千葉市の社会保険労務士 横山和男社労士事務所の求人案内です。

千葉市花見川区幕張本郷2-20-15 エアリーハイツ2-101号

電話 043-271-3343




2018年第2回目の、

当事務所のパートタイムスタッフさんの

追加募集は、

7月24日、充足したため

終了しました。

たくさんの御応募、

ありがとうございました。












事務仕事が大好き   なら、

知識がなくても

未経験でも

問題ありません、

大丈夫です!







(ただし、

事務職経験1年以上か

パソコンの入力業務経験1年以上が

必要です。)











世のため人のため

地域のため国のために

役立ち、

多くの人々に、感謝される

仕事です!








永続的で安定した業務ですので、

ライフプランに合わせて

長~く働けます!











専門的な知識と経験を

身につけられますので

キャリアアップや

資格取得、

転職の際にも

有利です!












当事務所のホームページは、こちらから









当事務所では、年に数回、パートタイムスタッフさんを募集しています。















働き方のタイプ   内容 募集人数 
 正社員スタッフさん  週5日、社保等加入  → 現在、募集していません
 長期パートさん  週3日以上、2年以上勤務可能な方 → 募集停止中です 
 短期修行スタッフさん  開業予定か開業直後で、事務所経営等について6ヶ月程度、学びたい方 → 現在、充足しており、8月末まで学習予定です 
 短時間スタッフさん 1日4時間程度の勤務  → 募集停止中です 
土日祝のみスタッフ さん 土日祝のみ勤務できる方  → 現在、充足しています 
 在宅スタッフさん 週に1日出勤で、他の日は自宅で仕事 → 現在、充足しています 
 短期パートさん  週2日以上、2~3ヶ月程度、可能な方 → 募集停止中です  
     














転勤族の妻さん ・・・  大歓迎です! 

妊活中の女性 ・・・  大歓迎です! 

育児中のママさん、パパさん ・・・   大歓迎です!

介護で勤務時間が不規則になりがちな方 ・・・   大歓迎です!




他の仕事とのかけもち ・・・   大歓迎です!

他の事務所とのかけもち ・・・   大歓迎です!

自営業とのかけもち ・・・   大歓迎です!





将来独立するための腰掛け勤務 ・・・   大歓迎です!






社労士業務の経験なし ・・・  大歓迎です!

短期間勤務  ・・・   大歓迎です!

お試し勤務  ・・・   大歓迎です !







土日のみ勤務 ・・・  現在、充足しています


在宅勤務併用 ・・・  現在、充足しています!










平成30年5月31日以降の「募集案内」の内容です。

  ※ 記載内容に変更があった場合、このページの修正が遅れる場合があります。
    ここに書かれている内容が、ハローワークでの求人票や、お手元に郵送される「募集案内」と異なる場合には、お手元に郵送される「募集案内」やハローワークでの求人票が、より新しい可能性があります。
    不明点については、お気軽にお問い合わせください。


※ 今回は、
1日4時間以上、週2日以上での募集です!

  小さな赤ちゃんがいるママさんやパパさんも、ご検討ください!

※ 他社勤務者や自営との
掛け持ち勤務も、OKです!


※ 繁忙期(6月~8月)のみの、
短期間勤務も、OKです!






この度は、ご検討、有難うございます。

 以下のとおり御案内申し上げますので、精読の上、ご検討ください。


横山和男 社労士事務所・行政書士事務所

パートタイム研修生 募集案内

vol.27





今回、求める人物像は、次の3要素を備えているとベストです。

① 素直 ・・・あるがままを受け取る!

② プラス発想・・・いったん全てを受け容れ、自分のこととして考える!

③ 勉強好き ・・・すぐに振り返りとアウトプットをする!







