ラフィネのユーフォニアムキャンプ参加レポート 2006 winter

〜 「2パートインベンション」を吹きましたっ! 〜

 プロユーフォニアム奏者 青島可奈さんが主宰されている「ラフィネ」のユーフォニアムキャンプに参加してきました。 昨年の冬に初参加して、その年の夏、そして今回というわけで、3回目の参加です。

 冬のキャンプはソロキャンプ。
 今回は、可奈先生のサイトの掲示板で交わした約束「キャンプでゆうほん氏と2パートインベンションをデュエットする!」を実現させるため、スパーク作曲「2パートインベンション」に挑戦しました! 振り返ってみると、わたしは毎年かなり大胆に難曲にチャレンジしてますね。
でもそのたびにレベルアップしている気がするので、今回も張り切っていくぞ〜〜っ!というスーパーポジティブな気持ちをもって臨んだキャンプでした。

 この曲の練習は、やると決めたときから、少しずつ重ねていました。
ただし、早い部分(指定テンポ152)はかな〜〜りゆっくりさらっており、結局あまり上がらないままキャンプに突入となってしまいましたが…。
さぁ、どうなりますやら!?乞うご期待!?

その前に… 講師のラフィネ代表 青島可奈先生のサイトは、こちらです。
可奈先生のキャンプレポートもあります!必見!

差し入れで好評だったお酒の紹介コーナーは、こちらです。

それから、わたしの友人「メガネ」こと ぴろしき 氏のやたら詳しくやたら楽しい「キャンプ初参加レポート」はここをクリック!


1日目

ラフィネのユーフォニアムキャンプに参加するため、クルマで出発。

 雪が積もっていて、なんだか心配だったので、雪の解けたであろう11時前ころ(だったかな?)家を出ました。
外房経由で行ったのだけど、大原、勝浦、鴨川等の市街地は雪で慎重になったドライバーのため、ノロノロ状態…。
それでも、途中勝浦で酒蔵「東灘(あずまなだ)」に寄って差し入れのお酒をゲットしました。
そんなわけで、キャンプ地「おめいど荘」に着いたのは、受付時間ギリギリ…。


今回「2パート」を演奏する相方ゆうほん氏は、横浜からの参加です。渋滞等で、ちょっと遅れるとの連絡が。
さて、荷物を部屋に入れ、楽器を出してホールに行くと、さっそく開講式。日程説明、諸注意、自己紹介など。
今回は、男性は、おじさん中心。
女性は、学生中心。そんな感じでした。
同世代や、その上の年代の男性が多いので、なんだか面白そうだなぁ。という予感。初参加の方も多かったです。


基礎講座

そして、さっそく基礎講座へ!
ラフィネのキャンプでは、「ラフィネのデイリートレーニング」という教本を使って参加者全員で基礎練習をたっぷりやります。
これが、ふだん合奏等で曲ばかり吹くハメに陥っているわれわれアマチュアおじさんプレーヤーにとっては、貴重な基礎練習の機会なんです(よね、みなさん?)。
ちなみにこの時、現在のメインマウスピースのボーマン(BB1)ではなく、ちょっと大き目のヤマハ53Hで鍛えようと思って使っていたのですが、なんだか音がへなちょこでした。マッピのせいじゃないのかなぁ??(でもその後ボーマンに替えたら、良い具合でした。唇の状態がよくなっただけかもしれませんが)
基礎練の時、みんなの使用マッピを聞く時間があったのですが、そのときのわたしの回答は「ヤマハ」でしたが、実際のところ、やはりしばらくは「DEG(あるいはボーマン)」という答えになりそうです。

キャンプ参加者(含・講師)の使用マッピ…

・バック(やはり多めだった)
・グレイゴ
・ストーク
・アイルリッヒ
・シルキー
・ヤマハ
・モモ
・グレッグブラック
・ぺラントゥッチ
・その他…

ちなみに、そのときに「eupho B」という謎のマッピが話題になりました。所有者は、1めがね こと、ぴろしき氏。
11月の「クリニック&リサイタル」「吹き飲みお泊まり会」に参加してくれた友人です。彼は、そのマウスピースをヤフオクで120円で落札したのだそうです!送料や振込料のほうが高くついたみたい。すげぇ。


その日はレッスンもなく、ゆうほん氏とひたすら合わせました。
アレグロは、とりあえずテンポ110が目標値となりました!頑張ろう!!


講師コンサート

そして、美味しい夕飯の後は、講師のコンサート。
わたしは、うっかり風呂に長めにつかってしまい、開演を遅らせてしまいました…。
この場を借りて、お詫び申し上げます。すいませんでした…


講師コンサートは、講師陣&助手Sず木氏のソロ、そして「ラフィネ」のアンサンブル。
いつもながらの多彩な選曲、素敵な演奏!
楽しませていただきました!!
特にソロは選曲はもちろん、演奏や準備?など、随所に先生方それぞれの個性が光って、面白かったです。


楽典講座

その後には、楽典の講座もありました。
音大などで専門的に勉強した経験がないわたしのような愛好家にとって、楽典は素通りしてきてしまっている部分です。
今回、音程とか、調性とか、いろんなことを駆け足で教えていただきました。短3度とか、聞いたことはあっても気にしていなかった(笑)ような、そんなことの意味を改めて知ることができました。
おじさん愛好家は、こういう機会でないとこういう勉強をしないので、これからもこの講座には参加したいと思います。また開いてくださいね、可奈先生!


プチ宴会
そして、その後は、お楽しみの宴会(ただし初日なので「プチ宴会」ということになっている)。


しかし、プチという言葉の意味は、この夜の辞書には載っていませんでした。
宴会はものすごい盛り上がりでした。


特に、今回新しくできた講座「ボイスアンサンブル」の「野菜の気持ち」という曲をアレンジして作った「酒の気持ち」という曲の練習〜プチお披露目?は、かなり盛り上がりました。
深夜遅くまでわいわいアンサンブルやってました。
これが最高に楽しかったんです〜〜!!


そうして、深夜3時過ぎに就寝…。
まだ残って飲んでいる集団もいたような…。

2日目〜3日目に続く。


とよ のユーフォニアムのページへ
とよ のキャンプレポートのページへ
ぴろしき のキャンプレポートのページへ
"TexBox" トップページに もどる