_

ホームページ > 特設掲示板  

■  特設掲示板  


□ 掲示板

 テーマは 「 プロ野球とその周辺のすべての話題 」 となっています。

 

 ── 利用規約
・ 常識に従って自由にお楽しみ下さい。
・ 常識の範囲は管理人の恣意的な判断によって決定させていただきます。
・ 管理人は管理権限において注意・警告を行うことがあります。
・ 管理人は注意・警告を経ずに投稿削除・投稿制限などを行うことがあります。
・ なおすべての規約内容は管理人の一存で改廃することがあります。



お名前(ハンドル)

メールアドレス

タイトル

コメント

URL

※重要!
:チェックを入れてから投稿してください。

 



・ 最近200件の投稿から40件ずつ表示されます。それを超えると古い投稿から過去ログに収録されます。
・ 投稿されてから2時間以内の書き込みには の画像が表示されます。
・ 引用符として > を文頭に付けると、つづく文中の文字が このように 太字で表示されます。
 (無題) 投稿者:チョロ 投稿日:2018年10月18日 (木) 10時36分58秒
与田新監督、組閣動いた 伊東勤さん・中村武志さんが浮上:ドラニュース:中日スポーツ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201810/CK2018101802000120.html

実際に来るかはわかりませんが、もし伊東をヘッドで招聘できたとしたら、森繁和はさすが根本陸夫の直系だと思わせる案件ですね。

井上一樹に関してですが、2軍日本一の実績とはいえ1年だけですし、落合黄金期で選手層が厚かった時代だったというのは無視できないでしょう。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201810/CK2018101802000120.html


 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2018年10月18日 (木) 10時16分55秒
 吉井は傍から見たら仕事してないように見えるかもしれません。雑誌のインタビューでコーチが教えたことなんてその場はできたとしてもすぐに忘れてしまう。大谷の指導も、間違ってるな、と思っても何も言わなかった。そしたらやはり気が付いて正しい方向へ変えてくれた、とのこと。マイナー式かもしれません。選手の方から質問されたらきちっとアドバイスできるように観察はしておくという。

 阪神のコーチングスタッフは苦しいことになりそうです。平野、香田、良太あたりは要らないと思いますが契約解除することもできないようでファームの打撃コーチ、メインが良太と日高?などもし根尾が入団でもしたら指導はどうするのでしょうか。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年10月18日 (木) 00時35分06秒
土井森脇は優秀な人であることは認めますが他はどうでしょうか?また井上、中村が優秀でないとも言えません。井上は二軍監督として日本一に貢献してますし、中村も中日ロッテ韓国など様々なところでキャリアを積んでいます。管理人さんもおっしゃるようにマンネリ化避けるためにも生え抜き系のOBとしてチーム愛をもって支えることは可能だと思います。
実は私は来期の中日コーチ人事に対して大きな期待をしていません。なぜなら誰がやっても低迷することは間違いからです。そのどん底の環境の中から選手と一緒にコーチも成長していけばよいのであって、その中から明日の監督や名コーチが生まれてくることを期待したいのです。とにかくこれまで指導者の育成の方も外部に丸投げし過ぎました。伊東監督プランなんて主権の放棄とも取れる丸投げの極みでした。そういった悪しき文化を葬り去ることに今は期待しています。どんどん戻って来い!中日の大物OB達よ

 072072 投稿者:sun 投稿日:2018年10月18日 (木) 00時16分20秒
土井・近藤に加えて長嶋・森脇も退団ぽいですね
仕方ない面もありますが、森脇だけは残して欲しかったと思います。

ちらほらと井上や中村の名前が出ていますが、そんなに悪いメンツでないと思いつつ、この二人が真っ先にでる地点でOBの質の低さがうかがえます。個人的に前の高木監督時にコーチをしていた今中の入閣に期待しましたが、本人が否定(阪神とともに)正直、かなりまずい人事(与田に決定権)になりそうな不安でいっぱいです

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月17日 (水) 17時32分06秒
【日本ハム】吉井コーチが退団「球団の方針として今季限りで…」
https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181016-OHT1T50281.html

 なんだかまわりくどい表現。一般論としてコーチは一定期間で交代するべきだと思っています。とくに投手コーチと打撃コーチのばあいですが、同じコーチの同じコーチングで得られる結果はどうしても一定の偏りを生みます。もちろん配置転換という手もあるし、有能な人材を抱えておきたいという意味では交担当コーチを増員することで選手のがわにとっての選択肢を増やすという手もあるでしょう。要は監督を含めてベンチがあまり固定化されるのは危険だという話なのですが、おそらく吉井もそのへんを感じ取った日本ハムフロントお得意の一手先を読む人事なのかもしれないとも思えます。前回は栗山監督との対立の結果でした。今回はそうではないと云いたいんだと思います。吉井は良くも悪くもクセがあります。吉井のおかげで育った投手もいるかもしれないけれど、あるいは吉井のせいで出てこれない投手もいるという評価なのかもしれません。