当事務所の求人の特徴  




・ワークライフ・バランスを重視した生き方をしたい人を応援しています。

・いわゆる
「転勤族の妻」「近年中に出産希望の女性」であっても、現時点で当面2年程度以上勤務できそうであれば、応募を受け付けています。

・小さな
赤ちゃんがいる場合等は、1日4時間、週2日程度からの、お試し勤務を受け付けています。

 (徐々に時間を増やしていくことが、前提です。)

・社会保険労務士業務がメインで、サブ業務として行政書士業務が発生します。社会保険労務士業務のみを学びたい方もOKですが、行政書士業務のみを学びたい方には不向きです。

・社会保険労務士や行政書士の仕事を通じて、世の中に貢献したい方を求めます。

・派手な仕事ではありませんので、コツコツ積み上げる努力が求められます。

・継続的な勉強が求められます。

・当事務所で働くのに、知識や経験は不要です。

・当事務所で働くのに、
適性は重要です。

・人間関係は極めて良好で、現在のスタッフは優しく思いやりのある方々のみです。













当事務所の労働環境の特徴  



・ かつての、おじいちゃん社労士が一人でやっている事務所のイメージとは異なり、活気にあふれた成長しまくりのチャレンジ精神旺盛な事務所です。

・ だからと言って、最近、急増している、休みなし残業だらけの、ブラック社労士事務所とは異なり、勤務時間や曜日は、全て働くスタッフさんの希望に合わせています。



・ 東京都内の事務所に多く見られる、バリバリで殺気立った雰囲気の事務所ではなく、対人関係の緊張感は、ほぼゼロのスタッフ間の人間関係です。

・ 田舎の事務所に多く見られる、なあなあでなれ合いの雰囲気の事務所ではなく、公私のけじめのある、プライベートには必要以上に干渉しない、人間関係です。



・ 都会の事務所に多く見られる、余計なものが何もなく、ぎゅうぎゅうの狭い事務所ではなく、植物の多い、ゆったりしたスペースの事務所です。

・ 一人事務所に多く見られる、必要なものが何もなく、業務に制限や不自由のある事務所ではなく、豊富な資料や器具がそろっている事務所です。



・ 大手事務所に見られるように、分業が徹底されすぎて一つの業務しか身に付けられない事務所ではなく、様々な業務を横断的に学ぶことができます。

・ 小さな事務所に見られるように、補助的な作業しかさせてもらえない事務所ではなく、どんどん責任のある業務を任され、キャリアを積むことができます。



・ スタッフさんのライフプランを最重要視しており、受験生には長期間の試験休みを付与、独立開業者にはそれに合わせた業務の付与、転勤族の妻さんが転居した場合には外注業務の発注など、スタッフさんや元スタッフさん達の人生のサポートを可能な限り行う事務所です。

・ 現在は、出勤時の服装は自由です。ただし、顧客訪問や役所めぐり、法定研修の受講日には、それなりの身だしなみを要求することもあります。

・ ペーパーレス化を進めており、紙ベースでの書類作成から、パソコンを用いた電子申請が中心になってきています。

・ 













1.労働条件等  




 
仕事内容


目安 : おおよそ、次の順序で覚えていただく予定です。週3日勤務の標準的な能力のスタッフさんの場合で、業務に慣れるのに1年間、簡単な業務をマスターするのに2年間、複雑な業務ができるようになるには10年間程度を要します。

① 電話応対 (受話や連絡のみで、テレアポ等の営業はありません)

