_

ホームページ > 特設掲示板  

■  特設掲示板  


□ 掲示板

 テーマは 「 プロ野球とその周辺のすべての話題 」 となっています。

 

 ── 利用規約
・ 常識に従って自由にお楽しみ下さい。
・ 常識の範囲は管理人の恣意的な判断によって決定させていただきます。
・ 管理人は管理権限において注意・警告を行うことがあります。
・ 管理人は注意・警告を経ずに投稿削除・投稿制限などを行うことがあります。
・ なおすべての規約内容は管理人の一存で改廃することがあります。



お名前(ハンドル)

メールアドレス

タイトル

コメント

URL

※重要!
:チェックを入れてから投稿してください。

 



・ 最近200件の投稿から40件ずつ表示されます。それを超えると古い投稿から過去ログに収録されます。
・ 投稿されてから2時間以内の書き込みには の画像が表示されます。
・ 引用符として > を文頭に付けると、つづく文中の文字が このように 太字で表示されます。
 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2020年06月03日 (水) 23時20分05秒
 感染経路の問題はありますが、まあこれは仮に当事者が嘘をついていたとしても文春でもどこでも必死で調べてくれるのでなにかあったら出てくる。それを待てばいい。こんなことはこれからもあり得るし、要は感染が発覚したとき当事者の隔離だけで話が済むようなチーム内、球団内で濃厚接触を防止するという一点に尽きる。さいわいと云うべきなのかについてはかなり複雑な評価が必要だが、2人に関してはすでに回復プロセスに入っているところでの発覚だったのでそれゆえに皮肉なことながら開幕には間に合いそう。ただし科学的知見とはべつの観点もあるので、感染の心配はないからとホイホイ出てくるとおそらく叩かれる。なにかわかりやすい指標は必要で、それはやはりPCR検査の陰性なんだと思う。

 坂本と大城 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2020年06月03日 (水) 22時57分56秒
なんと、ペナントレースが始まる前にペナントレースが終了してしまった・・・気がしましたが。そうでもないのかな?でも、巨人にはキツイな〜〜という感じですね。

 坂本・大城コロナ 投稿者:ドン 投稿日:2020年06月03日 (水) 21時57分46秒
巨人坂本ら感染も6・19開幕変わらず、NPB方針
https://news.yahoo.co.jp/articles/e899e9041ead43c8e0f0c12900a54dd15481ae37

軽症だったので開幕は変えないようですが、巨人にとっては踏んだり蹴ったりでしょうね。最低でもこの二人は2週間は完全隔離、他の選手も全員PCR検査受けるようですし開幕に間に合わない選手が相当数出るのは避けられないでしょう。

 高校野球の代替大会 投稿者:たかしちゃんす 投稿日:2020年05月31日 (日) 12時29分19秒
仮にトーナメントとするならある程度の高校にはプロ野球の本拠地でできるようできないかと思ってます

そうなると兵庫の甲子園だけ不公平かもしれないので関西は京セラ
関東はそれぞれの本拠地やない県は振り分けするとかあると考えますが・・・

 (無題) 投稿者:sun 投稿日:2020年05月30日 (土) 19時33分33秒
ルール案
先発した投手は3試合自動的に登録抹消される(3試合あとに自動登録)

私は一番のネックは投手の疲労だと思っているので、実質的に投手枠増やして欲しいです
敗戦時は二軍の若手でいいのではないかと考えます

 (無題) 投稿者:ユウ 投稿日:2020年05月25日 (月) 23時39分40秒
https://news.yahoo.co.jp/articles/94dee55ce95f224e7d91e3b05de16b994601adf4

時間制限だけは断固反対ですね。そんなんやると、遅延行為で引き分け狙いをすることが出てきますから。だったら、延長は10回までにするか、延長なしで9回引き分けにする方がいいでしょう。

 プロ野球CS セは中止の方向 パは短縮開催で検討 投稿者:ドン 投稿日:2020年05月24日 (日) 08時06分44秒
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200523/k10012442341000.html

