2017年
03/03  クリムト風景画「農家の庭」に67億円 過去最高額で落札

産経新聞より。

テレビ東京の番組「開運!なんでも鑑定団」で、「曜変天目茶碗」と紹介された茶碗の鑑定結果を疑問視する陶芸家が、放送倫理・番組向上機構(BPO)に番組内容の審議を求める意見を寄せたことが、3日分かった。陶芸家は、愛知県瀬戸市在住で、曜変天目を長年研究している九代目長江惣吉さん。
番組は昨年12月20日に放送。徳島県の男性が所有する茶碗を取り上げ、古美術鑑定家が「曜変天目に間違いない」として2500万円の鑑定額を付けた。

毎日新聞より。スクラップ2017年2月28日「「曜変茶碗」 化学顔料ほぼ検出されず」(徳島新聞)の続報 関連記事:「テレビ東京なんでも鑑定団 「曜変天目茶碗」真贋論争 BPOは審議せず 「判定能力ない」」(2017.3.10付産経新聞)

AFPBB Newsより。

産経新聞より。

朝日新聞より。 関連記事:「国宝に指定へ 新たに2体 臼杵石仏」(2017/03/10付大分合同新聞)

AFPBB Newsより。

藤田美術館(大阪市)が所蔵する中国美術30点以上が15日、米ニューヨークで競売商クリスティーズのオークションに掛けられ、中国宋代の画家・陳容による絵巻「六龍図巻」(13世紀)が4350万ドル(約49億円)で落札された。クリスティーズによると、美術館の改装や所蔵品の保全のため出品した。日本の美術館がこれだけの数の所蔵品を海外のオークションに出品するのは珍しい。
六龍図巻は、龍や風景の水墨画などが約5メートルにわたり描かれた作品。清朝の乾隆帝のコレクションの一つで、美術商の山中商会経由で藤田に渡った。
このほか、殷・周時代の青銅器などが出品され、1000万ドル(約11億円)以上での落札が相次いだ。手数料込みの総売り上げは約2億6300万ドル(約298億円)だった。

時事通信より。

AFPBB Newsより。

第42回(2016年度)「木村伊兵衛写真賞」の受賞者が原美樹子氏に決まりました。対象作は、「Change」(The Gould Collection)です。本賞は、故木村伊兵衛氏の業績を記念して1975年に創設され、各年にすぐれた作品を発表した新人写真家を対象としています。

dot.より。

徳島新聞より。

朝日新聞より。

産経新聞より。

京都新聞より。