ラフィネのユーフォニアムキャンプ 2008冬

とよレポート その1!



12〜14日の日程で参加してきたユーフォニアム・キャンプについて、内容や感想を、
関係者以外のかたにもわかりやすいように、まとめてみたいと思います。 

キャンプといっても、野外宿泊ではありません(笑) 
合宿です。 
ユーフォニアムという楽器をより良く演奏したい。 
ユーフォニアムという楽器を使って、より良い音楽を演奏したい。 
という人が集まる、合宿です。 

主催は、のぎくプラザのサロンコンサートに出演したこともあるユーフォニアムトリオ「ラフィネ」。 
講師は、ラフィネのメンバーである、青島可奈、庄司恵子、吉田えりの3名。プロフェッショナルのユーフォニアム奏者です。 

参加者は、約30名。 
今回は、小学生や中学生も何人かいましたし、高校生も多くて、若々しい感じのキャンプでした。 
他には、音大生や音大受験生、非音大の大学生。 
社会人のユーフォニアム愛好家、20代から50代まで! 
といった感じです。 

男女比ですが、女子の参加者のほうが多かったです。 

参加者は、もちろん、3名の講師の生徒さんも多いのですが、 
それ以外に、わたしのような普段師匠について習っているわけではないような一般の愛好家もいて、北は北海道、南は滋賀からと、関東圏を中心にしながらも、広い地域から参加者があつまってきました。 

どんなキャンプかというと、受講生自身が用意してきたユーフォニアムのソロ1曲を、合宿中にレッスン等を通じて高め、最後に発表しあうという感じです。 
もちろんソロ曲のレッスンや、受講者の発表会だけでなく、 
楽器を演奏するにあたって大切な基礎的な演奏技術を確認したり、高めたりする(あるいは、そのためのヒントをみつける)ための基礎講座、 
講師の演奏を聴くことができるミニコンサート、 
ピアノ伴奏者との合わせ、 
代表者の公開レッスン「マスタークラス」 
おたのしみ「特別講座」 
夜のお楽しみ「懇親会」 

などなど、盛りだくさんの内容がつまった、2泊3日。 
それ以外の空き時間には、ユーフォ仲間たちと、まったり濃い楽器の話をしたり、買い出しに行ったり、昼寝したり、などなど。 

今回も、楽しいキャンプとなりました。 
愉快なユーフォニアム仲間も、増えました。 

詳細は、次の日記にて!



つづく。


みんな のキャンプレポートのページへ

とよ のユーフォニアムのページへ
とよ のキャンプレポートのページへ
"TexBox" トップページに もどる