個人的にはパリーグもCSシリーズ中止すべきだと思いますけどね。今年は120試合以上試合を消化することでさえ大変なのに、CSシリーズなんてやる余裕はどう考えてもないでしょう。ちょっとパリーグの判断には理解に苦しみます。
どのみち今年は参考シーズンのような位置づけにしかならないでしょうし、無理やりCSシリーズをやる意味は全くないです。

 レス 投稿者:ドン 投稿日:2020年05月24日 (日) 08時03分39秒
>ファームの独立採算を狙うなら本体の近くにいてはダメだと言うことでしょう

ファームを一軍本拠地から離すべきという意見は半分賛成、半分反対なんですよね。確かに採算だけ考えれば一軍本拠地から離したほうがいいのでしょうけど、一軍との入れ替えのしやすさや首脳陣の目の留まりやすさ、一軍選手との接点など育成の意味を考えると一軍と二軍が近いことにはメリットがあります。二軍の距離が遠いとどうしても一軍首脳陣の目には留まりにくくなりますし、日本はメジャーと違って一軍と二軍の入れ替えも頻繁なのでデメリットもあるんじゃないですかね。

 (無題) 投稿者:sun 投稿日:2020年05月22日 (金) 20時20分04秒
既にパリーグはパリーグTVが1500円(どこかに球団のファンクラブに入会しているなら1000円)です

現在の無観客での試合なら私は逆にチャンスと考えてセリーグだけでなく12球団で1カ月1000円ぐらいで
スマホとPCで閲覧できるようにするべきではないでしょうか?

正直テレビの前で三時間固定で見るというよりお風呂などどこでも気楽に見れるスマホが現代のナンバー1の視聴ツールであってテレビ中心に考えるのは年寄りの考えだと思うのです

選択肢としてもちろんあってもいいですし必要です。
ただもうそういった時代ではない事を特にセリーグ球団は気づかないといけません

 独立採算二軍球団 投稿者:ヘンリー若林 投稿日:2020年05月20日 (水) 22時57分49秒
山陽クラウンズ。ご存じでしょうか?

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2020年05月20日 (水) 11時29分21秒
懐かしい球団名を見ました。やはり、ファームの独立採算を狙うなら本体の近くにいてはダメだと言うことでしょう。有名でレベルが高い選手達をいつでも見に行けるなら、いくら入場料が安くてもファームを見に行こうとはなかなか思いませんし。ファームは野球過疎の土地に置くべきです。今や野球過疎の地では、球場であれテレビであれ、野球を見るのは高校野球ぐらいです。それが野球人気の衰退、競技人口の減少にもつながっているわけで、野球に触れる機会を作るためにも野球界はもっと地方に目を向けるべきです。

 独立採算性 投稿者:t.k 投稿日:2020年05月20日 (水) 10時02分22秒
湘南シーレックス(横浜2軍)、サーパス神戸(オリックス2軍)、インボイス(西武2軍)が、消滅してしまい10年ですか。独立採算に向けての足掛かりになってほしかったのですが、大なり小なり地域密着に手をかけただけとなってしまいました。

https://news.livedoor.com/article/detail/4947830/


 独立採算性 投稿者:t.k 投稿日:2020年05月20日 (水) 10時01分43秒
湘南シーレックス(横浜2軍)、サーパス神戸(オリックス2軍)、インボイス(西武2軍)が、消滅してしまい10年ですか。独立採算に向けての足掛かりになってほしかったのですが、大なり小なり地域密着に手をかけただけとなってしまいました。


■過去記事
https://news.livedoor.com/article/detail/4947830/

 (無題) 投稿者:たかしちゃんす 投稿日:2020年05月17日 (日) 12時30分40秒
演説はいりませんね、確かに

地方移転は反対でしない前提で進めます
二軍は私は入場料は無料
グッズ販売に今以上に力を入れた方が利益が上がる可能性が高いです

次に会員カードを作って入場回数やグッズ購入でポイント取得
このポイントで当日空席がある場合19時か19時半以降の入場可能

ここまでは詰まらないけど生産的な話でした

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2020年05月15日 (金) 17時16分48秒
 出来ない理由はいくらでもあるわけで、じゃあどうすれば出来るのかを考えるほうが生産的ではないかとは思います。ただし演説は不要だと思います。そこが揉めるもとですから。

