エフエム世田谷 「ラジオ冒険王」 天中平 出演


収 録 : 2006年(平成18年) 8月11日(金) 21:30〜22:00

放 送 : 2006年(平成18年) 8月12日(土)  0:25〜 0:45


エフエム世田谷 用賀スタジオにて



エフエム世田谷「天中平」出演 収録中!

エフエム世田谷「天中平」出演 収録中!
エフエム世田谷「天中平」出演 収録中!



 あのグラ・スーパーナイト〜ラジオ冒険王〜」  【 輝け!大人バンド 】のコーナー


  「湯原さん」は、パーソナリティの湯原昌幸さん、 「石上さん」は、アシスタントの石上貴子さんです。


石上さん : このコーナーは、通称「大人バンド」をプロ・アマ問わず、ご紹介していくコーナーです。

湯原さん : それでは今晩のお客様をご紹介しましょうか!
       天中平の6人のメンバー中の、スタジオに来て頂いたのは、御三方です。 どうぞよろしく〜。

KAZUKI&コロすけ&elfin : よろしくお願いしまーす。

湯原さん : それでは、簡単に御一方ずつ自己紹介をお願いします。

elfin : シンセサイザー担当のelfinと申します。 よろしくお願いします。

コロすけ : ボーカル、アコギ担当のコロすけです。 よろしくお願いします。

KAZUKI : ベース担当のKAZUKIと申します。 よろしくお願いします。

湯原さん : これに、通常はあと3人がプラスされて、合計6人のメンバーということですね。

KAZUKI : はい、そうです。 私達は、NSPというフォークグループのコピーをやっているんですが、

湯原さん : NSP、聞いたことありますね!

KAZUKI : ご存知ですか?

湯原さん : ええ、名前だけは。

KAZUKI : 「夕暮れ時はさびしそう」とか、ヒット曲があるんですけれども。

湯原さん : 僕らは、それ以前のグループサウンズなので、その後に僕らはいわゆる「貧困の時代」が始まってしまい、
       人の音楽を聴いている暇がなかったんですよ。
       ですからフォークソングのブームがあるというのは、うっすらとニュースでは聞いていましたけど、あんまり
       自分の事として聴いた覚えがない。 ちょっと僕、知識がないかもしれないので、そこらへんも含めて、
       教えて頂きたいと思います。
       それで、そのNSPというのはどういうバンドだったんですか?
       elfinさん、なんか、NSP通らしいじゃないですか!

コロすけ : すごい「通」なんです!(笑)

elfin : 岩手県出身の3人のグループで、天野滋さん、中村貴之さん、平賀和人さん、というメンバーで、1973年に
     デビューしたバンドです。

湯原さん : もう33年前になりますね。

elfin : はい、前半はアコースティックなフォーク色の強い曲が多く、後半はだんだんバンドの形式になって、10数年
     活動されていたんですけど・・・

湯原さん : ごめんなさい、フォークブームの、前半・中盤・後半、どの辺ですか、NSPさんは?

elfin&KAZUKI : 中盤くらいですかね?

elfin : でも、メンバーもコンサートでは、グループサウンズの曲をコピーして披露されていた時代もあったようです。

湯原さん : 「雨のバラード」なんかやってましたかぁ?

一同 : ・・・・・(無言〜)

湯原さん : はい、ありがとうございました! 次に行ってみたいと思います!(笑)
       それで、「NSP」というのは何の略だかご存知ですか?

elfin : 当時は「ニュー・サディスティック・ピンク」という名前で、メンバーがプログレッシブ・ロックが好きだったので、
     その辺も含めて名前を付けたようです。

湯原さん : えっ?「ニュー・サディスティック・ピンク」ね! 僕らのグループサウンズの頃、ちょっとサイケな匂いのする
       バンドが、そんな名前を付けてもおかしくないですね。

KAZUKI : そうですね、プログレが好きだったということで、「ピンク・フロイド」とか、そういうところからとっているという話を
       聞きました。

湯原さん : で、そのNSPをコピーしている天中平の皆さん、結成してどれくらい経つのですか?

KAZUKI : バンドとしては、結成が2001年の7月。 ちょうど今から5年前ですね。

石上さん : 同じメンバーで?

KAZUKI : ちょっとメンバーは替わったんですけれども。

湯原さん : どういった関係で、このメンバーに?

KAZUKI : もともと、インターネットで知り合ったんですよ。

湯原さん : はぁ〜、今時だね!

石上さん : 時代ですね〜!

