■  プチ若冲--2000年以前  ■



2000/12 「新日曜美術館」再放送
正確な日にちは…暮れの頃です。再放送されるということは好評だったのか、それとも単なる気まぐれか。
2000/11/22 朝日新聞夕刊 加藤周一「夕陽妄語」
にて、「若冲雑談」の掲載がありました。「没後200年 若冲」展を踏まえ、「私は今その作品を見て―殊に水墨画には初めて接して、心中にまきおこった多くの感想の一端を記したいと思う」ということで、技法や題材の面から若冲画を語っています。
2000/11/12 NHK教育「新日曜美術館」で若冲特集
「奇は美なり 〜若冲・細密の世界〜」。内容は、作品紹介、写生へのこだわり、様々な技法について。ゲストに京都国立博物館の狩野博幸氏、村上隆氏が「没後200年 若冲」展と石峰寺の五百羅漢を訪ねるという構成。
2000/11/11 「美の巨人たち」、伊藤若冲「菜虫譜」を放映
「没後200年 若冲」展にあわせた放送。詳細は美の巨人たちオフィシャルサイトに掲載されています。
2000/05/22 「伊藤若冲派 樹花鳥獣図屏風」パサールカード
を発売。カードには右隻がプリントされています。静岡県立美術館収蔵品シリーズNo.1として、3000枚発行されたとのこと。価格は1000円。(パサールカードとは、静鉄電車バス共通乗車券のこと)
2000/04/26 アルバムタイトルに若冲
林英哲ライブアルバム「若冲の翼〜冲しきが若きも〜(キング)」発売。
林英哲氏は和太鼓奏者。1999年、「若冲の翼」と題したツアーを行う。ライブアルバムは、このツアーの模様を収録したもの。ちなみに、1998年のテーマはマン・レイだったそうです。ツアータイトルは「万零(マン・レイ)」。2002年にも「若冲の翼2002 〜冲しきが若きも〜」と、銘打ったコンサートを開催。
1999/12/31 NHKで「日本の美100選」放映
正式名称は「夢の美術館〜永久保存版・日本の美100選〜」。選りすぐりの日本美術100作品だけど。どうかな?という番組。そのまんま。
若冲は「名作no.97『動植綵絵』」でエントリー。三の丸尚蔵館とあわせて紹介されておりました。
「群鶏図」、メトロカードに
「動植綵絵」の「群鶏図」がメトロカードになりました。このカードは、「皇室の名宝」展(1999/12/14-2000/02/13 東京国立博物館)にあわせて作られたようです。Kenの美術館書庫(国内編#3:'00)に詳しい記述がありますので、御参照ください。Kenの我楽多館より)--この項は、こちらのサイトから情報を得ました。
1998/10/06 若冲切手発売される
国際文通週間、グリーティング郵便切手に作品が使用されました。切手画像はゆうびんホームページで御覧になれます。
1996/08/20 開運!なんでも鑑定団に屏風登場
依頼人は畠山みどりさん、本人評価額は3000万円。オープンザプライス!いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、30万!真っ赤な偽物!詳しくはこちらで。web鑑定団より)
「鳥獣花木図屏風」を使用
「日本美術史の水脈」(辻惟雄先生還暦記念会編/ぺりかん社/1993年6月発行)の表紙です。
ネットで見かけた若冲
長浜曳山祭 諌皷山 胴幕「紫陽花双鶏図」「旭日双鶏図」。若冲の様々な鶏図よりアレンジしたとのこと。平成2年〜4年納入との記載。川島織物製作。図柄はこちらで見ることができます。
「極める」 〜日本の美と心〜
1988から1994年にかけ、テレビ東京系で放送されたシリーズ。「奇想の画人 伊藤若冲〜ロサンゼルス心遠館コレクションより 〜ロサンゼルス美術館〜」と題された回があったとのこと。
1982/08/21発売 姫神せんせいしょん『姫神』レコードジャケット
「姫神せんせいしょん」というシンセ・グループのLPを飾ったレコードジャケットなのですが、ここに[旭日鳳凰図]に取材した鳳凰がデザインされております。
デザインは「Kazuo Hakamada」氏。古い襖絵から七色の鳳凰が画面をとびだして出現する、という趣向です(鳳凰の眼は描きかえられていますが)。なおバックにデザインされた波と岩は、俵屋宗達筆[松島図屏風](フリア美術館蔵)をヒントにしたもののようです。
「姫神せんせいしょん」はその後解散しますが、リーダーの星吉昭氏は「姫神」の名で、現在も音楽活動を続けています。オフィシャルサイトにCD版のアルバム紹介がありましたので、下記を御参照下さい。(この項のみ杉崎貴英さん)
http://www.himekami.jp/index_j/sousaku/discography/album3.html
1973/10/06 若冲切手発売される
国際文通週間切手にて、作品が使用されました。画像はこちらキッテコムより)で見ることができます。






back