喜望峰 "Finale" ユーフォニアム(バリトンホーン)
〜ベルフロント(フロントベル)・アメリカ式〜

KIBOHO "Finale" Euphonium (American Baritone Horn) Bellfront

 2008年3月8日。この日は、市ヶ谷の防衛省施設内で、ユーフォニアム仲間 Sen さんの「退官記念 "体感パーティ" 」が行われた日である。 この日、わたしたち「吹き飲み会」の仲間は、Senさんに喜望峰のテナーバストロンボーンをプレゼントした。
そのさい、カルロス社長に相談して、トロンボーンの購入と一緒に、このユーフォニアムを購入したのである。
…ほんとは、どっちをプレゼントしようか迷っていたのだけれど、SenさんはKINGのフロントベルユーフォニアムを所有していたはず、と思い、トロンボーンにしたのだ。(そしたら、ご本人から借用中だったという事実を聞きました〜!)

 というわけで我が家にやってきた、この楽器。いつものユーフォニアムとは違ったテイストで、なかなか楽しめる。
このモデルは、中細管仕様になっていて、細管マウスピース用のアダプタもついている。わたしは現在、手元にあったヤマハ51Dを使って吹いている。
 ちなみに、純正マッピは、ソプラノトロンボーンに使うことにした。これがなかなか良い感じ!
吹奏楽団の夏の野外コンサート「納涼コンサート」に使ったり、職場での演奏に使ったり、いろんなイベントで使ったりして遊ぼうと思う。

何とこの楽器、世界でただ1本の特注品だった!

喜望峰の社長、カルロスさんから教えてもらった衝撃事実!この楽器は、世界でただ1本の特注品だったのだ!

【カルロスさんからのコメント】
「こちらの品は某E○バンドのトロンボーン奏者の方の依頼による特注品です。
到着が待ちきれずにEbayでキングの物を落札されました。(それも私がやりました)
従って、日本にはこの1本だけです。 」

・・・日本に1台なら、世界にも1台だけのこの楽器。大切にしようっと!そして、思いっきり、遊んじゃおうっと!

音を聴いてみる?


クラークさんの作品より。間違えだらけですみません。
当時の演奏の感じを出すため?かなりヨタッて吹いてます(笑)

楽器の様子・・・
kiboho euphonium ケースがでかいんです!Willsonのハードケース(奥)との比較。

kiboho euphonium  kiboho euphonium


わたしが 喜望峰 "Finale" を買う(すすめる)理由…

 ソプラノトロンボーンのコーナーでも書きましたが、喜望峰の社長・カルロス中川さんは、中国の数ある楽器製造メーカーから、わたしたち音楽愛好家たちの、あるときは素朴な、 あるときはマニアックなニーズに応じて、初心者からプロまで幅広く使える様々なレベルの良質の楽器を選び出し、交渉、注文&技術指導をしたのち輸入し、 秋葉原のオフィスに常駐しているリペアスタッフの手によってすばらしい機能性と音色を備えた楽器に変身させて、格安で提供しています。
そして、使用機会の少ない特殊な楽器や、ここでしか買えないような面白い楽器を、ハイクオリティながら安価で提供してくれます。
さらに書き加えておきたいことは、単に中国製管楽器を輸入して販売するような代理店とは違い、優秀なリペアスタッフを置き、ほとんど改造!というくらいに手をいれ「使える楽器」にして販売していると言うところです。
「使える楽器を格安で」「面白い楽器を身近なものに」「丁寧なアフターサービス」「社長であるカルロス中川氏のあたたかい人間性」
これらが、喜望峰の面白さであり、わたしが喜望峰の楽器をすすめる理由は、ここにあります。

さあ、喜望峰の楽器が気になったあなた、さっそく問い合わせて、遊びに行ってみましょう!今まで吹いたことのない面白い楽器に会えるかもしれませんよ。
輸入楽器の喜望峰
http://www.kiboho.net/


メニューへもどる