② 到着した郵便物の処理、ファイリング、

③ 完成した書類の官公署への発送、終了した案件の顧客への発送

④ 顧客事業所で働く従業員の入退社に係る書類の作成補助

⑤ 顧客事業所で働く従業員の病気、ケガ、死亡に係る書類の作成補助

⑥ 顧客事業所で働く従業員の年金に係る書類の作成補助

⑦ 顧客事業所に対する助成金の書類の作成補助

⑧ 顧客事業所の設立、変更、閉鎖に係る書類の作成補助

⑨ 顧客事業所の派遣事業、介護保険事業等、社会保険労務士が作成すべき許認可業務に係る書類の作成補助

⑩ 顧客事業所の古物業、質屋業、建設業等、行政書士が作成すべき許認可業務に係る書類の作成補助

⑪ 労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届、年末調整業務の補助

⑫ 就業規則、賃金規程、退職金規程等の作成補助

⑬ 401k年金や確定給付型年金等、退職金制度の導入や変更に伴うコンサルティングの補助

⑭ セクハラやパワハラ、不当解雇などに伴う、裁判外労使紛争など、特定社会保険労務士としての労使トラブル解決に向けての業務の補助

⑮ 給料計算業務の補助

⑯ インターネットや県立図書館等での資料集めと整理

⑰ 行政書士補助者として、警察署や保健所などへ出向いての書類の提出

⑱ 経理業務、記帳代行業務

⑲ 当事務所のホームページやブログの作成補助

⑳ その他、社会保険労務士業、行政書士業、特定社会保険労務士業に係る補助的業務








 所定労働日


 出勤日の例・・・火曜日と木曜日

  → 所定労働日は、週2~5日で、希望に応じます。

  → 毎月、翌月の出勤可能日をヒアリングした上で、シフト表により、出勤日を決定します。

  → ある週は月・火・木、次の週は火、水、金・・・というように週ごとに変わることもあります。

  → 繁忙により、シフトは調整されます。社会保険労務士の業務は4月、7月、12月が繁忙のピークとなります。

  → 社会保険労務士試験や行政書士試験を受験される方は、受験前1か月間程度を、試験休みとします。(無給です。)

  → 他の事業所での、パートやアルバイト、自営業とのかけもちは、当事務所としてはOKです。ただし、現在働いている場所があれば、そこでの服務規律違反にならないか、就業規則等でご確認の上、ご応募ください。

  → 現在勤務している場所(自営の場合を除く)が、社会保険労務士事務所、行政書士事務所の場合はもちろんのことですが、隣接士業である弁護士、司法書士、税理士、中小企業診断士、建築士の事務所など、「士業事務所」の場合には、必ず現在働いている事務所の所長の同意を得るか、退職してから、当事務所に応募してください。無許可の場合、法律職としての信義則に抵触する可能性があります。




 
労働時間 

  : 午前9時 ~ 午後3時30分

 
  → 原則として残業はありません。   

  → 試験勉強や育児などのプライベートを重視しますので、残業は、なるべくしないでください。

  → 遅刻や早退に関しては、寛容です。洗濯や保育園の送迎等で遅くなるのもOKです。

  → カゼ気味の場合には、無理して出勤すると、他のメンバーにうつったりして迷惑ですので、欠勤して頂きます。

  → 
当事務所の方針は、「家庭第一主義」です。子供の運動会や授業参観、親の介護等に関しては、必ず、仕事よりも家庭を優先してください。特に、小学生以下の子供がいる場合には、とりわけ仕事よりも育児を優先して下さい。







 
その他の時間 


 : 独立開業を目指している等、実務のノウハウを学びたい方については、上記労働時間を除く平日の午前9時00分~午後6時00分までは、所長の許可を得た上で、事務所内の専門書を閲覧したり、見学のために官公署への同行をしたり、業務上や経営ノウハウについて所長に質問することは可能です。この場合には、当該時間は労働時間ではないので賃金の支払対象にはなりません。






 
時 給    


  : 880円 からスタート(試用期間後) 

      
      ※ 労働時間累計200時間までは、試用期間とし、時給870円、
交通費ナシです。

      ※ 労働時間累計200時間からは、
時給880円、交通費アリ (電車代換算、1日当たりの上限500円)です。

      ※ 労働時間累計
900時間で、時給を10円アップ、以後200時間経過するごとに時給10円ずつアップ

      ※ 月間売り上げが目標額を超えた月には、スタッフさん全員に、
ミニボーナスが支給されます。

      ※ 上記の原則を上回る条件で、労使合意の上、個々に、ほかの契約形態を締結することもあります。

      ※ 今後の事務所の発展に伴い、まずは時給2,000円以上を支払えるようになることが、事務所の当面の目標です。

      ※ この労働条件は、現在お約束できる最低限のものです。
社会保険労務士業界は、現在、プチバブル期に突入しており、当事務所も急激に発展拡大している最中ですので、数年以内に、大幅に上回る条件を提示できる可能性が高いです。



