みなさまに
ゼヒ
知っておいて
いただきたいコト

このような文章を記載するコトを『いかがなモノだろうか?』と
多少迷いましたが、この文章を読んでいただいたコトで
こういった事柄に対するアタシなりのキモチを少しでもご理解いただけましたら
大変嬉しく思います。

自分自身がこのような事柄を語るまでの知識や技術が身についているのか?
と問われれば、それに対しての適格な表現、そして絶対の自信と自負がある。と
お答えするコトはできません。

まだまだ勉強中の身である為に書き記せていないモノ
そして表現できていないモノも多々あるからです。

偉そうにモノを言うコトもできませんし
自分自信全てが完璧にできているとも思っておりません。

『こういう思いがあるのか。知らなかったなぁ。きづかなかったなぁ。』
程度に思っていただいて結構なのです。

しかしながら『アタシ的に守っていただきたいコト』
『世間一般的に守らなければいけないコト』
も書き記したつもりです。

ソコに『強制』という文字はありませんが
守られなかった場合にアナタにおとずれる被害や損害などを
アタシは守るコトはできませんし、守ってあげたいとも思っておりません

全ては『自己管理』『自己責任』の範囲で
以上の事柄を守っていっていただきたいのです。

ミナサマには楽しく毎日を送っていただきたいし
アタシ自身も楽しく毎日を送りたいからという思いがあるからコソの文章なのです。

2003*05ガツ31ニチ たま(tama)






















著作権
●●●●●●
画像の使用
●●●●●●
リンク
●●●●●●

これらの文章は『アタシ(たま)』だけでなく全ての『WEBサイト』に共通して言える事柄です。
必ずお読みになり、そして理解してください。
*
一般の閲覧(えつらん)のみに徹した『ユーザー様』は、これに準ずる(手本基準として、それにならう)ことはございません。




 このホームページにあるイラスト&画像等はスベテ
私『たま(tama)』のオリジナル作品デス★

ココには『著作権』というモノが発生します。

日本では創作物ができた時点で自動的に著作権が発生し
死後50年間その権利は保証されています。

*一部の国では『サークルcマーク』というモノをつけなければ
著作権の侵害をされても損倍賠償請求するコトはできませんが
当サイトではそのマークを使用しております。

 当サイト上に存在する『文章』『画像』『デザイン』等
全てにおいて私『たま(tama)』の著作権が発生いたします。
いかなる場合においても『無断持ち出し』や『無断使用』を
したりするコトはできません。
いかなる場合においても、著作権は放棄しておりません。

 使用されるにはいかなる場合でも
私『たま(tama)』の許可が必要になり
無断で使用した場合には『著作権の侵害』にあたり
しかるべき処置をとらせていただきます。

 ご自分でホームページ等を開設されている方で
以上の点を侵害する行為を行い
『知らなかった』『読まなかった』
『理解できなかった』『初心者でわからなかった』
等の言い訳などは通用いたしません。
きちんとご自分で勉強&理解された上で
ホームページ等を開設なされてください。

理解できない方のホームページ作成(他人の画像や文章を使用した造り)は
大変危険ですので、ホームページ作成は断念なされ
『ユーザー』という立場のみに身を置かれた方が賢明だとアタシは思います。

 何故このような文章を記載しないといけないかというと
こんなアタシの絵でも以上の注意点を無視し
勝手に使用されるココロナイ方がおられるからです。

 このような文章を明記されていない、私『たま(tama)』以外の
『全てのアーティストさん達』にも以上の『著作権』は発生いたします。

ドコのホームページWEBサイトからでも『著作権フリー』の明記がナイ限り
『無断持ち出し』や『無断使用』はできないと心得てください。

 しかし『個人(他人の目にふれるコトのナイ範囲)での使用』は
法律的に可能です。
著作権の侵害にあたるコトはありません。

 その他でわからないコトがございましたら
ビビエス』又は『メイル』での御質問をうけつけます。
mailto『tamamizu★funifuni.net』
迷惑メイル防止の為『★』部分を『@』に変えて下さい

しかし、原則的にはご自分でお調べになってください。
そのための『ネット』であると思っておりますし
その情報収集&方法は無限であると思います。

 原則的に『自分の身は自分で守る』というのが
現在のネットする上での常識となっております。

自分の身を守る為の手助けをしてくれる機関も多々ございます。
そちらを有効に利用なさってください。

当サイトの規約

 

当サイト上に存在する
『文章』『画像』
『デザイン』等
全てにおいて

たま(tama)
の著作権が
発生いたします。

いかなる場合においても
『無断持ち出し』
『無断使用』
『無断転載』
『画像の無断加工』

をしたりするコトはできません。

いかなる場合においても著作権は放棄しておりません。


 

これが『サークルcマーク』と言われる物ですが、日本ではこのマークがなくても創作物ができた時点で自動的に『著作権』は発生し、死後50年間その権利は保証されています。

 

一部の国ではこのマークの他に『著作権者』『発行年月日』も並べて表記する必要があります。(当サイトではそのマークを使用しております。)


著作権
●●●●●●
画像の使用
●●●●●●
リンク
●●●●●●


使

 『著作権について』の上記の文章を理解された上でのお話になります。

『読まれていない』又は『理解していない』方は
『著作権について』の上記の文章を必ずお読みなり理解された上で
こちらの文章をお読みください。


 『自分の作品&文章を発表』していたり
『無償で素材を配付』していたりするのは
けっして『ヒマだから』などという理由からではありません。

 もちろんこういった事柄を『好き』でないとできないことであるとは思いますが
アタシを含めた全ての『WEBサイト管理人サマ』はみな
自分の持っている少ない時間を裂き
個人個人独自の文章や画像作成、デザインをしており
そのための『WEBサイト管理人サマ達』の勉強量
ホームページ作成にあてる時間等はものすごいモノだとアタシは思っております。
(アタシ自身はまだまだ勉強不足な面も多々あると思っております。)

