竹内広三 豊山哲史 ユーフォニアム デュオ リサイタル @宇宙あそびむら
「ユーフォニアム・テューバ 吹き飲みお泊り会2006」 @風のロッジ


 2005年11月に主催したイベントに引き続き、北海道の竹内広三氏を千葉にお招きしての企画第2段!!今回は、なんと、夢にもでてこなかった「リサイタル」をやることに!!!しかも、竹内さんとの「デュオ リサイタル」 心の師匠との共演ですよ!!いやはや〜〜〜!! ということで、人生最大級の大イベントとなりました!!!さらに、その日の晩には「吹き飲みお泊まり会」!昨年以上に盛りあがりました!!同好の士が楽しく過ごすひとときは、何ものにもかえがたい嬉しい時間でした!!
 わたしは「音楽が大好き!」という気持ちだけで20年近く楽器を吹いたり指揮振ったりしながら音楽を続けてきましたけれど、この「デュオリサイタル」で、ひとつの総まとめができたかな、って感じです。 いままでの経験やいろんな人との出会いへの感謝を、ぜんぶ音にした…みたいな感じです。それくらい、大きなイベントでした。 竹内さんをはじめ、イベントに協力してくれたみなさん、リサイタルや吹き飲み会に参加してくださったみなさん、応援してくださったみなさん、今までであったすべての人に、感謝!!みなさんとともに作った音楽、ともに作ったイベントです。
 このページでは、そのイベントの一部始終を、ダイジェストでお届けいたします!



リサイタル前日〜お迎え&リハ〜
2006年11月24日(金)

 この日は年休をもらい、FdeD氏と羽田へ。竹内さん、そして、秋田のkei.さん、昨年 八街で竹内さんのレッスンを受講したぴろしきさんと合流。 ピアノを弾いていただく予定だった河上素子さんと一緒に「ライオン」で食事をしてから、いざ出発!!(素子さん次回はぜひご一緒いたしましょう)
行き先は…秋葉原「輸入楽器の喜望峰」!!
「喜望峰」はイベントのスポンサーも引き受けてくださいました。社長のカルロスさんは、リサイタルに楽器の試奏コーナーを設けることを快諾してくださり、ご本人自らリサイタル&吹き飲み会に参加してくださったのです!!ありがとうございます!!
喜望峰にて試奏大会!? ← 喜望峰にて「バストランペット」「ロータリーアルトホルン」「セイヤータイプTb」の試奏!!
 喜望峰のユーフォニアムとバリトンを預かり、ゆうき!@親分氏と落ち合い、FdeD氏が奇跡の積み込みをみせて、いざ、リハ会場の千葉市立千葉高校へ出発!千葉高校では、竹内さんによる低音金管セクションのクリニックと、リハーサルを行いました。 千葉高校の吹奏楽部の顧問O谷さんは、「のぎくプラザ吹奏楽団」で一緒に演奏していたことのある仲間なのです。今回、そのご縁でここを会場とさせてもらうことができました。 高校では、伴奏者のまいきぃさんと初対面。そしたらまいきぃさんとO谷さん、同じ大学出身で、まいきぃさんも教職につく予定とか…。不思議な縁が、ここにも生まれた…。
千葉高校にてクリニック ↓ 公開リハ。気持ちの良い合わせでした!!最高!!
↑ 千葉高校ロウブラスセクションクリニック。音の出し方が、とっても良くなったよ! 千葉高校にてリハーサル
 リハの後は、合流したゆうき!さんと分乗して、まいきぃさんも一緒に、我が家へ!お楽しみ「前夜祭」です!!kei.氏持参の日本酒など、たくさんのお酒があっという間に空っぽに!!かな〜り飲みすぎました(笑) 昨年も飲みすぎて懲りたはずなのにねぇ…。だって、嬉しかったんだもの。仕方ないね…。話に花が咲き、翌日の本番はひとまず置いて、深夜まで楽しく飲み語らいました…。
堅パンをたべるひと1
堅パンをたべるひと2
堅パンをたべるひと3
ぴろしきくん(ぴろちゃん)持参の「堅パン」を食べる人々。これ、ホントに堅いんですよ。でも美味しい!!それにしても、同じ堅さのものなのに、なんでこんなに表情が違うかねぇ?


竹内広三 豊山哲史 ユーフォニアム デュオ リサイタル 当日
2006年11月25日(土)

 そして翌朝。グロッキー気味に起きたわたし。飲みすぎた…。朝食の後、「宇宙あそびむら」へ移動。宇宙あそびむらは、幼稚園なんです。ひげあき団長(園長)を中心に、みんなで会場設営をして、 リハ開始!はるばる福岡から、だんな@EUPHさんも来てくれました!!
リハです。 リハです。
 さあ、そしていよいよ本番。司会は、いつもお世話になっている土屋紀元さん。とってもうまいんです! 全国各地からたくさんのお客さんに来てもらうことができて感激です。第1部「ソロステージ」第2部「デュオステージ」夢のような時間でした。
土屋さん。土屋さん 客席沢山のお客様
とよソロとよ たけソロ竹内さん