  
雇用期間  


 : 2ヶ月間  双方の話し合いにより以後2ヶ月ごとに更新

  ・実態としては「雇用の定めなし」と同様になっています。

  ・ただし、業務の適性等を2カ月ごとに労使双方が判断する機会を設けています。

  ・雇入れ後、労働時間累計200時間までは、試用期間とし、更新は確約できるものではありません。

  ・36ヶ月経過で希望により正職員雇用も可、独立退職も可

  ・当事務所としては、長期勤務を希望しております。今後、急激に事務所が発展する予定ですので、
10年~20年間、その成長を共に手伝って下さると、たいへん助かります。

  ・労災保険は全員加入、雇用保険は原則として全員加入です。

  ・健康保険と厚生年金保険には、希望者については、相談に応じられる環境を整えておりますので、ご相談ください。

   










2.このような方に適した事務所です  



・人の誕生、死亡、病気、老化という「人間の生老病死」に関する手続きを通じて、社会保険労務士事務所の一員として、世の中に貢献し、役に立ちたい方

・会社の成立、変更、許認可、閉鎖という「会社の生老病死」に関する手続きを通じて、行政書士事務所の一員として、世の中に貢献し、役に立ちたい方

・労使トラブルの解決のお手伝いという特定社会保険労務士の仕事の補助業務を通じ、企業の安定、人間関係の改善、真に平和な社会の実現を目指して、世の中に貢献し、役に立ちたい方

・色々なことを、たくさん学んでみたい方

・自立した人生を生きたいと考えている方

・ワークライフバランスを実現し、家庭と仕事を両立させながら、充実した毎日を過ごしたい方

・ライフステージに応じて、「パート → 正社員 → パート → 独立開業」 のように、自分自身の働き方を、変えていきたいと考えている方

・近い将来、独立開業をするための、様々なノウハウを学びたい方

・既に社会保険労務士として開業しているが顧客が少ない等、時間はあるが経験が不足している方

・既に行政書士として開業しているが顧客が少ない等、時間はあるが経験が不足している方

・社会保険労務士試験を何度か受験しているが、実務を知らない方

・社会保険労務士という業界に興味のある方

・行政書士という業界に興味のある方













3.このような方が定着しています(現在の傾向) 




・社会保険労務士試験の受験経験があるか、受験予定の方が定着しています。

・明るく元気で派手な人よりも、控えめで裏方的な人の方が、長続きしています。

・批判力(父性)が強い人よりも、母性の強い人の方が、長続きしています。

・反抗心の強い人よりも、従順さや適応力の高い人の方が、長続きしています。

・他者の悪口を言ったり、環境の悪さを嘆く人よりも、感謝の気持ちが高い人の方が、長続きしています。

・与えられた課題を、ただこなすだけではなく、自分なりの創意工夫を加えられる人が、定着しています。

・趣味が、編み物、裁縫、手芸、フィギュアコレクション、金魚の飼育など、こまかい作業をコツコツ進めるのが好きな人が、定着しています。

・料理、洗濯、そうじなど、家庭内のルーティンワークを、嫌いではない方が、定着しています。

・勉強熱心で向上心の強い人が、定着しています。

・自分とは異なる意見や考え方でも、拒否せず、とりあえずはいったん受け入れることの出来る人が定着しています。

・なぜか猫派よりも犬派の方が定着しています(所長以外、スタッフ全員が、犬派)。













4.このような方には向いていません  




・ここまで読んで、もうヘトヘトになっちゃった方

・生計を担っているため、安定した収入が必要な方

・楽して稼ぎたいと思っている方

・たくさんの文字を書き続けることを苦痛に感じる方(丸一日、書類を書き続ける日もあります)

