即効性の高いストーリーが求められている

2019年4月22日

まんがでも小説でも「読者が最後まで読んでくれるかどうか?読者の興味を引き続けることが出来るか?」は重要。どうやって読者にページをめくらせ続けるか常に考えていると言ってたのは平井和正。今だと話の勢いみたいな話になるかなー。

笹本祐一さんのツイート:まんがでも小説でも……」より

 笹本祐一様のツイートを見て以前考えたことを思い出したため、文章にしてみます。

 近年のヒット作や様々な作品への感想を見ていると、アニメや漫画や小説の視聴者・読者の好みが変わりつつあるように思えます。 特にこの傾向が強いのがアニメですが、漫画や小説にも同様の変化はあります。 その変化とは、一言で言えば「ストーリーものの作品でも最序盤から大きな盛り上がりを求められる」ということです。

 この変化は序盤から見せ場を作りやすいバトルものやSF、ファンタジーもの等の作品にはあまり問題ではありませんが、 序盤に見せ場を作りづらい純粋な恋愛やスポーツをテーマとした作品には不利な傾向です。 事実、純粋な恋愛ものやスポーツものでは近年大ヒットと言える作品がほとんど出ていません。

 過去のそういったジャンルの大ヒット作としては例えば『タッチ』『めぞん一刻』『あしたのジョー』『スラムダンク』あたりが思い浮かびますが、 近年ではそういったヒット作はほとんど思い当たりませんし、仮にこれらの作品が今始まったとしても、やはり「序盤の盛り上がりに欠ける」とされあまり評価は得られない気がします。
 個人的には恋愛ものは好きで、恋愛ものの漫画がアニメ化された際にはウェブで感想を調べたりするのですが、 しばしば「2話まで観たが面白くならないので視聴終了した」あるいは「序盤がつまらなくて視聴終了しようかと思ったが、最後まで観たら面白かった」というような感想を目にし、序盤からの盛り上がりの大切さを感じます。

 アニメの視聴者に特に序盤の盛り上がりを重視する傾向が顕著なのは、アニメが基本的に無料の娯楽であることと、近年のアニメ放映本数の増加が原因であるように思えます。 漫画や小説は、基本的に有料の娯楽です。お金を払って作品を入手する以上読むのは期待値の大きい作品であり、序盤が盛り上がらなかったからといってすぐに読むのを止めたりはしません。 それに対しアニメは基本的に無料のため、期待値が大きくなくても取り敢えず視聴し、面白くなかったらすぐに視聴を終了する、となりやすいと思われます。 近年はアニメの放映本数が多く、面白くならない作品はどんどん視聴を止めて別の作品に行く、となりやすいのがこの傾向に拍車をかけているのではないでしょうか。

 そして近年はウェブで連載され、無料で読める漫画や小説も増えています。 無料の漫画や小説の増加が、アニメの視聴と同様に漫画や小説も期待値が大きくなくても取り敢えず読んでみて面白くなかったら止める、という読者層を増やしているのではないかと思っています。

 近年、ウェブで小説を発表する場として「小説家になろう」等が人気ですが、 そこで恋愛ものが不人気ジャンルとなっているのはそういった理由が大きいのではないでしょうか。

 では、純粋な恋愛ものやスポーツものではもうヒットは難しいのかと考えた時、 近年でもそれらのジャンルに別の要素を加えヒットした作品がいくつか思い当たります。 例えば恋愛ものにSFやファンタジー要素を加えた『君の名は。』や『化物語』シリーズ、『青春ブタ野郎』シリーズ等、 同じくハーレム要素を加えた『僕は友達が少ない』や『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』『冴えない彼女の育てかた』等。 これらはいずれも、恋愛ものに別の要素を加えることで序盤から盛り上がりを作った作品と言えるでしょう。 また、ヒットしたとまでは言えないかも知れませんが『メガロボクス』はスポーツものにSF要素を加えた現代的なリメイクと言えるでしょう。