 付け足し 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年10月16日 (火) 21時40分31秒
山本昌を監督候補に加えることにしました。理由は去年までの即戦力志向の考えを改め、今年のドラフトは1位から3位まで高校生野手を指名したらいいと公の前で発言したようなので考え方を改めることにしました。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年10月16日 (火) 21時37分30秒
阪神は金本は辞めて良かったですよ。ただし後任の矢野はどうなのか?私の持論では投手と捕手は監督に向いていないです。なぜなら最近の攻撃重視の流れの中で投手出身の監督は工藤だけ。それも戦力の充実したソフトバンクだからこそ許される事情があるように思えます。捕手出身者といえば古田、谷繁、伊東、梨田・・・弱いチームばかりを率いていますが彼らが失敗に終わった理由はそれだけもないような気もするのです。
阪神は2軍で実績を残した矢野の登場だけに期待を持ちたくなりますが、監督就任会での頼りなさげな印象が少し気になる所ではあります。捕手出身監督受難の時代を切り開いてゆけるのか注目です。

中日コーチ>

ヘッド格には井上がいましたね。井上なら与田とドラフトの同期で2軍監督時代に結果も残してますし、人望、地元ファンの人気もあります。ただ井上があると勝手に予想しても、あと最低もう一枚地元在住の大物OBが必要でしょう。山本昌山崎川上あたりが候補となります。この中で川上は一番若くて天性の明るい性格に頭脳明晰さを兼ね備えているので将来を期待したいですが、今は全国への売り込みの方が先かも知れませんね。となれば監督への野心を隠さない山本昌と山崎の二人でしょう。この中でまず与田と同級生の山本昌を入閣させて次世代の監督候補として経験を積ませたいです。荒木、森野に井上と山本昌が入れば地元ファンからの支援も容易となります。
なにせ与田が中日にいたのは遥か23年前で、今や20代は与田が中日OBであったことさえ知らないのですから・・・

立浪はいつか掛布のように復帰できる時が来るかもしれませんが、どこの世界にも立浪も桑田のようにどんなに優秀でも信用されないこういう人はいる者です。ならば彼らとしてもそれなりに生活が成り立つのだから、外から存在感を発揮してくれたらいいと思います。例えば大学のコーチになるとかいくらでも方法論はあると思うんですよ。
ただし桑田みたいに『東大生は頭が固い!』など訳の分からないことを言い出して東大のコーチを辞任した途端に、チームが勝ちだすなんていう無責任な終わり方だけは避けねばなりません。これでは墓穴を掘るだけの結果で終わってしまします。

 (無題) 投稿者:??? 投稿日:2018年10月16日 (火) 19時33分57秒
しかし金本辞めても、ネチネチ批判を言い続ける惨めな奴がいますねえ。

 (無題) 投稿者:さんぷー 投稿日:2018年10月16日 (火) 18時27分23秒
先に引退した大物OB達を差し置いて朝倉なんかがコーチに収まってるわけですし、荒木がコーチに就任するようですから、中日としてOBを指導者に起用する気がないわけではないでしょう。単に、大物OBであるほど、現役中の蓄えや解説の仕事などで生活に困りませんし、加えて、今の中日のゴタゴタに呆れているために、コーチの仕事に飛びついたりしないのだと思います。

長く中日に影響を及ぼした星野も亡き今ですから、派閥関係なく人事をやって欲しいものですが、白井オーナーが居なくなっても立浪の中日入りは無いと思います。あの過酷だったPLで監督からも先輩からも唯一殴られなかったこと、通算安打数で歴代ベストテンに入るほどの大打者でありながら引退後にどこからも呼ばれないこと、これらの事実は、彼の抱える闇を物語って余りあります。性犯罪やら不倫やら薬物やら野球賭博やらヤクザやら、立浪の疑惑やスキャンダルは多すぎてにわかに思い出せないほどです。立浪のあれこれに比べれば原の1億円スキャンダルなんて可愛いもの。中日ファンとして残念な気持ちもありますが、立浪は指導者として表に出てくることはないと思います。ユニフォームを着ていた時はプレーと言い態度といい完璧だったのに残念なことです。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月16日 (火) 18時20分04秒
 小笠原を監督候補として考えるならヘッドコーチへの配転がもっともわかりやすいかたちですね。森脇はベテランだし経験も実績もあり、しかもしがらみがないという意味で悪くありません。ただタイミング的にやや微妙で、森監督はかなり早い時期から退任を覚悟していた可能性が高いので、外様の職業コーチの連中には内々に職探しをするように云っている可能性もあります。そうするともうどこかに決まっていたって不思議ではないでしょう。将来の監督コーチを育てるという意味では二軍監督をどうするかが重要です。森野とか荒木といった内野手出身かつ実績十分の生え抜き組をいまのうちに仕立て上げるというのは一案です。

 (無題) 投稿者:白色彗星 投稿日:2018年10月16日 (火) 11時51分09秒
 与田なら森脇をヘッドで残しておくのが良いと思いますね。森脇は良い意味で流浪の雇われコーチなので、与田と喧嘩することも無さそうです。
 腹心なら中村武志の復帰でしょう。あれ?韓国でコーチやってるんでしたっけ??

