即効性の高いストーリーが求められている

2019年4月22日

まんがでも小説でも「読者が最後まで読んでくれるかどうか?読者の興味を引き続けることが出来るか?」は重要。どうやって読者にページをめくらせ続けるか常に考えていると言ってたのは平井和正。今だと話の勢いみたいな話になるかなー。

笹本祐一さんのツイート:まんがでも小説でも……」より

 笹本祐一様のツイートを見て以前考えたことを思い出したため、文章にしてみます。

 近年のヒット作や様々な作品への感想を見ていると、アニメや漫画や小説の視聴者・読者の好みが変わりつつあるように思えます。 特にこの傾向が強いのがアニメですが、漫画や小説にも同様の変化はあります。 その変化とは、一言で言えば「ストーリーものの作品でも最序盤から大きな盛り上がりを求められる」ということです。

 この変化は序盤から見せ場を作りやすいバトルものやSF、ファンタジーもの等の作品にはあまり問題ではありませんが、 序盤に見せ場を作りづらい純粋な恋愛やスポーツをテーマとした作品には不利な傾向です。 事実、純粋な恋愛ものやスポーツものでは近年大ヒットと言える作品がほとんど出ていません。

 過去のそういったジャンルの大ヒット作としては例えば『タッチ』『めぞん一刻』『あしたのジョー』『スラムダンク』あたりが思い浮かびますが、 近年ではそういったヒット作はほとんど思い当たりませんし、仮にこれらの作品が今始まったとしても、やはり「序盤の盛り上がりに欠ける」とされあまり評価は得られない気がします。
 個人的には恋愛ものは好きで、恋愛ものの漫画がアニメ化された際にはウェブで感想を調べたりするのですが、 しばしば「2話まで観たが面白くならないので視聴終了した」あるいは「序盤がつまらなくて視聴終了しようかと思ったが、最後まで観たら面白かった」というような感想を目にし、序盤からの盛り上がりの大切さを感じます。

 アニメの視聴者に特に序盤の盛り上がりを重視する傾向が顕著なのは、アニメが基本的に無料の娯楽であることと、近年のアニメ放映本数の増加が原因であるように思えます。 漫画や小説は、基本的に有料の娯楽です。お金を払って作品を入手する以上読むのは期待値の大きい作品であり、序盤が盛り上がらなかったからといってすぐに読むのを止めたりはしません。 それに対しアニメは基本的に無料のため、期待値が大きくなくても取り敢えず視聴し、面白くなかったらすぐに視聴を終了する、となりやすいと思われます。 近年はアニメの放映本数が多く、面白くならない作品はどんどん視聴を止めて別の作品に行く、となりやすいのがこの傾向に拍車をかけているのではないでしょうか。

 そして近年はウェブで連載され、無料で読める漫画や小説も増えています。 無料の漫画や小説の増加が、アニメの視聴と同様に漫画や小説も期待値が大きくなくても取り敢えず読んでみて面白くなかったら止める、という読者層を増やしているのではないかと思っています。

 近年、ウェブで小説を発表する場として「小説家になろう」等が人気ですが、 そこで恋愛ものが不人気ジャンルとなっているのはそういった理由が大きいのではないでしょうか。

 では、純粋な恋愛ものやスポーツものではもうヒットは難しいのかと考えた時、 近年でもそれらのジャンルに別の要素を加えヒットした作品がいくつか思い当たります。 例えば恋愛ものにSFやファンタジー要素を加えた『君の名は。』や『化物語』シリーズ、『青春ブタ野郎』シリーズ等、 同じくハーレム要素を加えた『僕は友達が少ない』や『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』『冴えない彼女の育てかた』等。 これらはいずれも、恋愛ものに別の要素を加えることで序盤から盛り上がりを作った作品と言えるでしょう。 また、ヒットしたとまでは言えないかも知れませんが『メガロボクス』はスポーツものにSF要素を加えた現代的なリメイクと言えるでしょう。

 純粋な恋愛ものやスポーツものが時代に合わなくなり廃れていくのは、仕方のないことなのかも知れません。 ただ、時折見かける次のような「現実的なストーリーは、超常的なストーリーよりも劣っている」といった考え方には、異を唱えたいと思います。

量産品に飽きた。パターンが決まってるから。異世界系はなんでもありだから自由度が高い。現実に近づけばパターンは固定化する

アニメやゲームの「学園恋愛モノ」が廃れたのはなぜか スマホの普及やプレイ時間の…https://news.nicovideo.jp/watch/nw2930884

木村天祐さんのツイート:量産品に飽きた。パターンが決まってるから。……」より

 なお念のために書いておくと、木村様自身が現実的なストーリーに否定的なのかどうかは分かりません。上のツイートは単に超常ものを好む人々の考え方を代弁されただけかも知れません。

 現実的なストーリーを描くことには、それはそれで高度が技術が求められます。その最大の理由は、問題の解決を奇跡等に頼ることができないからでしょう。決して「現実的なストーリー=量産品」ではありません。

普通の日常生活をアニメで描く、というのは実はとても大変な作業です。ロボットや宇宙船が動いたり、魔法や必殺技がさく裂する瞬間を描くよりも、人間の何気ない仕草や表情を描く方が難しいんです。

アニメ質問状:「月がきれい」 普通の日常を描く難しさ “地味”で商売が大変だが…」より

 なお、本稿は少年向け・男性向け作品を念頭に書いており、少女向け・女性向け作品には違った傾向があるように思います。ご了承下さい。

2019年4月28日最終更新