 純粋な恋愛ものやスポーツものが時代に合わなくなり廃れていくのは、仕方のないことなのかも知れません。 ただ、時折見かける次のような「現実的なストーリーは、超常的なストーリーよりも劣っている」といった考え方には、異を唱えたいと思います。

量産品に飽きた。パターンが決まってるから。異世界系はなんでもありだから自由度が高い。現実に近づけばパターンは固定化する

アニメやゲームの「学園恋愛モノ」が廃れたのはなぜか スマホの普及やプレイ時間の…https://news.nicovideo.jp/watch/nw2930884

木村天祐さんのツイート:量産品に飽きた。パターンが決まってるから。……」より

 なお念のために書いておくと、木村様自身が現実的なストーリーに否定的なのかどうかは分かりません。上のツイートは単に超常ものを好む人々の考え方を代弁されただけかも知れません。

 現実的なストーリーを描くことには、それはそれで高度が技術が求められます。その最大の理由は、問題の解決を奇跡等に頼ることができないからでしょう。決して「現実的なストーリー=量産品」ではありません。

普通の日常生活をアニメで描く、というのは実はとても大変な作業です。ロボットや宇宙船が動いたり、魔法や必殺技がさく裂する瞬間を描くよりも、人間の何気ない仕草や表情を描く方が難しいんです。

アニメ質問状:「月がきれい」 普通の日常を描く難しさ “地味”で商売が大変だが…」より

 なお、本稿は少年向け・男性向け作品を念頭に書いており、少女向け・女性向け作品には違った傾向があるように思います。ご了承下さい。

2019年4月28日最終更新

タペストリー文化の隆盛

2019年10月16日

 以前は漫画やアニメやゲーム等が好きな人々が壁に飾るグッズと言えばポスターが定番でしたが、近年はタペストリーが取って代わる勢いです。 実際にタペストリーは便利で、飾るのに画鋲を使ったりポスターフレームを購入したりする必要がないこと、容易には折れ目がつかないのは大変ありがたいです。

 では、漫画等のイラストをタペストリーにするという文化はいつ始まり、どのように普及していったのか?と最近気になっています。

 私がよくタペストリーを買うようになったのは家計簿を見る限り2010年からで、恐らくその頃に一般化し始めたように思います。 ただ、私が漫画のタペストリーを初めて買ったのは2000年で、冬目景様の『羊のうた』のイラストでした。

冬目景様タペストリー

 近年の漫画等のタペストリーはまずプラスチックの軸にポリエステルの生地ですが、この『羊のうた』のタペストリーは木製の軸に木綿(?)の生地です。 かなりの高級感がありますし、実際に今のタペストリーの相場からするとお高めな値段でした。

 恐らく、このころには出版業界も手探り状態だったのでしょう。

 この業界のタペストリー文化はどのように生まれ、広がっていったのか? ご存じの方は記事を書いて頂ければ幸いです。

 以下、余談です。タペストリーは確かに便利なのですが、便利過ぎるが故に作る方にも収拾がつかなくなりつつあるように思えます。
 ポスターでは滅多に無かった大型の、「いくらタペストリーが便利だからと言って、こんなに大きいのはなかなか飾れないだろう」というサイズのものが次々発売されるようになってきているのです。

(1)タペストリー1

(2)タペストリー2

 上の画像(1)の右側と画像(2)の中央のどでかいものはいわゆる等身大タペストリーで、正直なところ扱いに困るサイズです。 しかも(2)の方の等身大タペストリーは、あまりの大きさに飾っていると自重で軸がどんどん歪んでいってしまうのです。

 扱いに困るサイズなら買うなと言われるかも知れませんが、飾ってみないとタペストリーのサイズを実感することは難しいので……。

二大ヒロインタイプの人気の変化

2019年10月16日

 二人のヒロインが登場する青少年向けの恋愛漫画等には、黄金パターンがあります。それは、 ヒロインが『抜きん出た美人だがとっつきにくい、高嶺の花的な女性』と『元気があり親しみやすい、可愛い女性』の二人になるというものです。本稿では前者をAタイプ、後者をBタイプとします。
 もう少し詳しく言うと、この二人はおおよそ以下のような属性を持っています。