 中日 投稿者:チョロ 投稿日:2018年10月16日 (火) 10時48分14秒
白井オーナーが90歳ということもありますし、黙っていても立浪はじめOBが現場復帰する日は遠くないでしょう。

吉見は関西出身なんですよね。阪神はさすがにないと思いますが、先輩金子がいるオリックスはもしかしたらあり得るかもしれません。

ヘッドコーチは森繁が球団残留なので、そのまま森脇を残すか、小笠原を上げるのが望ましいと思います。ヘッドに限らず与田の腹心的存在はもちろん必要でしょうね。鈴木孝政は論外です。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2018年10月16日 (火) 10時35分19秒
 緒方も相当に研究熱心みたいですね。緒方の嫁が言うには家にいてもデータや映像見たりするばっかりで一体いつ寝ているのか分からない、とのこと。「名選手は名監督にあらず」はその野球に対する姿勢のことを言うのが大きいのでしょう。
金本の最後の言葉「こんなに選手一人を育てるのが大変だとは思わなかった」にはマジで勘弁。監督は選手の野球人生背負ってる。

 いろいろ 投稿者:オグリB 投稿日:2018年10月16日 (火) 08時37分23秒
●中日
ヤクルトで優勝したのが古田でも飯田でも池山でもなく真中、広島で野村の跡を継いで優勝したのが江藤でも前田でもなく緒方であることを考えると、有名なOBでなく三番手、四番手の選手でもエイヤで使ってみるといいこともありそう、と思います。井上とか渡邉博とかそれこそ英智とかでもいいのでは。

●巨人
メルセデスがフル回転して、菅野にもうひとり好投すればCS勝ち抜けも、という色気が見えてきましたね。それはそれとして、来季はメルセデスを後ろに回してメルセデス、ヤングマン(マシソン、アダメス)、山口で後ろ3イニングを固めるのはどうでしょう。今年の打高傾向が来年も続くなら、とにかく後ろを厚くするのが重要だと感じます。その代り畠を先発に戻せばローテはなんとか埋まるのでは。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月16日 (火) 01時41分06秒
 投手出身の与田のヘッドに同じ投手出身の鈴木孝政というのはちょっとあり得ないというか、たぶんそういう前例は私の記憶では無かったように思えます。ヘッドコーチは原則として内野手出身が第一選択です。OBであることよりそのことが優先されるべきでしょう。

【中日】吉見、国内FA権行使も「年齢的にもラストチャンス」
https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181014-OHT1T50298.html

 吉見ですが、余計なことをせずドラゴンズに残留したほうがいいでしょう。故障歴、年齢、成績動向などあらゆる面でまずろくなことになりません。せっかく少し持ち直してきたことを大事にするという意味では、環境は変えない方がいいはずです。だいたい声がかからない可能性のほうが高いでしょう。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年10月15日 (月) 21時50分08秒
ドラゴンズはこれまで星野や落合の独裁体制が災いして。有力OBが育っていません。
与田に限らず、谷沢、大島、落合英、山本昌、山崎、川上、和田・・・彼らが誰一人として入閣すらできていない現実をどのように思われますか?
球界を見渡しても外様が実権を握り続けるチームは新興の楽天やDeNAくらいです。新興の西武でさえ辻や渡辺を中枢に据えてOBによるコントロールがされいるのに、老舗の中日が森に伊東では情けなさすぎます。

こういったOBが育っていない異常な環境の中で、激動の球界をしぶとく生き残るためにもOBの再結集こそが求められていると考えます。高木や鈴木孝政に限らずシンボリックな存在であれば誰でもいいと思いますが、ほかに見当たりませんね。山本昌あたりを球団の象徴として祭り上げるのも一つの手かもしれませんが、彼には裏方で汗をかいた経験がないのでまだ無理でしょう。

 高木守道。。。 投稿者:nao 投稿日:2018年10月15日 (月) 21時17分12秒
ドラゴンズファンの私ではありますが、この名前はもう正直聞きたくありません。。。
ドラゴンズ凋落の大きなシンボルのような存在だと感じているので。。。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年10月15日 (月) 21時01分06秒
矢野新監督誕生のご祝儀として吉見あたりはどうですかね?

