◇shop top

...........................................................................................................................................................................................................................................

◇home

◇how to order

+ Maintenance +   〜お手入れの方法


わをんの商品は ご自宅でお洗濯が可能な生地を
縫製前の洗いの状態で判断して選んでいます。
ですが もともとの着物の生地は 頻繁なお洗濯を前提としていませんので
以下の点にご注意いただいた上で お手入れくださるようお願いいたします。
優しいお洗濯によって 長くご愛用いただけることと思います。

クリーニング店に出される場合には
念のため 着物の生地を使っていることをお伝えください。
天然のボタン(椰子の実など)はクリーニングによって
風合いが損なわれることがありますので 保護していただくようにお伝えください。


■手洗い または 洗濯機の手洗いモードでお願いします。
 (絹地は必須です 木綿や麻もできれば手洗いをおすすめします)

■絹地は30℃以下の水を使用してください。
 木綿・麻に関してはぬるま湯も使用できます。

■もみ洗いはせずに押し洗いをしてください。
 シミなど汚れの目立つ箇所はつまみ洗いでお願いします。
 (特に絹地は摩擦を嫌います)

■一般に販売されているおしゃれ着洗い用の洗剤 または
 家庭用のクリーニング洗剤をお使いください。

■塩素系漂白剤はお使いにならないでください。
 (色柄生地は厳禁です 白い絹地も茶変することがあります)

■酸素系の色柄用漂白剤はお使いいただけますが
 一部にのみの使用は 他の部分と色落ちの違いが出る可能性があります。
 (頻繁な使用は色落ちを促進しますのでご注意ください)

■仕上げには一般的な柔軟剤がお使いいただけます。
 
■多少の色落ちがありますので 似たような色目のものと一緒に洗うか
 または単体で洗ってください。

■脱水は生地の水気が切れる数十秒〜一分程度で充分です。

■濡れたままの放置は避けてください。
 濡れた状態の生地には強いちからを掛けずに 優しく扱ってください。

■陰干しののち 完全に乾かないうちにアイロンを掛けると綺麗に仕上がります。

■アイロンの温度は中温が適当ですが 絹地はテカリが出ることがありますので
 当て布をするか またはハギレでお試しください。

■季節の入れ替えなどで長期間保管される場合には
 必ず防虫剤をお使いください。


何か疑問点等ございましたら ご遠慮なくお問い合わせください。

Copyright(c) wa-wong All rights reserved
このサイト内の全ての転用・複写を禁止します