 一番大切なこと 投稿者:シロクマ 投稿日:2020年05月15日 (金) 01時48分28秒
独立採算制を意識したファームの地方移転も一つの案だと思います。今後俎上に入れて検討する価値は十分にあります。

球団拡張を行うためには発想の転換が必要不可欠であると明言しておきます。
いずれの案が採用されようとも『都会と地方の共存共栄の精神こそが必要不可欠』なのです。

オンラインや9月入学でで大騒ぎするものいいけれど、我々日本人はそろそろ東京一極集中を憂う時期が来ていることに気づくべきでしょう。
関東大震災、東京大空襲、コロナショック、東京は有事には非常に脆い、関西もまた然り。いまほど強靭な地方創成が求められる時代はありません。球界も中央集権的発想の大都市主義を改め、地方でも参入可能なビジネスモデルへと発想の転換を図ることこそ一番大事なポイントだと力説しておきます。球界の未来、日本の未来へつながる壮大なプロジェクトとなることを予言しておきます。

 (無題) 投稿者:sun 投稿日:2020年05月15日 (金) 00時26分58秒
さんぷーさん
私は少し考えが違って仮に中日なら二軍は静岡に置いて方がいいと考えます
ようは準フランチャイズ地域に置くという事ですね

ララ物資さん
私は今年に関しては最終日程を決めてそこまでに消化できない場合は打ち切りを考えるべきではないでしょうか?
ドームでないチームが不利ですが、試合数が少ない場合が有利に働く場合もありますので・・・

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2020年05月13日 (水) 15時08分04秒
ファームにかかるコストや手間を削減すると当然、育成力は落ちることになります。メジャーほどマイナーの裾野が広いと削減って話にもなりますが、NPBがこれ以上、ファームを骨抜きにすることはないと思います。むしろ、ファームをもっと魅力的なものにすべきではないでしょうか。ファームの本拠地を本体からあえて離し、ファーム単独での興行をもっと盛んにすべきだと思います。私は今、プロ野球が1年に1回も見られないような県に住んでます。なので、もし、中日のファームの試合が近くで行われ、1000円程度で見られるなら喜んで見に行くと思います。ファームにはオールスター選手はいませんが、指導者には往年のスターがいて、選手には前年度の甲子園のスターぐらいは普通にいますから、野球好きには十分魅力的です。1軍より気軽にファンサービスをしてくれたりしたら、なおのことです。移動や資金の面で球団拡張が難しければ、まずファームを日本各地のプロ野球に縁遠い土地に移すところから始めれば良いと思います。

 球団増設 投稿者:シロクマ 投稿日:2020年05月13日 (水) 12時39分46秒
方法なんてものはいくらでもあります。経営のプロに言わせれば千差万別で、理想の3リーグ18球団もしくは4リーグ24球団も実現可能です。
一例をあげるとまずは外資を導入するのも面白いでしょう。経営を安定させるためならコスト削減が現実的です。
例えば支配下枠を50名程度に絞ってファームの公式戦は50試合程度に削減する。補う手段として育成契約選手を増やして球団相互間で練習試合形式で試合を行っていけば従来どうりファームでも年間200試合程度は可能になるでしょう。ポイントはファームは各チームの裁量に任せるという事です。

このプランをさらに切り込んでゆくと従来の70名の支配下枠制限を完全に撤廃します。1チーム50人のチームもあれば100名のチームもあっていいのです。この格差を埋めるためのポイントとしてはファームを持つことを強制しないこと。NPB主催のファームゲームは完全撤廃することを提案します。もちろん球団相互間で年間200試合程度のファームゲームを開催することが可能であることは言うまでもないでしょう。
格差をそのままに球団運営をスリム化することで一軍の試合に特化したチーム作りが可能となります。

いずれも個人的な私案にすぎないので突っ込みどころ満載なのは否定しません。しかし既成概念を撤去して球団拡張ありきで進んでゆけばさまざまな枠組みが生まれて行くでしょう。やれば必ずできます。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2020年05月11日 (月) 00時22分23秒
 120試合消化に向けて動き出したようです。べつにここは協約を改正すれば済む話なのでそれほど重視はしないのですが、とにかく私が心配するのは悪目立ちをすること。そこを回避するためなら2020年シーズンの完全休止でもいいと思っています。もちろん開幕できるならそれに越したことは無いです。この問題に正解は存在しないですから、予断を持たず豹変を恐れず、ベターを追求して欲しいと思いますね。

