......................................................................................................................................................................................................................................

わをんは着物からリメイクした服・小物を中心に
手作りのものをお届けするサイトです

ものが溢れているこの時代に 
新しいものをつくるということの意味を
折に触れじぶんに問いかけながら
素材とかたちの 分ちがたい繋がりを探しています

例えば 古い着物をひとつ手にして
たったひとつしかないその着物を どうしたら
いちばん輝かせることができるかを考えます

解かずに着るという選択肢からはじまって
解くには迷いのない瑕疵があったとしても
そこに鋏を入れ新しくつくりかえることで
限りある布の良さを損なってしまわないように

この素材だからこそ このかたちになった
そんなものづくりができたとき
きっとそれはただ作り手の自己満足ではなく
求める誰かと繋がることができるのだろうと思っています

たまたまご縁があって借りた家に
古い柳行李に詰まった着物がありました

着物が当たり前だった時代の
ひと通りが遺されていて
それらは着るひとも
譲られるひともなく
ひっそりと眠っていました

格子の銘仙や木綿の丹前
節句のための子どもの着物
刺繍の晴れ着はしつけがついたままに
錦紗の襦袢に絽の単
分厚い毛織りの道行
反物のままの縮緬
仕立てた残りの端布

ひと昔前なら
どの家庭にもあったような着物
けれど恐らく
同じものには出合わないだろう着物
それらは
たったひとつのもの作りをするには
これ以上望めないくらいの素材でした

そこからリメイクが始まりました
全ては
そこに着物があったからなのでした

+ about wa-wong +

+ about remake +

◇home

◇shop top

+ about wa-wong's clothes +

この先10年は着られる服が欲しい
ある時からそんなことを考えるようになりました

若い頃好きだったブランドの数々は
同じものがいくつも並ぶようになってしまい
かたちも流行によって変遷し
小さな布きれにからだを合わせなくてはならないようで
どんどん没個性になって行くような気もしていました

人と同じ格好はしたくない
けれど服が歩いているような奇抜なものではなく
少しだけ何かが違っていてそれでいて古くならない服
変わって行く年齢や体型を包んでも
綺麗に見えるきちんと感のある服

どこかにあるだろうそんな服を
古い着物の生地という
今の時代からは考えられない
手間を掛けて作られた確かな素材を通じて
手繰り寄せてみたいと思いました


Copyright(c) wa-wong All rights reserved
このサイト内の全ての転用・複写を禁止します