中日森SD就任>

ポイントは森には人事権も決定権もないということです。つまり単なるアドバイザーにすぎないという事です。
だいぶ見えてきました。自身が推した小笠原の格案が却下され伊東案を提案したものの、さすがにこれにはOB連中が黙っていなかった。与田案も具体的には急遽10月に浮上してきたやっつけ人事でした。現状監督候補者の有力OBも閣内から去り肌肉の策の人事だったのでしょうが、これもチーム正常化の中での一つのプロセスです。森は好きな人間だし功労者でもありますが、あまりにもパリーグ色が強すぎて指導者の育成に関しても後手に回り過ぎました。チームを下支えしてきた外国人補強などの面で短期的には苦戦すると思います。吉見の件も影響しているのかもしていませんが、あまりにも長い目で見ればOB中心のチーム運営は好ましいことでもあります。

ファンやOBの覚えの良くない与田新体制を支えるには番頭の存在が大切となります。この肝ともいえるヘッドコーチにはに私なら鈴木孝政OB会長を推します。鈴木は与田と同郷の千葉出身で背番号29の直接の継承者でもあります。こういった数少ないチームでの縁を頼りに球団内外ににらみを利かせておいて、仕上げに高木守道氏を最高顧問に据えます。歴代のOB会長を閣内に担ぎ出すことで、与田に批判的な勢力を黙らせることが可能となります。

私は与田に何のシンパシーも感じていませんが、それでも火中の栗を拾うことになる与田にはじっくりと長期的に戦う環境を与えたいのです。決して目先の勝利に拘るよなことだけはして欲しくはないのです。そのためにも中日OBが一体となってチームを盛り上げていく必要があるのです。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月15日 (月) 14時01分36秒
阪神矢野監督が誕生!正式に受諾の意向伝える
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810150000362.html

 決まった以上、矢野という選択についてとやかく云うのは避けます。おそらく二つのテーマがあります。まず金本の失敗を繰り返さないということと、金本政権3年間のプロセスをムダにしないということ。前者はやはり強引なチーム運営をせず、いまの若い選手の気質を配慮したリーダーシップを意識する必要があると思います。けっきょく藤浪の再生ができるかどうかです。それが金本との違いを明示するわかりやすいメルクマールになるでしょう。そのうえで目指すべき到達点は前監督と基本的に共通です。とにかくチームを若返りさせる。しかし同時にそれなりに勝負にもこだわっていく。皮肉なことに金本が最下位で辞任してくれたのでハードルは思いっきり下がりました。来年はAクラスに入ればじゅうぶん合格だと云えます。そのためにはやはり補強は避けられません。やはり若手には風よけが必要です。しかし糸井も福留も、ましてや鳥谷も風よけになれるほどの余力は残っていません。これは監督というより球団の問題ですが、私はこの部分はとうぜん就任に際しての条件として話し合われたであろうと思います。それとこれはたぶん無理でしょうが、後任の二軍監督には掛布を戻せばいいと思います。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2018年10月15日 (月) 11時09分57秒
 矢野のように何度も名前変える人は運気を広げたいということだろうから断る選択はまずないだろうと思っています。ただ金本のヘッドだった手前、悩むポーズをする必要なので。思えば金本のヘッド要請に悩んだ末に受け、掛布のことがあってファームに行けた事や今回ヘッドに戻らずに済んだこともツキまくってる。内野に目途が立ったことや若手投手に希望感もある。
 ファームの若手の投手達が地味な練習を表情豊かに練習していたのが印象的だった。藤浪もファームにいる時は楽しそうに投げている。金本とは全く違った雰囲気で練習や試合に臨めることを望む。
 

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月15日 (月) 06時23分40秒
阪神・矢野2軍監督語る「球団やチームのこと考えたら、時間もない」
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181015/tig18101505040007-n1.html

 この騒動の事後処理のなかに進退が織り込まれてしまうということもそうだし、これだけ散らかっている状況であえていまならなくてももっと時期を選びたいというのは人情です。ただ監督は自分がなりたいときになれるものではないわけです。監督オファーを断って、結果としてならずじまいで終わった人もいます。球団もこれだけ矢野で決め打ちしたあとでほかの人にオファーなんて出せませんし、もし断られたらワンポイントリリーフが考えられます。それではもう1年ムダにするのと同じですことです。矢野にしてもここでもし断ると阪神とは縁遠くなる可能性もわかっているでしょう。ニュアンスとしてはどうも受けることに決めている様子ですが、即答して球団を喜ばせてやる必要もないし、確認しそびれが出ると嫌だということなんだと思います。球団がなにか詰めでしくじらない限り決まりでしょう。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月14日 (日) 12時55分38秒
ロッテが丸を調査 今季FA最大の目玉…4年20億円で“勝負”
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181013/mar18101305030001-n1.html

