恋して愛して………。
    

 
愛について、こうしたら愛されるとか、こうすると彼や彼女の気持ちを惹きつけ
 られるといった、具体的な方法論があるわけではない。
  いうまでもなく、愛は多彩で千差万別で、人それぞれ好みも愛しかたも違う。
 その結果はともかく、男と女の愛にはさまざまな見方や考え方があり、それを
 追い求めていくと、人間というものの妖しさと、不思議な愛しさにたどりつく。
 
  男の感情はともかく、女性は多彩で複雑で、常に流動的である。
 その動きは必ずしも理論的でなく、それがまた女の魅力となって
 男たちを二重に驚かせるのだから、不思議でもある。
  
  それでもなお人間の、そして男と女の本然的、かつ根本的な姿を探りたい。
 そして、その深さと重みについて想像し、考えるきっかけにしてみたい。

                                      
                                          田 顕彰

    

恋の効用
 恋すると女は美しく、男は生き生きとしてくる。
まさしく、恋はその人を内側から輝かせ、引き立たせる化粧品である

恋愛をすると、女性はきれいになると言うが、事実である。
 恋している女性の肌はみずみずしく艶がある。
性を堪能している女の表情は和み、肌は濡れているように見える


 恋をすれば、いままでにない自分を発見し、生み出せるとともに、
自分がどういう者であるかと言う事も知ることができる。
 自分は思っていた以上に身勝手で、自己中心的だったんだとか、
優柔不断だとか、かなり好色だとか、それまで気がつかなかった事が
わかってくる。  同時に、自分は以外に優しいとか、献身的だとか、
我慢強いとか、好ましいところにも気がついてくる。

 このように自分を知るとともに相手への理解も深まり、その結果人間
への関心が高まり、人間というものが好きになる。




燃えあがる愛
 あらゆる後悔や反省を振り切っても、なおいま目の前に迫っている
愛に燃えたい。 当然のことながら、ここから先は理論ではない。
 理屈でも知性でもなく、軆の奥深くに潜む本能そのものが暴れだす。
ここまで火のついた女性に、理論や常識などを説いても無駄である。

 すべてを承知で、なお堕ちていく女性には、理屈を説く人には感じる
ことのできない、快楽の花園が見えている。
 めくるめくほどの愉悦をわたしは知っている。
そう思ったときから、その女は一種の開き直りとともに、新たに
選ばれた、性のエリートとしてのプライドさえもちはじめる。

 いま凛子との恋は、まさしく久木にとって、最大にして唯一の
生き甲斐である。  女ごときに情熱を傾けて、という人もいるかも
しれないが、仕事も恋も人間の一生にとっては大きく、生涯をかける
に値いする。   そしていま、自分は一人の女性を恋して独占する
という大事業に、全精力を傾けて生きている。
 そう思うと、自然に身内から熱い思いが湧いてきて、自ずと凛子の
待つ部屋に心が駆けていく。
 
 命が燃えつきるほど人を愛する充実感は、他のことでは代えること
のできない悦びであり、ある意味ではこれほど強烈な体験は人生の
なかでもそうそうあるものではありません。
 
   男というもの、 見果てぬ夢かもしれない。
                               失楽園
 



男と女のはざま
 男は短距離走者で、女はマラソンランナーである。
当然のことながら、始めは男が先行するが、中盤から後半は確実に
女が抜いて、ゴールでは男はかなり差をつけられて、負けている。

 男はやはり演技者であるより、演出者でありたい。
大いなる役者であるより、秀れたプロジューサーになりたいと思う。
 だが女性のほとんどは、演出者より演技者を望む。

 男の理屈が女には通じないように、女の理屈も男には通じないかも
しれない。

 男と女は求めあいながらも、その真剣度が違うときがある。
男は軽い火遊びのつもりなのに、女が心から燃えていることがある。
逆に女は軽い遊びのつもりでも、男が本気で追いかけてくる時もある。

 男は基本的に女を信じきれないところがある。
現実に愛されているとは知りながら、男は女に、いつ豹変するか
しれない不気味さも感じている。

 男は自分に酔い、女はまわりの環境に酔う。


その2 その3 トップページへ戻る