・字が極端に汚い人、漢字を正確に書けない人、文字を自己流の略字で書いてしまう人(官公庁に対する法定書類を作成する仕事です。「土」と「士」、「白」と「臼」を書き間違えたり、「高木」と「髙木」、「斉藤」と「斎藤」と「齋藤」と「齊藤」を間違えると、そのまま登記されたり、その文字で健康保険証が発行されたりして、取り返しのつかないミスにつながったり、多額の損害賠償を請求されることもあります。

・勉強が嫌いな方、活字を読むのが苦手な方(業務上、法律や通達等の読み込みと解釈をすることがあり、また、当事務所では、課題図書も与えられます)

・資格がなくても、もちろん、できますが、資格取得者と同等以上の、最低限の知識は必要になりますので、そのための勉強は必須です。試験に合格するための勉強時間は、社会保険労務士で800時間以上、行政書士で500時間以上と言われています。合わせて1,300時間の勉強が、スタッフとしての「スタートライン」に立つための目安と、お考えください。

・数字が苦手な方

・簿記や経理に拒否反応を示す方

・あいまいな部分をゆるせない方、他人や役所の欠点を批判しがちな方(理不尽なお客様と、さらに理不尽な役所の間に立って、業務を進めることもあります)

・毎月の法改正や、手続き方法が変化すること等に、対応するのが苦手な方(世界情勢や政府の対応などによって、一日にして今までの常識が変わることのある業種です)

・自分からは行動できず、常に他からの指示を待っている方(依存心の高い人には不向きな業種です)

・時間の使い方がルーズなど、自己管理が苦手な方

・調べ物や、役所に電話をかけて質問することなどが苦手な方

・怒りや憎しみの感情を、行動のモチベーションにしている方

・夫のせい、子供のせい、親のせい、学歴のせい、容姿のせい、その他自分をとりまく環境のせいで、自分の人生は上手くいっていない・・・と感じている方

・他者を動かしたり動機づけをするのに、怒ったり、叱ったり、殴ったり、脅すことも、ときには正しいと、思い込んでいる方


・自分は運が悪いと思っている方

・自分は頭が悪いと思っている方

・自分は要領が悪いと思っている方

・「でも」「だって」「どうせ」「それはおかしい」が口ぐせの人

・他人のミスを「許す」よりも「裁く」ことが多い人

・配偶者や子供や部下に対して、1日に発する言葉が、「ほめ言葉」よりも「批判・否定する言葉」の方が多い人

・専業主婦など、仕事を離れている期間が長い場合、当事務所のスピードについていけずに自己嫌悪に陥ることが多いようですので、意識を変化させる覚悟が必要になります。
















5.このような方はご遠慮ください  




・うわさ話が好きで口の軽い方 

(守秘義務のある仕事です。秘密漏洩により多額の損害賠償請求をされることがあります)

・喫煙者

 (スポーツ選手や医師等が顧客にいるため、タバコの匂いがするだけで、顧問契約が解除になる可能性があります)

・拒食症や肥満の方、薬物依存や躁うつ病の方、多重債務者

 (自己管理ができないと思われる方には、たくさんの個人情報を含む、顧客データの管理を任せられません)

・夫婦関係または親子関係等で、「現在」、人間関係が上手くいっていない方

 (最小単位の社会性が身についていない方には、複雑な人間関係の処理をする労務管理は不向きです)
 


  → ここでいう「夫婦関係が上手くいっていない人」とは、「現在」うまくいっていない人のことです。

  → 「過去に」うまくいっていなかった人のことではありません。したがって、離婚歴の有無は全く関係ありません。

  → 具体例としては、朝から晩まで、旦那さんの悪口を言い続けているような方が、お断りの対象になります。

  → 妻を「愚妻」、子供を「愚息」と呼ぶ方も、お断りしています。

  → そのような方を採用した場合、いったん退職していただき、きちんと離婚をしてから改めてご応募下さるよう、お伝えしています。



小さな子供がいるにもかかわらず、保育園や子供ルームへ通わせる気が全くなく、当事務所の繁忙期である4月、7月、12月の出勤が困難になってしまう方

子供さんの祖父母にまかせっきりにしようと考えている方も、自立心が欠如していると判断させていただきます)

