方もあります。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月05日 (水) 22時42分14秒
制度に原因を求めるのは無責任な考え方です。制度を作るのも運用するのすべて人間の責任なのですから。私は性悪説をとる立場ですが、人間の悪しき業こそが諸悪の一番の原因だと考えます。最近話題の危険運転問題もそうですし(被害者にも落ち度があることが明らかになりましたが・・・)、貴ノ岩の弟子への暴行問題(この無責任極まる男には一発レッドしかない!)すべて制度というよりは穢れた人間の業のなせる問題でしょう。
カルロス・ゴーンのような人間が英雄視されてきたことを恥ずかしくないのか?と世間に問いたいですし、聖人君子など今時いないよという人に言いたい、今こそ道徳教育を重要視すべきでしょう。

 雑感 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2018年12月05日 (水) 22時30分13秒
@ガルシア・・良い投手なので巨人が取っておいても良いと思いますね。
中日は新外国人が活躍する確率が高いので、特に活躍すると見込める外国人には複数年契約をしておくのも良いかも知れないですね。
A金子・・日ハムへ。台湾の王選手もそうですが、さすが日ハムは補強が上手いなと思います。因みに、落合さんも「私が中日の監督なら即、金子を取る。」と言ってましたね。

 (無題) 投稿者:奥江のカーブ 投稿日:2018年12月05日 (水) 07時56分50秒
FAに関して、陽を たとえ話として出したのが混乱させたようで失礼しました。

Apple to Apple を言いたかったのです。
トレードは 戦力 to 戦力。 ドラフトは 戦力の夢 to 戦力の夢。
しかし、FAは 資金 to 戦力 なので Apple to Orangeです。
その違和感をファンが感じ、選手に対しての攻撃的感情論を巻き起こすのかなぁ・・・と。
矛先は選手や球団ではなく制度に向けるべきかなぁ・・・とも。

考えうる対応策は、総量規制と、1軍まで広げた日本型ルール5ドラフトの導入。
もっと言えば、ドラフトの廃止の組み合わせと思ってます。

(蛇足ですが、私は巨人ファンでも広島ファンでもありません)


 ガルシア 投稿者:さんぷー 投稿日:2018年12月04日 (火) 21時55分38秒
代理人の元にどこかから相当高額のオファーがあったんでしょう。来日1年目のガルシアにはさして中日への愛着もないでしょうし、お金になびくのは仕方ないです。しかし、そういう現実がある上で、今の中日は外国人選手にも恩義だ情誼だで訴えていくしかないわけで。でないと、毎年オフのたびに中日には勝ち目がないマネーゲームになっちゃいますから。外国人選手が求めるのは金ですが、しかし、やりやすい環境だって考慮要素のはず。年俸がよほど違えばともかく、そうでないならなら、中日にも勝ち目があると思います。

ただ、ガルシアって、そこまで大金を積む価値ありますかね?後半戦は4点近くの防御率でしたし、ナゴヤドームでかなり数字を稼いでますから、来シーズン、どこかの球団で好投する確率はあまり高くない気がします。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2018年12月04日 (火) 21時43分46秒
まあ、どこの球団のファンだって、高年俸の不良債権を引き取ってくれるなら大歓迎だし、若手の有望株は取られたくない、って身勝手なことを考えるものです。

しかし、プロ野球がファンのもの、それも全ての球団のファンのものだとするなら、主力選手を奪う代償に若手の有望株が取られるぐらいのことは甘受すべきでしょう。

でないと、プロ野球は一部の金満球団のファンのものになってしまいます。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年12月04日 (火) 21時24分48秒
陽の補償は戦力の交換だからファンの利益に反しない?

大いに反しますよ。年俸が高い割に大した働きを期待できない選手を押し付けられたチームファンの利益に大きく反します。プロテクト漏れするような巨人でレギュラーなんて絶望的で、移籍先で一からキャリアを積み上げるような地味すぎるような選手との交換することが、そんなに巨人ファンの利益を毀損するのですか?もしそうならば心が狭すぎます。

若手を人身御供とするのは才能開花を見るとい言うファンの利益を奪う?

奥江のカーブさんの大きな矛盾点を一つ指摘しておきます。才能開花を夢見ると言いますが、FAで丸が加入することこそが、もっとも才能開花を夢見るファンの利益を奪う事にならないでしょうか?
多くのFA選手が加入することはそれ自体が半分は若手の育成の放棄を意味するようなものです。したがって貪欲なまでに才能開花を夢見たいのであれば、大雑把に言うなら巨人ファンを辞めるか若手選手を他チームに譲渡して他球団で才能開花させることを夢見るしかありません。

奥江のカーブさんのお立場はどこか大上段から見下ろさせているような発想を感じ、低迷する球団のファンの気持ちを逆なでするように感じられます。

 (無題) 投稿者:源田昌一郎 投稿日:2018年12月04日 (火) 13時11分47秒
岡本の来期における最大の懸念は、スランプ時に原監督にいじり回されることだと思います。

[1] [2] [3] [4] [5]



| 特設掲示板 |

Contents Copyright © 2002-2003. by Message from the white ball All Rights Reserved.
編集・発行 / ララ物資
ベーススクリプト KENT WEB