KAZUKI : ちょうど2000年くらいからインターネットが盛んになり、elfinさんがほぼ最初にNSPのサイトを立ち上げてくれ
      まして、そこにファンが集まるにつれて、輪が広がり、オフ会なども開催されました。
      NSPが好きな人は楽器をやっている人も多かったので、その後スタジオを借りて演奏をしよう、そして、NSPの
      復活を願おう、ということになり、ネット上で曲を決め、合わせたりしました。
      それがとても楽しくて非常に盛り上がり、バンド結成に発展していきました。

湯原さん : ちなみに、皆さんお仕事は?

elfin : ○●○をやっています。

コロすけ : △▲△です。

KAZUKI : ▽の仕事をしてます。

湯原さん : へぇ〜、バラバラですね(笑)。

石上さん : 凄いですね〜。

湯原さん : でも、密かにギターなど楽器の腕は、磨いてはいたんですかね?

KAZUKI : 私は学生の頃からやってはいたのですが、一時期やめていて、またネット上で皆と知り合ってから、
      再開しました。

石上さん : 以前この番組に、NSPの中村さんがいらっしゃって、ちょうど、このelfinさんの席だったんですよ。

elfin : そうだったんですか!

湯原さん : ちょっと、温もりを感じますか?(笑) あとのメンバーさんも、お名前だけでも紹介しましょうか。

KAZUKI : エレキギター&ボーカルのkeiさん・・・


 〜ここでブースの外から、kei、チーコ、COZYが手を振る〜


湯原さん : なんだぁ、みんな来てるのなら、入れてあげればいいじゃない。
        せっかくだから、ちょっと、こっちへおいでょ!


 〜ここで、残り3人もブースの中へ〜


kei : どーもー。

湯原さん : keiさんは、何屋さんですか?

kei : 私は、□■□やってます。

湯原さん : そして、もう一方、女性!

チーコ : チーコと申します。ピアノをやっています。

湯原さん : そして、もう一方。

COZY : COZYです。

湯原さん : 「こーじ〜」さん? 伸ばすんですね!  COZYさん、ご職業は?

COZY : ☆★☆です。よろしこ〜!

湯原さん : あははっ、☆★☆が「よろしこ〜!」? いやぁ、、、

石上さん : いいですねぇ〜!(笑)

湯原さん : だからね、仕事は堅くても、音楽をやったらもう、「よろしこ〜!」なんだよ。 いいね〜!

石上さん : ドラムですね、COZYさん。

湯原さん : ということで本来なら、ここで生演奏やって頂きたいんですが、今回は音源を持って来て頂きました。
       では、天中平さんの1曲目いきましょうか。 何いきますか?

KAZUKI : 1曲目ですから、NSP最大のヒット曲、「夕暮れ時はさびしそう」を私たちのライブ音源でお聴き下さい。


 〜ここで、「夕暮れ時はさびしそう」(2005年11月 Live inn Magicのライブ音源)が放送される〜


石上さん : はい、天中平さんで「夕暮れ時はさびしそう」をお聴き頂きました。

湯原さん : ほ〜、いいですね〜。 ありがとうございました。

石上さん : きれいな声ですね!

湯原さん : 今の声は誰ですか?

コロすけ : えーっ、いちおうコロすけです。

湯原さん : いちおうコロすけさん(笑)。 で、メンバーで唄うのは、あと、何方ですか?

KAZUKI : あと、keiさんが唄います。

湯原さん : keiさんの得意なナンバーは何ですか?

kei : 「BIRTHDAY」という曲が好きで、よく唄います。

湯原さん : あとは? タイコのCOZYさんは、唄わないの?

COZY : 私は唄わないです。

湯原さん : ホントは唄いたいんじゃないの?

COZY : ちょっとだけ、唄いたいんですけど・・・

湯原さん : 唄わせてあげなょぅ〜。

一同 : (笑)

湯原さん : チーコさん、唄は?

チーコ : ちょこっとだけ、唄います。

湯原さん : ライブやってて、「他のメンバーも唄ってョ!」なんて言われませんか?

KAZUKI : 今度、9月にライブがあるのですが、その時は数人が唄う予定です。あまり言うとネタバレなんですが(汗)。

湯原さん : COZYさん、よかったね!

COZY : えっっ、、、(照)

石上さん : うれしそう!(笑)

湯原さん : ということで、NSPの完全コピーバンドの天中平さん! なんでこのNSPに、そんなにこだわるのですか?

KAZUKI : やはり、NSPが大好きだから、なんですね!!!

湯原さん : 魅力は何ですか?

KAZUKI : 私にとっては、素朴さというか、フォークなんですけど、ロックっぽいところもありますし、田舎の表現というのが
      独特だなぁと思います。

湯原さん : あぁ、岩手の出身ということもあってね!? コロすけさんは、どうですか?

コロすけ : そうですね、中学生の頃からずーっと聴いていたので、もう耳に沁みついているんですよね。
        取っ付き易いというか、、、

湯原さん : それは、メロディーラインなのか、詞の世界なのか・・・?

コロすけ : 自分はメロディーラインですね。

石上さん : 皆さん、目がキラキラしていますね。 好きなんですね!