  Aタイプ Bタイプ
よくある容姿 ロングヘア、美人 ショートヘアかボブカット、可愛い、背が低め
よくある性格 冷静、とっつきにくい 活動的、親しみやすい
よくあるスキル 頭脳明晰か、芸術的才能がある 社交的で友人が多い
よくある主人公との関係 高嶺の花、年上 幼なじみ、年下、身近な友人
よくある家庭の事情 親が実業家か芸能人か芸術家 庶民の家柄

 ヒロインが二人いる恋愛漫画等では、これらの特徴にある程度当てはまる二人がヒロインとなる場合が多いかと思います。 また、ヒロインが多数いるいわゆるハーレムものでも、特に重要なヒロイン二人にはこれらの属性があることが珍しくありません。
 ちなみに、恋愛ものではありませんが『新世紀エヴァンゲリオン』(1996〜97年)で冷静なヒロインがショートヘア、活動的なヒロインがロングヘアなのは意図的にセオリーを破って意外性を狙ったものだとキャラクターデザインの貞本義行様は述べておられました。

 そして、主人公は最終的にAタイプと結ばれることが大半でした。特に有名なのが『めぞん一刻』(1980〜87年)と『きまぐれオレンジロード』(1984〜87年)でしょう。 Bタイプと結ばれる『電影少女』(1990〜93年)のような例外もありましたが、基本的にはAタイプがストーリー面でも読者人気の面でも優位であることが多く、「幼なじみは負け属性」などと言われたりすることもありました。

 しかし、近年Bタイプが人気を伸ばすケースが増え、それを反映してBタイプが恋愛面で勝利する結末が増えてきている印象があります。
『ニセコイ』(2011〜16年)は恋愛面で勝利したのはAタイプだったものの、誌上での人気投票ではBタイプが優位でした。
 そして印象的だったのが、恐らく久しぶりに週刊少年ジャンプでBタイプの勝利を描いた『パジャマな彼女。』(2012年)と、Aタイプの勝利と思わせる展開から最終的にBタイプの勝利で終わった『狼少年は今日も嘘を重ねる』(2014〜17年)でした。

 更に驚かされたのが、Aタイプ2人とBタイプ(に近い)1人の人気ヒロインを登場させ、最終的に読者人気でもストーリー面でもBタイプの圧勝となった『冴えない彼女の育てかた』(2012〜17年)です。 同作では最後に主人公はBタイプを選び、Aタイプの二人は『手の届かない女の子』で『自分とは、絶対に釣り合わない』ために選べず、Bタイプを『消去法で選んだ』と言います。

 私はこの主人公の台詞を見て、読者の考え方が変わりつつあるのかも知れない、と感じました。 以前の青少年向けの恋愛ものだと、主人公は背伸びをして『手の届かない』Aタイプとの交際を目指すのが当然でした。 上で他に三作品、Bタイプと結ばれる恋愛ものを挙げましたが、それらの作品でも主人公はAタイプを目指す意識は相当に持っていました(それらの三作品中、一作品では主人公はAタイプに告白し振られ、一作品では一度は交際に漕ぎつけます)。
 しかし『冴えない彼女の育てかた』の主人公は、Aタイプとの交際は目指さず、Bタイプに告白します。そして読者もそれを受け入れ、同作はヒット作となりました。

 もしかすると、読者は背伸びをして恋人を作る主人公だけでなく、背伸びをせずに身の丈にあった恋人を作る主人公も受け入れるようになってきているのかも知れません。

追記(2020年9月27日)

 三次元のアイドルは以前は正に「高嶺の花」として売り出されていたが、近年はファンとの握手会をする等「直接会いに行ける身近な存在」として売り出されることが多い……と聞きます。これは、上で書いた青少年向けの恋愛漫画等のヒロイン像の変化と似ているように思えます。

 もしかすると、これらの変化には共通する理由があるのかも知れません。

最終更新:2020年9月27日