 いま丸が広島を出る必要があるかといえばたぶんありません。勝ちに飢えているわけはないし、たぶんこのクラスになれば残留しても金銭的にもそれなりの額になるでしょう。FA移籍で大型契約を結べばもちろん額面は増えるでしょうが、カープのフランチャイズプレーヤーとしての長期的な利得を含めれば吸収できてしまうていどの話です。ただ丸は夫妻ともに千葉出身で、かつ子供が学齢期直前ということで引っ越しできるギリギリのタイミングということがあります。ここでもし夫人が実家に近いところに住みたいと云いだしたらどうなるか。これは難しいところですが、たとえば巨人に移籍したらこれはもうただの傭兵です。しかしロッテならたぶん将来の監督候補という話だって出てくる可能性があります。首都圏の衛星都市である千葉には自前のマスコミがほぼ無いと云っていいでしょう。広島のように引退後は地元ローカルで悠々自適という人生設計がは白紙になります。生活コストも広島だと首都圏の約半額だそうです。広島残留とロッテ移籍ならどちらを選んでもたぶんそんなに大きな失敗にはならないでしょう。ただ巨人だと落とし穴にハマるかもしれません。どう転ぶでしょうか。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月13日 (土) 10時01分00秒
 おっしゃることもわかるのですが、ただ綱引きの結果どちらかが勝つのかはほぼ自明の理ですから、多少の意味があるにせよそれは限りなくミニマムであろうというのが私の見方ですね。外国人といえばメッセンジャーが来季日本人扱いとなり残留決定とか。こうなるといよいよ外国人の出来がカギを握ることになります。ロサリオなんですが、どうも金本や片岡とあまり相性が良くなかったという話も聞きます。値段が値段なのであえて延長オプションを行使するという選択肢はないとは思いますが、外国人は2年目にガラっと変わることもあるのでそこは踏まえるべきでしょう。

 高橋監督がもしまかりまちがって日本一にまでなるようだと来季の原監督はたいへんでしょうね。たいへんなのは巨人だけではなくNPBもでしょうが、まあそんなことはまず起こらないこともわかっているし、巨人ファン的には生ぬるく見守っていくのみです。

 いくつか 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2018年10月13日 (土) 09時30分10秒
5年の契約はやや長いとも思うけど長期にするのは意味がないということは無いと思います。もし2年契約だとするとこれだけファンが騒ぐ球団だからBクラスでもなるとほぼそれで終わってしまいます。それと阪神みたいに球団と電鉄本社が綱引きする環境だとまだ契約があるからというのは継続する一つの理由になります。
 また逆に毎年、タイガースの馬鹿げた質問ばかりする株主総会ですがこれが体制変化に効いてしまっています。今年の株主総会は本来答える立場でない阪神電鉄会長(タイガース新オーナー)が阪急から指名されてタイガースの質問に答えたそうですが、このまま金本体制を継続したら来年の株主総会大変なことになるという思いが想像上の記事になってます。

 ビシエドですが代理人が阪神などにも声をかけていたようですが本人の森監督が編成で残るなら中日に残りたいという発言に好感持ちます。お金だけで動く外国人選手は移籍しても額面通り働かないイメージある。

 今日からCSですがセリーグのこの3球団なら例年ならやる気になってるヤクルト応援でしょうけど今年は高橋の意地も見たいですね。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月13日 (土) 07時20分11秒
阪神、矢野2軍監督に13日監督要請へ 異例の5年契約提示
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181013/tig18101305040002-n1.html

>どんな言葉よりも重い、5年間、アナタに任せるという意思表示。前任者のように、はしごを外すことはしない。“ノーモア金本”。その思いをひたすら伝えるしかない。

 球界における監督の任期にたいした意味がないのはもはや常識です。金本だって延長3年契約の1年目で切られました。5年契約はあくまでトータルの支払額の保証でしかありません。絶対に5年の契約年数をまっとうするというならそれこそ懲罰的な違約金でも設定するしかないでしょう。契約の総額が大事で金額が誠意だというなら話はわかります。しかし5年という年数そのものにはなんの意味もない。金本に5年計画でやってくれと云ったのとどこが違うんでしょう。契約途中で監督を切るのはべつにいいんです。見込み違いなら契約こだわって続投させても傷が深くなるだけです。ただ見え透いた長期契約が誠意になるという発想はこれはもはや無能の証です。監督に対する誠意とはすなわちバックアップ体制の拡充であり、正しく公平な能力評価です。こういう論理の外側で浪花節を唸ってそれが誠意だという発想はけっきょく誰も得しません。そろそろ阪神球団もそこに気づくべきでしょう。

 訂正 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2018年10月12日 (金) 21時29分48秒
クレバーは→クレバーな

 監督 投稿者:にゃんこ先生 投稿日:2018年10月12日 (金) 21時27分15秒
@中日・・与田さん。意外と?スマートでクレバーは良い監督になるような気がします。「努力」「頑張れ」より「準備」がモットーというのは良いですね。
A阪神・・個人的には掛布さんになって欲しいところです。
B巨人・・原さん。三度目の就任。間違いなく今年以上の成績は上げるでしょうね。
FAで、広島 丸、西武 浅村、オリックス 西選手を狙いそうですね。
勿論、岡本を中心に吉川、和田、高橋投手も使って欲しいところです。