湯原さん : elfinさんは?

elfin : 私も、中学時代からずーっと聴いていましたので、自分の生活の中に、入り込んでいましたよね。
    自分の表現をするのには、自分の中にあるものが一番いいな、と思うんです。
    NSPの曲をやっていて、一番気持ちがいいです。

湯原さん : チーコさんは?

チーコ : 私はどちらかと言うと、曲を聴いて、自分がゆったりできる、そういう気持ちになれるんですね。

湯原さん : ある種、癒されるって感じ?

チーコ : そうですね。

湯原さん : COZYさんは?

COZY : 私は大人になってから、兄と義姉に洗脳され(各々を指差して)、NSP漬けにされまして、ドラムで引っ張られ
      ました(笑)。

湯原さん : えっ、ご兄弟とご夫婦なの? へぇ〜!

石上さん : え〜っ、そうなんだぁ!

湯原さん : もともと、ドラムの心得は昔からあったんですか?

COZY : 私はもともと、ギターなんですけど・・・

湯原さん : でも、できちゃった訳ね!

石上さん : なんでもできるんだ〜。

KAZUKI : 結構、うちのメンバーは、楽器はマルチなんですよ!

石上さん : すごいですね〜!

湯原さん : 残る、keiさんは、NSPの魅力をどこら辺に感じますか?

kei : そうですね、私、山形県出身なんですけど、田舎が近いせいか、田舎臭いというか、懐かしい感じがするメロディー
    ラインが、好きですね。

湯原さん : 今、話を聞いていて、中学生くらいに感化されたというか、感じてしまったようで、人間、中学生くらいの感性
       が将来の方針みたいなものを決めるような年齢なんですかね?

KAZUKI : 思春期で多感な時期に(NSPを)聴いていたんですね!

湯原さん : で、5年間やってますよね? これから先はどのような展開を?

KAZUKI : やはり、NSPのコピー、オンリーで!

湯原さん&石上さん : (声を揃えて)オンリーで!! いいですねぇ〜。

湯原さん : オリジナルは作らないの?

KAZUKI : NSPの曲みたいなオリジナルは、作ってみたいですね。

湯原さん : いいじゃないですか!

石上さん : では、もう1曲聴いて頂きましょうか。

KAZUKI : 次の曲は、バンドっぽい曲なんですけど、アップテンポでライブでも人気のある曲「あなたこっちを振り向いて」
       をお聴き下さい。


 〜ここで、「あなたこっちを振り向いて」(2006年2月 PAGODAのライブ音源)が放送される〜


湯原さん : 何気に言ってますが、「天中平」というネーミングは、誰が付けたの? どういう意味ですか?

KAZUKI : 皆で考えたのですが、NSPのメンバーの苗字の頭文字を、3つ繋げたものなんですよ。

石上さん : な〜る〜ほ〜ど〜!

湯原さん : そこまでいっちゃうかい!? すごい世界ですね! だから、ホントに好きだったら、そこまでいっちゃうんだね。
       いや、素晴らしい!

KAZUKI : 実は、「天中平」というアルバムもありまして、アルバム名や曲名から、バンドの名前を付けたいという想いも
       ありました。

湯原さん : 今、メンバーさん6人ですけど、これから増えていったり、減っていったりするんですか?

KAZUKI : 今のところ、このメンバーがベストだと思っています。

湯原さん : バンマスがこう言っているのだから、みんな大丈夫だょ! クビにならないよ〜(笑)

KAZUKI : みんなぁ、やめるなよぉ〜(笑)

一同 : (笑〜)

湯原さん : それではここで、皆さんネットで知り合ったということで、天中平さんのホームページもあるそうですね。
        アクセスご希望の方がいるかもしれませんよ!

KAZUKI : ヤフーやグーグルなどの検索サイトで、「天中平」と入れて頂ければヒットしますので!

石上さん : ライブ情報なども、このホームページに載っているのですか?

KAZUKI : はい。

石上さん : 一番近いライブというのは、情報がありますか?

KAZUKI : ええ、9月2日に、四ツ谷の Live inn Magic というライブハウスに出演します。

湯原さん : 是非、皆さんお越し頂きたいと思います。

一同 : よろしくお願いします。

湯原さん : ということで、今日は天中平さんの6人のメンバーに来て頂きました。 ありがとうございました。

石上さん : ありがとうございました。 頑張って下さい。

一同 : ありがとうございました。

 
※ この文章は、放送時の対話を忠実に再現したものではなく、
  内容をまとめ、なるべく放送時の対話に近づけたものです。
  また、割愛されている内容もありますので、ご了承下さい。 






「ラジオ冒険王」のHPに、当日の演奏曲と「天中平」が掲載されています。

ゲスト一覧  放送楽曲一覧  プログ


天中平HP へ戻る