 (無題) 投稿者:アキラ 投稿日:2020年05月10日 (日) 12時15分04秒
個人的は台湾を絡める形には賛成ですが、政治的な理由から難しいじゃないかなと思います。
相手が韓国なら国も球団関係者も乗り気になるかもしれませんが、韓国を絡めて良い結果がでるとは思えないです。

 レス 投稿者:ドン 投稿日:2020年05月10日 (日) 08時05分59秒
掛布の意見はプロ野球ファン全体からみれば圧倒的な少数派だと思いますよ。
近鉄がなくなる騒動の時に10球団にするという意見に圧倒的に反対が多かったですから、プロ野球ファンが支持することはあり得ません。球団数を増やすことに賛成するファンはいてもその反対の意見の人ははほぼ皆無に近いでしょう。

広島空港の不便で移動が難しいという話が出てますが、人口が減っていく日本だけでこれ以上球団数を増やすとなかなか収益の面で難しい部分があります。ということで個人的には台湾から4球団入れて16球団制を支持したいですね。

 (無題) 投稿者:ユウ 投稿日:2020年05月08日 (金) 20時56分09秒
https://news.yahoo.co.jp/articles/32cfde0dccdf00db282d59acad42cf77e973ba1d

掛布さんは逆に2球団減らしてもいいと言っています。言っていることは間違っていないのかもしれませんが、球団が減るとそこのチームのファンは基本的にはプロ野球を見なくなると考えた方がいいでしょう。近鉄が消滅して違う球団のファンになることは稀と思っておかないといけません。ブルーウェーブファンも同じく。

球団を作ることには賛成ですが、問題は移動がスムーズに行えるかどうか。そういう意味では広島が足かせとなっています。もちろんカープが足を引っ張っているという意味ではなくて、広島市内にない広島空港へのアクセスが最悪であるからなんです。新潟に球団を作れと言われていますが、広島空港から新潟空港への便がありません。そうなると、ここの移動には最低でも中1日を要することになり、平日3連戦からの週末3連戦という日程を組むのは不可能となります。調べてみると、さらに楽天のホームである仙台空港への便もないことがわかりました。よって、プロ野球の球団を作ると言っても、新潟はまず無理ということになりますね。

 球団数拡大論 投稿者:ドン 投稿日:2020年05月05日 (火) 09時14分42秒
基本的に球団数を増やすこと自体には賛成なのですが、実施において一番ポイントとなるのは興行としてペイするかどうかに尽きるのではないでしょうか。昔は赤字でも当たり前という世の中でしたが、今はどこの球団も球団単体で黒字化を目指すのが流れになっています。現在プロ野球球団のない地域となると、北陸や四国、沖縄などが候補にあがるでしょうが、おそらくこれらの地方にプロ野球球団を創設したとしても興行的には成立しないのは見えており、そこが球団を増加させるための最大のネックになります。プロ野球球団の本拠地なら周辺都市合わせて最低でも200万人以上というのが条件になるそうですが、国内でこの条件を満たせる都市はもう存在しないのではないでしょうか。

日本国内に無理にプロ野球球団を創設するより、台湾野球の4球団をNPBに組み込んでしまう方がまだ現実的ではないかと思っています。



 プロ野球再開時期 投稿者:ドン 投稿日:2020年05月05日 (火) 09時04分13秒
プロ野球、6月中の開幕厳しく 球宴も微妙、緊急事態宣言延長で
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050400517&g=spo

今年は事実上シーズンが成立しないことが確定的になりました。オールスター・交流戦・CSシリーズなどをすべて中止したとしても野球協約に定められている120試合以上の実施は不可能でしょう。7月から11月の5カ月間じゃダブルヘッダーの試合をしまくったとしても120試合以上実施するのは不可能でしょうからね。

