ラフィネのユーフォニアムキャンプ 2007冬

〜 とよレポート 番外編1 〜



寝ようと思ったのに、目がさえてきちゃったので、 
番外編から先に、ちょっとだけキャンプレポを…。 



キャンプの自由時間中に、自主イベント「マウスピース試奏会」を2度にわたり開催しました。 

自分のマッピや、 
キャンプに出店?出張?していたダク@岩井支店のマッピや、 
参加されたみなさんのマッピを持ち寄って、あれやこれやためし吹き大会! 

2回目のほうが本数が多くて、20本以上あったかも!! 
参加マウスピースブランドは… 

アイルリッヒ 
アトリエモモ 
ヤマハ 
グレッグブラック 
グレイゴ 
ハモンドデザイン 
シルキー 
ラスキー 
DEG 
デニスウィック 
ティルツ 
ユッポB 
まだあったかも。 
同一ブランドの別型番も多数ありました。 


写真1 試奏会参加マウスピースたち



こんなにいろいろ吹けるってことは、そうそうあるもんじゃないですよね。 
みんなで楽しくワイワイブイブイ吹きまくり! 

この中には、よそでは吹けないような特殊なものも多数ありました。 

ユッポB(笑)とか、 
昨年自分で「ハモンドデザイン」を創業したカール・ハモンド氏が手がけた、シルキーのカスタムマウスピースとか。 
だるまみたいに太ったグレッグブラックのへヴィータイプとか。 
ヤマハの「SHスペシャル(53HL)」の銀メッキとリム金メッキの吹き比べとか。 

いろいろ吹いているうちになんだか分からなくなってきたりもしたけれど、発見もいろいろありました。 

ぐっちょんのモモ(プラチナ加工)はすごく良く鳴るマウスピースでした。同じモモの他のともぜんぜん違った! 

個人的に気に入ったものは、やはり響きが明るく鳴るものだった。 

結局、その場でハモンドデザインの12Lを買っちゃいました。 
でも、わたしにはちょっと小さく感じたので、同じものを所望されていた ますますさん と調整して、
わたしは後日入荷する11Lを購入、12Lはますますさんが買うことに。 

その ますますさん、エクセル立ち上げて吹き心地を表にまとめている姿が印象的でした。 

あこちゃんは、ハモンド氏の作ったシルキーカスタムマウスピースを悩殺価格?でゲット! 
あれも良いマウスピースだったよね〜。 

みなさん、いろいろ吹いて「これ良い!」っていうものが見つかったようです。 
わたしも新しいマウスピースを見つけて、今年も楽しく演奏できそうです。 


後日談… 

実は、ハモンドデザインは12月にダクに行った時に試奏済みで、気になっていたので、 
キャンプ前にハモンドさんにメールを出してみていたのです。 
そしたら、昨日返事が来ていたんです!! 

カスタムマウスピースを注文する場合のことや、シルキーのカスタムマッピのことなど、やりとりしました。 

日本の代理店はグローバルなので、カスタムの注文も、グロ経由でオーダーして欲しいとのことでした。 
グレッグブラックみたいに、ウェブで注文したほうが圧倒的に安い、ということもなさそうですね。 

さらにハモンドさんとはメールでやり取りしました。そのへんのことは「マウスピースボックス」のネタにしますね。お楽しみに!

ところで、参加者のみなさん、試奏会楽しかったですよね! 
こんな機会、なかなかないよねぇ。 
次のキャンプでも、またみんなで持ち寄って、試奏会やりましょうね! 


ダクの Iはたさん、いろいろとご協力ありがとうございました!!


写真2・3 ハモンドデザイン 12L(後日、ますますさんのものになりました。詳しくはマウスピースボックスに書きますね!)
hammond design 12L hammond design 12L


つづき「番外編2」へ。
つづき「本 編」へ。


みんな のキャンプレポートのページへ

とよ のユーフォニアムのページへ
とよ のキャンプレポートのページへ
"TexBox" トップページに もどる