 続き 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2018年10月12日 (金) 09時38分50秒
それと矢野(受けたとして)がフィットするんじゃないかと思うのは広角に強い打球を打つ打撃スタイルが甲子園には向いていると思う。金本みたいにHR打者でもない選手に長打を打たせようとするのはどう見ても無理がある。ただ阪神が浮上できるかはキャッチャーの表の数字には出にくい能力の問題があると思っているので矢野がどう梅野を使っていくかでしょうか。自分は技巧派もリードできるな中堅どころが必要だと思ってる。

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2018年10月12日 (金) 08時40分29秒
 店経営している阪神OBの話によると金本の金への執着心は物凄く,本人が自分からは絶対に辞めないと言っているとのこと(現役時代の話も良いものではなかった)。そして掛布の場合は(ずっと離れていたから)コーチ陣が集まらないだろうといっていた。
 初めに金本に提示した契約は南社長時に3年から最大5年だったようだが金本が2年契約を主張しその後3年間、こんなに監督有利な契約を結べたのも南がいなかったからだと思っている。初めからそのストーリーを描いていたのかもしれない。
 矢野については金本に近い部分もあるけどそうでない部分もあると思う。メリハリをつけるというか練習は真剣だが人として成長して欲しと若手に接しているところに好感持てる。もうハードな筋トレ強制することもないだろうから高山など自力で這い上がってくるしかない。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月12日 (金) 07時16分38秒
 矢野が本命候補というのはまあファーム日本一監督にもなっているし、ここまでの3年間の試行錯誤を理解したうえで軌道修正ができるであろうという判断に基づいた人選なんでしょうね。私自身は矢野には金本とやや共通する人格的傾向があるように思うのと、そもそも今年の最下位転落にこそ直接の責任は負わないものの、金本政権3年間のトータルの責任論で云えば監督と連帯責任を取るべきはむしろ片岡ではなく矢野ではないかという気がしてちょっと腑に落ちません。そもそも盟友が辞任ならともかく解任されたあとで請けるかなぁという疑問も残ります。たぶんこれから正式オファーなんでしょうが、いずれにせよ時期的にはもう外部招へいがしにくい時期なのも事実です。そう考えるとやはり矢野が本命でおそらく金本の残り任期を引き継ぐかたちで2年契約ってところですかね。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月12日 (金) 07時01分16秒
「しんどかった」阪神・金本監督が辞任…球団から勧告 矢野新監督最有力候補
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181012/tig18101205050015-n1.html

 時系列は微妙なところですが、事実上の解任であろうという見立ては阪神贔屓な野球ファンさんが正解でしたね。

>“解任”の側面が色濃い退陣劇だった。複数の関係者の話を総合すると、前日10日には谷本球団副社長兼本部長らがフェニックス・リーグが行われている宮崎に飛び、金本続投を大前提に来季組閣に着手。その一方で揚塩社長は電鉄本社に呼ばれ、今後の監督人事について意見交換を重ねていた。甲子園でのDeNA戦後、揚塩社長はクラブハウス内で金本監督を呼び出した。

 つまり球団サイドの続投方針と阪神電鉄サイドの意思決定が微妙に食い違っていたということですね。現場に近いフロント幹部は来季に向けてすでに動き出す一方、社長は上から実質的な圧力を受けておそらく金本をなんとかせよと通告されてしまった。

>最下位まで落ち、本拠地での観客動員数が昨年より約13万5000人減。ファン離れは顕著で来季に向けての期待感を醸成しにくい現状を踏まえた上での会談だった。今季から新たに3年契約を結んでいた金本監督は、試合前の辞任の意向については「なかったです」と否定。関係者によると、試合後の面談は事実上の“辞任勧告”ともとれる状況で、無言の外圧を感じて自ら終止符を打つことを決断したというのが真相だ。

 個人的な後援者サイドのアドバイスなのではないかと私は想像したのですが、じっさいには親会社のおそらく上層部の意向。最下位という文字面が堪えたのか、要するに暗黒期突入への危機感において阪神電鉄サイドがよりそれを強く感じていたのだと思います。一方で副社長とのあいだではおそらく和田招へいなどを前提とする組閣が進んでいるなかで、社長としては解任ではなく辞任を飲ませるために相当苦心したんじゃないでしょうか。解任ではなく辞任であるという体裁が双方にとって正解だということを噛んで含めたのか、まあやはり金銭面でなにか合意があったのか。ただ例によって各紙にこうして裏事情がさっさと出てくるあたり阪神も毎度同じだなぁという感想は否めません。

 金本監督 投稿者:アキラ 投稿日:2018年10月12日 (金) 00時27分54秒
やはり甲子園での勝率の低さが最大の敗因でしょうね。
シーズンの半分を過ごすホーム球場を苦手としているようでは優勝なんて無理でしょう。
ホーム球場に適したチーム、選手を育てなかった金本監督の方向性問題があっただと思います。
三年間かけて壮大な実験していたようなものですが、その結果は無残なものでしたね。
希望があるとすれば、陰湿だった金本監督の重しがとれて、来年は若手がノビノビとプレイできるかもしれないってことかな。

