ラフィネのユーフォニアムキャンプ 2008冬

もちおレポート「キャンプに行ってきました」



いわゆるアウトドアではなくて、ユーフォ合宿ですけどね。 
3連休はそれで終わりました。 

このキャンプはプロのトリオの先生が夏と冬に開催しているもので、夏はアンサンブルで、冬はソロをやろうというもの。 
自分は今回で5回目参加でした。 
でも3年の夏キャンプ以降行けてなかったし、冬のキャンプになると大学1年の時に行ったので2回目。 
なのでピアノ伴奏のソロは3年ぶりといった感じでした。 
もうそんな経っていたのかとちょっと感慨にも浸ったり(笑)。 

行ってみると常連さんはもちろんのこと、下の年齢の幅がさらに広まってました。 
自分は行き始めた頃は高校生でも若いって言われていたのに今回は小学生まで。 
小学生からユーフォが吹けるなんてなかなか珍しい感じもしますよね。 

練習は基礎講座と個人レッスン。 
定演が終わってからあまり吹けてなかったので、まとめて吹くことができてよかったですわ。 
基礎講座は基礎練のさぼりっぷりがよく分かってしまいやらなきゃなぁと思ったり。 
しばらく演奏会とかはないし、練習する時は基礎練とソロ曲をやるようにしますかね。 

個人レッスンでは発表する曲を見てもらう。 
今回はテレマンのソナタ。 
ガチンコのバロックです。 
譜面的に無理な部分が少ないのと、あまりこういう曲に触れることがないからたまにはいいかなと思いまして。 
レッスンではこういう音楽の捉え方みたいなのを教えてもらえたし、いい勉強になりました。 
あとサークルの先生と同じようなことを言われちゃいました。 
プロの人2人に言われるとなると明らかに弱点。 
ここも克服したいね。 

あとは勢いでマッピを買ってしまいました(爆)。 
定価17000円以上するものをマッピケースと一緒にして14000円と破格の値段にしてもらって。 
だって吹いてみたら吹きやすかったんだもん。 
少し買い物をしようかと思ってはいたけど、ここまでは考えてなかったんだけどなぁ。 
でも悪いマッピではないと思うので使ってみようかと思います。 

で、肝心の発表。 
いやぁぼろぼろでしたわ(汗)。 
録音どんなことになっているんだろう。 
それほど緊張していた感じはしなかったんだけど、あの感じを考えてみるに緊張していたんだろうね。 
きっちりまとまりを作る、差をつける、ピアノと絡む、速指をしっかり回す、息を入れるとかいろいろやりたいことはあったけど、どれも不十分だったなぁ。 
練習不足もあるし、集中力もなんか足らなかった。 
舞い上がってたんだろうね。 
ソロはもっと慣れが必要そう。 
ピアノ伴奏のソロをやる機会なんてそうそうないんだけどね。 
来年行けるようなら今度こそリベンジだな。 

とにかくちょっと停滞気味の自分にいい刺激になりました。 
たくさん吹けたし、うまい人の演奏をたくさん聴けたし。 
そして何より周りの人(特に年下の子)の成長っぷりを見ていると焦る。 
自分とはいろいろ環境が違うとは言え、置いてけぼりにはなりたくないのでね。 
気持ちを切り替えてまた頑張ろうと。




みんな のキャンプレポートのページへ

とよ のユーフォニアムのページへ
とよ のキャンプレポートのページへ
"TexBox" トップページに もどる