・5年以内に仕事から引退しようと考えている方

(60歳でもあと20年間勉強し続けて仕事をし続ける意気込みがあればOKですが、40歳でもあと5年間でセミリタイアしようと考えているならば、御遠慮ください)

・自己啓発、成功哲学、スピリチュアルの分野の、全部またはいずれかに嫌悪感を持っている方

(これらは経営者必読の勉強分野ですので、批判的な方はお客様と話を合わせられません)

・特定の宗教、政治の思想のみを信じ、例えばクリスマスという行事を嫌っていたり、お正月の初もうでを批判する等、他を全く受け入れることのできない方

(お客様の信条は多岐に渡るため、異なる立場を受けいれられない方は、トラブルを起こしがちです)















6.応募条件  





 今回は、次の条件を、全て満たした方のみ応募を受け付けます。





・ワードができる  ヽ(´▽`)ノ 


・エクセルができる  ヽ(´▽`)ノ


・事務職の経験が
1年以上ある  V(O ̄∇ ̄o)



   ※行政書士の補助者業務を御希望の場合には、官公庁への書類の提出業務が多くなりますので、自動車運転免許があることが望ましいです。














7.応募~採用までのフロー  



① 応募を検討する

 ・ブログやネットで、今回の求人を知る

 ・ハローワークで検索して、今回の求人を知る

 応募する

 ・写真つきの手書きの履歴書、職務経歴書(手書きでなくて可)、を当事務所に郵送する

 ・できればハローワークから紹介状をもらって、一緒に郵送することが望ましいです

 → 当事務所から、応募者に対して、「募集案内」と第一次課題を郵送します。

   「募集案内」は、今読んでいる、この書類です。

   インターネットで公開しているものと、郵送されるものは、ほぼ同じです。

③  「募集案内」をよく読み、応募する場合には、第一次課題の回答を郵送する。

   ※内容を検討し、辞退する方は、メール、ファックス、電話等でご連絡ください。
ハローワークの紹介状を発行された方で、連絡なしで辞退すると、ハローワークのデータに名前が残ったままとなるので、ご注意ください。

   → 第一次課題を、当事務所で採点し、合格者には合格通知と第二次課題を郵送します。

     不合格の場合には、不合格通知を郵送します。

④  第二次課題の回答を郵送する。

   → 当事務所で採点し、合格者には面接試験のご案内をします。
     不合格の場合には、不合格通知を郵送します。

⑤  面接試験の実施

   ※面接試験は、第一次~第二次課題の途中に行われる場合もあります。

⑥  合格者は2ヶ月間の有期雇用契約による、試用期間の開始

⑦  以後、原則として2ヶ月ごとに雇用期間を更新し、その都度、時給や労働時間等の雇用条件について労使双方話し合いの上決定

⑧  最初の6か月間は試用期間ですので、有期雇用契約の終了に伴い、労働契約が終了となることもあります。

⑨  最初の6か月間を終了後は、通常は「期間の定めなし」の雇用契約に変更となります。

⑩ 雇用期間は、試用期間を含めて36ヶ月が一応の目安です。その後は、正職員としての雇用、独立 開業のため退職、パートタイマーとして継続雇用等について、希望に応じます。



