 阪神 投稿者:オグリB 投稿日:2018年10月11日 (木) 23時26分25秒
阪神は、何だかんだ言って夏まではAクラスの目も結構濃厚に残っていたのに、急に崩れてしまいましたね。北条の離脱ってそんなに痛かったのでしょうか。藤浪が頼れなくなってしまったので、ローテが揃っているようでここというときに頼れる投手がいないという状況にもなりました。その辺が小川の復活してきたヤクルト、戦力のグダグダ感では大差なかったのに菅野が残っていた巨人との差ですね。さすがにメッセンジャーにも多くは期待できませんし、来年もこの表ローテの柱不足が解消されないと、いくらトータルのチーム防御率が良くても、なかなか苦しいと思います。

 (無題) 投稿者:シロクマ 投稿日:2018年10月11日 (木) 20時39分06秒
与田監督誕生で思わぬ余波があるかもしれません。亜細亜大学は先輩後輩の絆の深い大学だそうで、たとえチームは違えど現役時代に同じユニフォームを着ていなかったとしても進行があるそうです。現在中日の打撃投手を務めている久本も何かにつけ与田と連絡を取り合うことがあるそうです。
そうなると井端が浮上してきます。個人的には獅子身中の虫タイプでこのまま永久に外にいてくれることを願いたいのですが、与田監督誕生と高橋監督辞任とがうまく重なり合うどさくさに紛れる形で、まんまと中日復権を果たす可能性もあります。井端に関しては現首脳の中でも一定のアレルギーが予想されますが、そこは与田が監督になるほど混乱の続いている中日としても背に腹は代えられないという事になるやもしれません。

阪神ファン>

おめでとうございます?阪神の躍進を抑えていた金本の存在を排除できたのは朗報だと思います。後任には掛布を推します。矢野でもいいですが、最近の阪神の礎を二軍監督として築きあげた掛布に任せるのが一番だと思うからです。
今年のオープン戦でのこと、すでに退任していたはずの掛布退任のあいさつでの満員のファンの声援が忘れられません。志半ばで現場を去るけれども、観客にはだれが今の阪神の功労者であるのか分かってるんだなぁと感じた瞬間です。
ビシエドが加入したら来期は立派な優勝候補でしょう。

 金本辞任 投稿者:ドン 投稿日:2018年10月11日 (木) 19時31分53秒
ちょっと予想外ですね。本当に突然本人が辞任を申し出たのでしょう。辞める気は全くないと思っていたのでさすがに驚きました。

金本阪神も二年目で二位と途中まではそこそこ順調に来ていたのですが、三年目の今年一気に最下位。特に二年目の伸びてきたと思われた若手野手がことごとく撃沈して打線が崩壊したのが致命的でした。こうなるとこのまま金本が監督を続けても阪神がいい方向に進むとは思えないですし、辞任は妥当だと思います。最下位が決まった後、球団にはひっきりなしに怒りの阪神ファンの電話が止まらなかったようですし。

金本は広島式のやり方で野手を自前で育成しようという思考が強く、若手野手の育成をしようとしたのですが結果的には完全に失敗しました。理由はいくつかあるのですが結局のところ阪神の風土が若手野手育成に向いてなかったということでしょうね。広島式のスパルタ方式で若手野手を鍛え上げようとしたのはわかるのですが、若手選手が金本のやり方についていけず思ったように伸びなかった形です。それどころか藤浪のようにメンタルが病んで成績を悪化する選手も出る始末。それでも広島や西武、日ハムのように若手野手が育て上げる風土があればまた違ったのでしょうが、タニマチの跋扈する阪神でそれを望むのは土台無理な話でした。金本の力では阪神の風土を変えることはできなかったということでしょう。前も書きましたが阪神は育成式の球団に切り替えようとするのであれば、二軍設備を関西地方の山の中に移設するぐらいの荒療治をしないと無理だと思います。

さて後任監督ですが、基本的には矢野二軍監督、岡田、掛布などOBが有力でしょう。ここで落合あたりの非OBを連れてこれるなら大したものですが、おそらくそこまでの決断はできないでしょう。後任の監督の方針にもよるでしょうが、私は阪神は野手育成はあきらめてFAや外国人を基本にしたほうがいいと思います。阪神はここ30年以上自前の野手で主砲と呼べる選手は出てきていません。赤星や鳥谷などある程度完成度の高い選手を指名して1番や3番に定着したというケースはありますが、本当の意味で4番を打てる選手は出てきていませんし育成能力も失われています。もうクリーンアップを打つ選手は外国人やFAで獲得すると割り切って、ドラフトでは1・2番タイプや投手の指名・育成に専念するのが正解だと思います。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月11日 (木) 19時13分37秒
 露骨なまでの原絶対体制ですね。まあそれはそれで云ってみれば条件なんだろうし仕方がないのですが、やはり筋論としてはとくに村田の処遇がひとつの目安だと私も見ています。一軍残留は論外、二軍配転でもちょっとあり得ないレベルで、フロント入りでかろうじて許容範囲。本来ならヘッドコーチは監督のかわりに首を差し出す役割を果たすべきで、監督が辞任しているのに生き残るのは云ってみれば生き恥です。岡崎がどこに異動するかも気がかりです。異動と云いながら異動先が明示されていない。つまりそれは発表できないからで、おそらくユニフォームを着るんだと想像します。ヘッドか二軍監督のどちらかじゃないかなと思います。

