俺の料理帖  
   あぁ! もったいない
        すごくしみったれネ!」とおっしゃる方も多いいでしょう。
       ところがギッチョン!  どうせ食べるならうまくて、体によく、簡単で
       酒の肴になんて考えて、自分で料理を作っていくうち、自然にそれだけ
       しかかからんようになったとです。  
     

一食100円究極のメニュ
金がなけりゃ、安い材料使えばいい。
時間なければ、段取りよく作ればいい。
材料が足らなけりゃ、水増しすりゃいい。
ウデが悪けりゃ、頭ひねれば何とかなる。

自分のめしぐらい、自分で作らないのは、
「あぁ! もったいない」


どんな状況でもやる気になれば、めしは簡単に
作れると思います。

それでも外食に頼ったり、コンビ二やスーパーで
弁当買ったりして、自分で作らないのは、
「あぁ! もったいない」
と、あたしゃ思うのです。


   ■自然にできる“一食100円”
     ●「鶏皮は安い!」……鶏皮のカリカリ炒め
       鶏のムネ肉2K入り、わしの言う鶏肉です。
      これをひとかたまりずつ、ラッブで包んで冷凍しておきます。
      鶏の照り焼きや、みそ焼きはお弁当向きです。 冬には鍋物
      にもなるし、野菜の煮物にも鶏肉を使います。

       「鶏皮は脂っこいから取って捨てる。」とおっしゃる方が
      おりますが、そりゃもったいない。
       ムネ肉からひっぱがした鶏皮を、まず包丁で細くきります。
      これを中華鍋に入れ、フタをして弱火にかけます。
      途中でフライ返しで、一、二度かきまぜます。


        二分ほどたってフタとると、鶏皮からしみ出した脂の海の中で
      皮は少しカリカリした感じになってきています。
       ここにおろしにんにく少々と、ザク切のねぎをたっぶり入れ、
      中火でよく炒めます。
       次にもやしをドバッと入れ、強火でよく炒めます。
      酒を少々、塩、コショウを加えてガンガン炒めます。
      これぞまさに、夏場のビールにピッタンコ!
        

[レシピ2] [レシピ3] レシピ4 [トップページへ戻る]