さらに難しいのが戦力外通告やドラフトですよね。今年事実上ほとんどプレーする機会がなく解雇される選手が大量に出ることは避けられない状況です。一年限定で支配下選手数を増やすなどの措置を行うとともに、来年の選手の年俸総額のカットも行われるでしょう。ドラフトもスカウト活動が事実上停止状態で、選手の見極めに各球団苦心しているようでおそらく今年は指名数が相当少なくなるのは避けられないのではないでしょうか。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2020年04月29日 (水) 21時46分58秒
>もし仮に、四国に1球団作るなら「四国パイレーツ」にして欲しいなと

確か現在もマンダリン・パイレーツという球団があったような・・・
それだったら四国ピーナッツの方が面白いと思います。アメリカにはペンギンズだとグリズリーズといった動物の名を模った球団が存在します。まぁ愛媛なら“ピース”にヒントを得て愛媛ホワイトベアーズでもいいような気もします(笑)

来年の五輪のための追加負担が数百億掛かると言われていますが、こんなことしたところで東京と一部の業界の利益になるだけで効果も一過性にすぎません。プロ野球を地方に創設するとなると日本全国に恩恵が行きわたるだけでなく、効果も持続してゆきます。そして沈み込んだ日本人の心の中に将来への希望をもたらすことになるでしょう。
私は必ず実現すると確信しています。少なくとも五輪を誘致するよりはるかにハードルは低いだろうし、現在東京在住の地方選出国会議員が全員立ち上がれば間違いなく実現します。休日返上で補正予算編成にいそしむ覚悟があれば間違いなく実現します。

 夢のある話し 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2020年04月29日 (水) 19時02分23秒
新しく球団が増えるというのは、夢のある話しですよね。
もし仮に、四国に1球団作るなら「四国パイレーツ」にして欲しいなと。
昔、千葉にロッテが移る時に球団名の募集があった時に「パイレーツ」と
「ピーナッツ」というのを応募したことがありました。

 リーグ再編 投稿者:シロクマ 投稿日:2020年04月28日 (火) 21時04分51秒
政府も球団拡張案に賛成だと言われているようだけど、プロスポーツに限らずスポーツ界全体が休止している今だからこそ話を前に進めるべきでしょう。個人的には3リーグ18球団が理想だと思っていますが、現行の12球団を3リーグに分ける案は理解できないしつまらない。
ぶっちゃけ中日ファンからすると益々存在感の低下を招きそうで本来なら迷惑な話なのだけど、こういう時代だからこそ前向きで夢のある本気の話を世の中に提供するのがプロ野球の役割なんだと思います。
今は大してやることないんだから、話を進めておいて世の中が正常化したら実行に移す。世論も間違いなくついてくると確信しています。

 (無題) 投稿者:sun 投稿日:2020年04月27日 (月) 20時18分37秒
振り分けるならこんな感じでしょうね
巨人とヤクを反対にするかしないかぐらいですね調整するなら
東京に2チームあるので分けた方がいいと思います、まあこういうのは無いと思いますが・・・

福岡・広島・阪神・オリ
中日・ヤクルト・西武・千葉
横浜・巨人・楽天・ハム

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2020年04月27日 (月) 17時05分02秒
あ、どうもお手数かけました。週刊実話でしたか。私の守備範囲を超えていました。まあ思考実験としてはおもしろいですね。が、現時点ではちょっと正攻法で論ずる対象ではないかなという気がします。

 (無題) 投稿者:ユウ 投稿日:2020年04月27日 (月) 16時48分15秒
https://www.excite.co.jp/news/article/Weeklyjn_22413/

ソースはこれになります。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2020年04月27日 (月) 15時27分26秒
 というか手拍子でレスしたんですけど、ニュースソースが見当たらないんですよね。はて。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2020年04月27日 (月) 15時19分04秒
 単純に移動時間で縦割りしたんじゃないですかね。西日本の4球団をまとめることに意味があってそれ以外はいじる必要が無いということかと。巨人とヤクルトを札幌宮城まで行かせるとなると、平常時より移動時間が長くなってしまうわけですから。