プログラム

日時:2006年11月25日(土) 14時開演
会場:宇宙あそびむら (千葉県山武市下横地1775)
<電車>JR総武本線/東金線 成東駅よりタクシーで10分
<クルマ>千葉東金道路「山武成東」で降りて約20分
料金:無料
ユーフォニアム:竹内広三 豊山哲史
ピアノ:平瀬麻依子・関根未央(芭蕉布のみ)
司会:土屋紀元
協賛:株式会社グローバル、株式会社ダク、山野楽器ウインドクルー
輸入楽器の喜望峰(Finale)
友情出店:硝子屋PRATO PINO
<ソロステージ>
   芭蕉布(普久原恒勇) とよ
   パナッシェ(デュハースト)たけ
   古代のアメリカ先住民の歌(ギリングハム) とよ
   「パールズ」より DUCATI SPS916(セントパリ)たけ
   ユーフォニアムとピアノのための幻想的変奏曲(伊藤康英) とよ
   パントマイム(スパーク)たけ
   北の宿は岩の上に(伊藤康英)たけ
<デュオステージ>
   フォーレの2つのデュエット
    1 この世のすべての魂に
    2 タランテル<
   聖なる寺院の奥深く(ビゼー)
   2パート・インヴェンション(スパーク)
たけとよデュオ&まいきぃ
<アンコール>
   沖永良部の子守唄(とよ/喜望峰のバリトン使用)
   さとうきび畑(喜望峰のバリトン・ユーフォニアム使用)
   Softly, As I Leave You
※デュオ/アンコールは、1st 竹内さん、2nd とよです(「さとうきび畑」のみ入れ替わってます)。
たけとよデュオ&まいきぃ
演奏を聴いてみる (texbox euphonium が合言葉。)

※「芭蕉布」のみ、職場の同僚のせきねさんに弾いてもらいました。  そして、芭蕉布にはエピソードが…。
芭蕉布、過去に沖縄で チャンプルーズ が歌うのを聴いたときにしびれたんですよ。新垣勉さんのCDにも入っていて、これがまた染みるんです。
リサイタルでは沖縄の曲を演奏しようと思っていて、ぴんときたのがこの曲でした。楽譜を探したら、フルート用のアレンジがあって、取り寄せてみたら、編曲者は山口景子さんとありました。 プロフィールを見たら、びっくり!彼女はなんと東京音大でユーフォニアムを専攻していたそうなんです! (しょうじ先生の後輩だそうです)
ウェブサイトももっていらして、メールでやりとりさせていただいちゃいました。これも不思議な縁ですね。ユーフォニアムの輪は、こうやってどんどんつながってゆくのです!嬉しいね!
山口景子ホームページ

出店協力への感謝
 町のお友だちで、夫婦で硝子屋をやっているアーティストえいちゃん、みかさんの「硝子屋PRATO PINO」さんが出店してくださいました。 わが町のアーティスト。ユニークな作風は、独特のたのしい世界を持っています。みなさんも要注目ですよ!取り寄せも可能じゃないかな?かわいいのもいっぱいありますよ!!
 また、「輸入楽器の喜望峰」からは、はるばるカルロス中川社長がおいでくださいました。ユーフォニアムとバリトンの展示コーナーには、リハの最中から人だかりがしていました。 みんな吹いてみてびっくり、さらに値段を聞いてさらにびっくり!でした!!
音色はバッチリだし、音程は良いし、整備はきちんとされているし。これでバリトンが…万円、ユーフォニアムが…万円だなんて!信じられない!!気になるあなたは、すぐに喜望峰のサイトへ飛んで、連絡してみてね!!
喜望峰「Finele」ユーフォニアム 喜望峰「Finele」バリトン
喜望峰「Finele」ユーフォニアム 喜望峰「Finele」バリトン

お客さま、ひげあきさん、手伝ってくれたみなさん、協賛企業さまへの感謝
 この演奏会を開催するにあたり聴きに来てくださったみなさま、応援してくださったみなさま、会場を提供してくださり、準備片づけ等協力してくださった ひげあき さん、 いろいろと協力してくださったスタッフのみなさま、 ピアノ弾いてくれたまいきぃさん、せきねさん、そして協賛各社のみなさま、多くの企業に話を通してくださった青島可奈先生、 ほんとうにありがとうございます。 みなさまのおかげをもちまして、リサイタルは大成功できました!! このような夢舞台を、今後も創ってゆけたらと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。
たけとよデュオ&まいきぃ

竹内広三さんへの感謝
 竹内さんが「リサイタルやりましょう」と言ってくださらなかったら、わたしは一生このような演奏会を開くことなく人生を終えていたでしょう! ほんとうに竹内さんには感謝でいっぱいです。はるばる北海道から駆けつけてくださいまして、ありがとうございました!!これからも、懲りずに千葉にいらしてくださいね!!また呼んじゃいますので!!

続きは…「ユーフォニアム・テューバ吹き飲みお泊り会2006」のページになります。← 行ってみよう!

こちらもご覧下さい。
竹内広三氏のウェッブサイト
とよのウェッブサイト


トップへもどる

ページ作成 by とよ