8.(参考)事務所、所長の沿革等  




昭和41年9月  労働基準監督官の長男として出生

  10代    ギターのスタジオミュージシャンになることを目指し、音楽の専門学校へ

  20代    税理士になることを目指し、会計事務所に入所

平成6年    社会保険労務士試験合格

平成7年    社会保険労務士の登録、勤務社会保険労務士に。

平成8年2月  29歳で独立開業

        結婚後、一男を授かり、仕事は抑え気味にしつつ、自宅兼事務所で、育児を第一優先順位とした生活をする

平成17年    行政書士登録

平成19年4月  息子が小学2年生となり、育児から仕事中心の生活へとシフト開始

平成19年8月  自宅を事務所から分離

平成19年10月  事務所の売上拡大を開始

       スタッフの雇用開始

平成21年    事務所を移転、50㎡に。

        スタッフの増員開始

       特定社会保険労務士に合格、および登録

       働く女性を支援するNPO「Mstyle &Job」を複数人で設立し、監事に就任 

平成22年   大手企業からの受注を開始

        千葉県内NPO設立業務の開始

        特定社会保険労務士業務の拡大

        財団法人 千葉市産業振興財団 相談員 登録  

        音楽活動再開、You Tubeアップ開始     

平成23年    大企業からの受注拡大準備のため、SRP(個人情報保護制度に関する社会保険労務士事務所の認証)の取得

        古物業許可申請業務の拡大

        介護事業許認可業務の拡大

        財団法人 千葉市産業振興財団での無料相談員制度のスタート

平成24年    息子が小学校を卒業したため、事務所拡大を、本格的に稼働

        酒販売許可、質屋許可など、取扱業務の拡大

        フェイスブックなど、ネットでの集客展開を開始

        中堅社会保険労務士による営業勉強会に参加開始
         
平成25年   新人社会保険労務士の外部研修制度の受け入れを開始

       You Tubeを利用した、社労士音楽コラボの配信開始

       ブログ村を利用した、同業ネットワークの構築開始

       行政書士としての取り扱い業務の拡大

平成26年   官公庁からの入札による業務に参加し、落札、受注開始
       
       社会保険労務士業務の完全電子化のシステムづくりをほぼ完成

       都内での異業種勉強会に参加開始

       事務所の移転、86㎡に

       給与計算ソフトの入れ替え

       大手コンサルティング会社の社労士事務所経営研究会に、ビジター参加



平成27年  

       上記大手コンサルティング会社の社労士事務所経営研究会に、正式参加

       メンタルヘルスコンサルティングの勉強会に、正式参加

       社労士集客の勉強会に、正式参加

       助成金活用システムに、正式参加予定

       既存スタッフさんのベースアップ

       労使全員参加の忘年会実施開始

       関連法人の設立

       希望者に対する社会保険加入環境の整備


平成28年

       個人情報を適切に扱っている社会保険労務士事務所である証の
「SRPⅡ」を取得

       助成金受注開始

       確定拠出年金の取扱い開始

       ワンクリックで労働社会保険の手続きができる「Smart HR」の公認アドバイザー 登録


平成29年

       神奈川県在住のママさん有資格者さんに、週1出勤、他の日は在宅勤務、という制度を実施

       一時的に、在籍スタッフ数は10名に

       ペーパレス化の推進、ドキュワークスの導入

       チャットワークを導入し社内コミュニケーションの円滑化

       顧問弁護士との契約、労使トラブル対応の強化

       ドロップボックスとNASの連携によるデータバックアップの強化

平成30年

       HDD2枚タイプのNASに入れ替えて、データ保全の強化

       チャットワークの顧問先との連携開始

       電子タイムカードの導入(予定)

       電子契約書の導入(予定)

              






今後の予定・目標

       年商1億円の達成

       スタッフ数100名の達成

       社労士法人の設立

       駅前に事務所の移転















 ハローワークから紹介状をもらった方は、以上をお読みになった上で、応募をキャンセルする場合、必ず、キャンセルする旨を、文書(ファックス、メールも可)にてご連絡ください。

 以上をお読みになった上で、応募する方は、同封してあります、課題を提出してください。

 (※ インターネット上では、第一次課題は公開していません









 〒262-0033

千葉市花見川区幕張本郷
 
 2-20-15 エアリーハイツ2-101号

   社会保険労務士 横山和男 


TEL 043-271-3343
FAX 043-271-3919
メール yokoyama@cb.wakwak.com















お読みいただき、ありがとうございました。





当事務所のホームページは、こちらから