はじめてのマイ ユーフォニアム、 YEP-641 特注品!

ここでは,わたしが2002年3月に購入したヤマハ プロモデルユーフォニアム YEP641 特注品 ゴールドブラスベル ラッカー仕上げ について紹介します。 その音を聴きたい人はこちら!

ヤマハ YEP-641 特注品 ゴールドブラスベル・ラッカー仕上げ。2002年3月に銀座ヤマハにて購入しました!

とよ(Tex)と、ユーフォニアムとの関係。

 2002年3月19日。この日,わたしはついに念願の「マイ ユーフォニアム」をもつことになった。
中学生のころからトロンボーンを吹いていたわたしは,高校生のころから,ひそかにユーフォニアムのおもしろさや音色の魅力にとりつかれていた。2学年上に素敵な音をきかせるすばらしいユーフォ奏者がいた,というのも大きな理由だった。18才のとき,いとこの結婚式に参加するため神戸に行ったときには,わざわざ大阪の三木楽器心斎橋店まで足を伸ばしブライアン・ボーマンの「THE SACRED EUPHONIUM」とチャイルズ兄弟の「CHILDS PLAY」という2枚のCDのみを買って帰ってきたほどである。
 そんなわたしが,2年前から参加している町の吹奏楽団で,持ちかえでユーフォニアムを担当するようになった。実際に吹いてみると,ユーフォニアムにはトロンボーンでは味わえない何ともいえない美味しい世界があった(トロンボーンにはトロンボーンのよさがあります。念のため)。
 すっかりユーフォな人になってしまったわたしは,自分の楽器で演奏を続けていきたいと考えるようになった。ユーフォ奏者として楽団で演奏したくなった。しかし,いい楽器はとても高価だった・・・。せっかく買うのならば素敵な音の出る最高級品をとことん吹きたい!とは思うのだが,本当に高い。わたしが楽器を買えるまでは何年かかることか・・・。と考えていたそんなとき,ヤマハ銀座店で金色の中古ユーフォニアムを見かける。これが運命の出会いだった!

The GoldBrass. Inside of my euphonium.

はじめてのマイ楽器、ヤマハ赤ベルユーフォニアムとの出会い。

自分のユーフォニアムが欲しい。本気でそう思ったのは,2002年2月,成東町のぎくプラザ吹奏楽団第4回定期演奏会を吹き終えた後だった。このときはじめて全曲ユーフォニアム奏者として演奏会に乗ったのだが,完全にユーフォニアムの魅力にとりつかれてしまった。 自分のユーフォが欲しい。でもユーフォは高くて買えない,と半ばあきらめていたわたしは,2002年の初めにヤマハ銀座店で金色の中古ユーフォをみかけた。 このときには,お金をためて数年がかりでヤマハカスタムを買うぞ!と思っていたのでそのまま素通りだったのだが,3月になり,借りていた楽器(ヤマハYEP621S,ベッソン765−2)を返すというときになって, それまで毎日すこしづつでも練習していたユーフォニアムが練習できなくなり,ひじょうに寂しい思いをしたのだ。このままユーフォをやめるか。 でも,やっぱり続けたい。そう思った私は,中古物件を探し回った。どの楽器屋も,ネットオークションも,納得のいく楽器を出してはいなかった。 そんな中で思い出したのが,ヤマハ銀座店の楽器だったのだ。さっそく電話をした。まだ残っていた。電話で預かってもらい試奏に行った。試奏は狙いの物件のほか,中古のYEP621S,新品のYEP642S,そしてYEP842と計4種類を吹き比べる形で行った。 試奏した中では,響きや「らしさ」からいって,YEP642Sがかなり良かった。個体差・個人差はあると思うが,私が吹いた感じでは,その642Sは,842よりもいい音が鳴ったのだ!そして,お目当てのYEP641特注品だが,ラッカー特有の音の華やかさ,ゴールドブラスベルの独特のまろみのある音,ヤマハならではの音程のよさ, そして前オーナーの扱いのよさが伺える全音域での鳴りのよさ,外観も新品同様,更に希少価値あり?ということで,迷いなく即決!とてもよい買い物だった。
 この楽器が,わたしにユーフォニアムの魅力を教えてくれたし,この楽器を通じて,たくさんのひとたちと繋がることができたのだ。すばらしい仲間との関係を結びつけてくれたこの楽器には,とても感謝しているし,これからもさらにたくさんの人とのつながりを結ばせて欲しいと願っている。

ヤマハYEP641特注品 ゴールドブラスベル ラッカー仕上げ。2002年3月に銀座ヤマハにて購入しました!

とよ の ヤマハ赤ベルユーフォニアム 関連記事一覧

ルーツを探る旅。ネットのチカラを改めて認識。「ヤマハ YEP-641 赤ベルラッカー仕上げ」のルーツを探れ!
試奏者の感想です。「ヤマハ YEP-641 赤ベルラッカー仕上げ」演奏者の声。
2003年4月にウォーターポットを付けました。取り付け記はこちら。
2003年9月に小物(パーツ)購入、4番管のボトムキャップを交換しました。
銘記誕生秘話が明らかに!必見!2004年2月15日、ヤマハ赤ベルユーフォの生みの親に会うことができました!感激!
陸上自衛隊東部方面音楽隊の二瓶氏に教わったマル秘ワザを大公開!このワザであなたのベルを守ろう!


楽器の紹介です。(2004年補筆訂正)

ヤマハ プロモデルユーフォニアム YEP-641特注品 (#101421) ラッカー仕上げ,ベル・マウスパイプはゴールドブラス製。
市販品のYEP641との相違点はいろいろあります。譜面たてがありません。1・3番管は同じものが使用されています(3番管が短いのです!)。 しかも、ウォーターキイなし!裏表にしても入るし、1番と3番を取り替えることもできます!

ベルが赤いのが分かりますか?ゴールドブラスです。マウスパイプもゴールドブラスです。





反対側です。細かいところをのぞいて、基本的なデザインは銀メッキの製品(市販品)と一緒です。

ウォータキイ。初期型はキイが反対側についていて体にあたるという話を読みましたが,この楽器は改良されていますね。





こっちがわにはウォータキイがついていません!1番と3番の管が同一なので裏表にしても入るし、1番と3番を取り替えることもできます!




なんと!ヤマハプロモデル特注品ラッカー仕上げを使用している方と,ネット上で知り合いました!
YEP642特注品 ラッカー仕上げ を愛用されている やまもさんです。
やまもさんのHPは,ただいま閉鎖中です… やまもさんの楽器も拝見できます!
やまもさん、今後とも、どうぞよろしくお願いします〜!



もどる