 メインの話ではないのですが、井端の進退も気になっています。高橋監督の腹心なので一緒に退団する可能性も小さくないと思いますが、残せるなら残したい人材でもあります。もっとも中日でも大きく政変がありましたし、この機会に戻る可能性もあるのかなという気もします。ただ子供がすでに小学校に上がっているのでそうなると単身赴任。なかなか微妙なところです。あとは二岡ですね。岡本躍進の立役者の一人ですから私は残すべきだと思います。ただ原の二期政権時に放出されている経緯があるので新監督に嫌われてなきゃいいなぁというところですね。

 鹿取GM退任、岡崎スカウト部長移動 投稿者:劉備 投稿日:2018年10月11日 (木) 18時42分12秒
岡崎スカウト部長の後任は東海大の後輩の長谷川スカウトとのことです。原さんの監督の引き受ける条件が全権を握ることだったんでしょうが、こうなるとかなりの遺恨が残るでしょうし意にそぐわない人間は蹴散らされるでしょう。問題は現ヘッドコーチと現投手コーチの処遇ですが原さんの小飼とはいえ監督が責任をとってるのに残留は許される話ではないと思うのですがどうなるのか?

 (無題) 投稿者:阪神贔屓な野球ファン 投稿日:2018年10月11日 (木) 18時07分50秒
 自分は退職金4億付きの解任だと思っているけど少し前からおかしな記事がいくつかで出ていたから何かあると思っていました。金本が希望した複数野手のFA補強がゼロ回答でドラフトも即戦力投手が大阪桐蔭1位指名が変わるとの記事が出たこと。少し前から見切られていた可能性ある。今年は金本の打撃指導は草々に諦め片岡らに任せたようで結果的に2軍指導などで北条、大山、梅野(広角意識)の打撃が良くなったので金本の指導能力が疑問視されたんじゃないかと思っています。新監督予想は希望含めて矢野監督、掛布打撃コーチ。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月11日 (木) 13時41分55秒
 記者会見はこれかららしいのでとりあえず現時点での雑感のみ。昨日の本拠地最終戦後の挨拶がちょっとしおらし過ぎるなぁとは思ったんです。ただ金本の人柄に対する先入観なのか、それが辞任の可能性に直結しませんでした。というのも例の動画の一件があったので、あれは辞任を覚悟した人の所作ではないと私なりに判断したことと無関係ではありません。そしていまでもその印象は間違っていなかったと私は思っていて、つまり辞任決意はかなり最近なんじゃないかと想像します。辞めさせられない球団と辞める気のない本人がいるとなればふつうはこうはなりません。個人的な後援者のアドバイスあたりでもう無理だと察したと考えるとすんなり納得できます。辞任は賛成。これ以上続けても誰も得をしなかったと思います。この結果を受けての辞任でいちおう今後への首の皮が一枚つながりました。私個人としては金本は現代のプロ野球監督としては不向きであると評価を確定させましたが、阪神でもういちどチャンスがあっても驚きません。

 後任問題。私は岡田を推しますが、ちょっと難しいかもしれません。だったらいっそのこと掛布です。掛布は金本のアンチテーゼとして価値が上がっていると思います。矢野では金本とベクトルがあまり変わりません。脈絡を無視して云えば梨田が遊んでいるし面白いかもしれません。落合に声をかけたらたいしたものだと思います。ほかに正攻法で中堅OBで誰かいますかね。噂だけで云えば古田説って毎回出ますよね。たぶん誰であっても金本よりは雰囲気を改善できると思います。その意味では後任の人選は付け足しです。金本が辞任した時点でやるべきことの8割は済んでいるとあえて云っておきます。コーチ陣ですが、金本と片岡の2人がほかのコーチたちから浮き上がっていたという話もあります。それは金本の責任であると同時にコーチたちの責任でもあります。ベンチを一新することで若手選手たちの違った可能性を追求するという意味もあります。わかるようなわからないような、でもなにかがうっすら見える混成ベンチも解体しちゃったほうがいいんじゃないでしょうか。

 (無題) 投稿者:ララ物資 投稿日:2018年10月11日 (木) 12時03分12秒
 金本辞任のようですね。詳報を待ちます。

[1] [2] [3] [4] [5]



| 特設掲示板 |

Contents Copyright © 2002-2003. by Message from the white ball All Rights Reserved.
編集・発行 / ララ物資
ベーススクリプト KENT WEB