 (無題) 投稿者:ユウ 投稿日:2020年04月27日 (月) 12時26分11秒
今年だけ3リーグ制にするかという案が出ているそうだが、何故その1つのグループが巨人、ヤクルト、DeNA、中日なのか。どうせ巨人らが札幌や仙台まで移動したくないとわがまま言ったんだろうと安易に想像できます。普通はセリーグとパリーグ2球団ずつにして、巨人、ヤクルト、日本ハム、楽天とDeNA、中日、西武、ロッテにするはずなのに。こういうところからしても、セリーグはパリーグに勝てない、勝つ気がない要因かなと思ってしまいますね。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2020年04月24日 (金) 09時20分22秒
 やるかやらないか、あるいはやれるかやれないかという話は置いておくとして、もしやるならJリーグと歩調を合わせる必要があると思っている。それは危機管理上の都合として、NPBが悪目立ちして批判の対象として孤立することを避けるため。

 (無題) 投稿者:sun 投稿日:2020年04月24日 (金) 00時09分02秒
無観客でやるのはいいですが土日はデーゲームでできるだけ野外でやった方がいいですね
中日ならナゴヤ球場で巨人なら神宮か横浜を借りる方法もあると思います


 関根さん 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2020年04月10日 (金) 23時37分20秒
関根さんがヤクルトの監督の時に長嶋一茂さんが入団して、野村さんが監督になって一茂さんがトレードされたのが印象に残っています。巨人戦の解説の時に「坂本って誰?」と言ったり、王さんが胃ガンで入院した時、「ホークスが頑張ることが供養になります。」とコメントしたエピソードもありますが・・・個人的には元プロ野球選手には見えないダンディーなイメージの方でした。合掌。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2020年04月10日 (金) 09時10分43秒
関根潤三さん老衰で死去、93歳 都内病院で静かに…二刀流で活躍、監督としてヤクルト黄金期の土台築く
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/04/10/kiji/20200409s00001173519000c.html

 そろそろ戦時中に成人もしくは成人に近い年齢だった人たちがいなくなりつつある。社会的な意味でそこにいろいろな意味を考えることは出来るけれど、ここでは単純に知っている爺さんがまた一人あの世に行ってしまうことを惜しみたい気がする。切り口はいくらでもあるけどやはり投打で結果を残した異能の人である点を記憶しておきたい。粋で、同時にシニカルな目線を持った評論家。解説者ではなく評論家だったと思う。言葉を持っていた人。合掌。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2020年04月06日 (月) 22時45分53秒
山下は高卒新人としては2軍でよく打ちましたが、まだそれだけの選手です。走守に秀でているわけではないですし、巨人だろうと中日だろうとまだまだレギュラーは遠いですし、よくいる期待の若手で終わる可能性も十分です。また、京田の最大の武器は今や球界随一とも言われるショートの守備力です。坂本がいるとは言え、セカンドでのレギュラー獲りを想定する意味がありません。

巨人の問題は投手のドラフトに当たりが少ないことで、そこに改善がないまま、投手にウェートを移し指名を増やしたところで、今度は野手が手薄になるだけです。投手は野手より比較的当てやすいものですが、投手は野手以上に消耗品の側面が強いので、指名し続け当て続ける必要があります。そう考えれば、投手補強が野手補強より簡単だとは言えません。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2020年04月06日 (月) 01時18分20秒
巨人の場合はスカウト以上に育成する環境としては選手にとっては過酷すぎる環境にあります。移籍で大物がいくらでも入るのだから入団してくる選手にしたらたまったものではありません。これが巨人の宿命だと思いますが。
例えば山下が中日にいれば現状の外野のメンバーを見てもほぼ確実にレギュラーに到達できるでしょうが、巨人なら期待の若手で終わる可能性もあります。京田と吉川尚の違いにも触れましたが、京田が今の巨人でセカンドのスタメンを勝ち取れるかと言われれば非常に厳しいと言わざるを得ません。確かに投手に関しては最近の巨人は苦戦続きですが、それでも最近の野球は野手優先なので、野手陣に余裕のある間は毎年優勝を狙えるだろうし、今後野手優先から投手にウェートを移すだけのことだと思います。私に言わせれば投手の補強なんて野手の補強の困難さに比べれば易しいものです。

[1] [2] [3] [4] [5]



| 特設掲示板 |

Contents Copyright © 2002-2003. by Message from the white ball All Rights Reserved.
編集・発行 / ララ物資
ベーススクリプト KENT WEB