『自分の作品を見て欲しい』
『自分の作品を使用したいと言ってくださるミナサマに喜んでもらいたい』
等の理由で、自分の作品を『無償』で発表&提供しているのです。

 そういった『無償で提供されている作品&文章&素材』を発表している方への
感謝を忘れないで下さい。

その『感謝』の仕方は、全ての『WEBサイト管理人サマ』御自身の
ホームページで語られていると思います。

リンクウェア
自分のホームページに素材を使用させて頂く、サイト様のリンクを貼るコト
であったり
書き込みウェア
BBSに使用の許可を書き込むコト*カキコウェアと記したりもします
であったり
著作権フリー
利用許可の連絡が不要である旨が記載されているコト
であったり
リンクフリー
リンクをしましたという連絡が不要である旨が記載されているコト
であったり
それはそれぞれのホームページによって様々です。

 こういった問題を軽視されるのは、ご自身で作品を作成したコトがなく
そういった作品を無償で配付したりホームページを管理したコトがナイという点で
全ての『WEBサイト管理人サマ』のご苦労や心情を
理解できないからである為です。

 もちろん、多くの方がきちんと規約を守られ
感謝のキモチ&行動を起こしてくださっているのですが
きちんと読めばわかっていただける簡単な事柄を守られない一部の方々の為に
多くの『WEBサイト管理人サマ』が、このような表記をしなければ
ならなくなってしまうのも現状なのです。

(当ホームページでは)日本語が理解できないという方には申し訳ありませんが
作品を使用していただくことはできません。

 以上の点から、全ての『WEBサイト管理人サマ』のホームページ上で
語られている『規約』をきちんと理解された上での
『感謝の行動』を忘れないでいただきたいのです。

当サイトでの規約

 

ふにふに★ぷらねっと
に存在している全ての画像は
『無断持ち出し』
『無断使用』
『無断転載』
『画像の無断加工』

等が禁止されています。

これらは全て
『著作権』によって
守られております。


 

早い話が『無断』というコトを禁止しているのです。

『無断』というのは、許可なく何かを行う行為です。

 

しかし、きちんとした対応で作品の使用許可を申し出ていただき、その上でアタシが可能であると判断した場合には、作品の使用を許可することもございます。

以上のコトから
ビビエス』又は『メイル』での使用許可のお知らせをしていただく事をお願い致します。
mailto
tamamizu★funifuni.net』
迷惑メイル防止の為
『★』部分を『@』に変えて
送信下さい


使用許可が出た場合でも『直リンク』という行為は、なににおいても絶対に禁止です。

直リンク』の意味がワカラナイ方はご自分で検索し、お調べになってください。

『知らなかった』は通用いたしません。

これについての著書は、ネット上に沢山ございます。


著作権
●●●●●●
画像の使用
●●●●●●
リンク
●●●●●●


『著作権について』『画像の使用について』の
上記の文章を理解された上でのお話になります。

『読まれていない』又は『理解していない』方は
『著作権について』『画像の使用について』の上記の文章を必ずお読みなり
理解された上でこちらの文章をお読みください。


 『リンクフリーではありません』と言うサイト様もありますが
一般的にホームページへのリンクは作成者の許可は必要ナイとされています。

ですので著作権上の問題はありませんが
アナタが貼りたいと考えているサイト上でリンクの許可を取る必要があると
なんらかの形で明記されている場合には、ネチケット(ネット上のマナー)として
相手の許可を取るようにした方が良いと思われます。
(ホームページによって様々ですが)

 たとえば、女性が作成されており
『アダルトサイト様のリンクは禁止致します』などの表記がなされている場合
そのホームページをアダルトサイト様がリンクされ
それによって
『その女性になんらかの危害がおよぶ』などの場合
人権侵害が摘要される可能性が考えられます。

*『可能性がある』というのは、不快感などを感じる基準が
その本人によって様々である為です。
そういった基準が人により様々である為、自分自身にそのつもりが一切なくても
相手に訴えられてしまうというような可能性があるのです。

 しかし、ご自分のホームページに他人のホームページの内容を表示させ
まるで自分のホームページの内容であるかのように見せるなどした場合の
リンク方法は相手の著作権を侵害しているとみなされる可能性もあります。

*HTMLなど一般的にでまわっているモノを使用した場合の
『似通ったモノ』程度の場合には、著作権の侵害には当たらない場合もあります。

以上の点をふまえ、少しでもわからないコトがあった場合には
ご自分でそのサイト様に質問なさるか
そういった文献を読まれ理解された上でリンクされるのが
トラブルなどを防ぐ最善の方法かと、アタシは思っております。

当サイトでの規約

 

リンクは一般的に言えばフリーです。

しかし『画像の使用』はフリーではありません。

よって『当サイトのバナー』を使用したリンクをする際には『著作権』が発生いたします

必ず
ビビエス又は『メイル』での御質問をうけつけます。
mailto
tamamizu★funifuni.net』
迷惑メイル防止の為『★』部分を『@』に変えて下さい

*その際に、ご自身のサイトのURLの記載を忘れないようにしてください。


文字のみのリンクについてはこれに準ずるコトはございません


『サイト内容の全転載』(直リンク等やサイト内容をそのままそっくり転載)は、一切禁止です。
コレは『著作権の侵害』にあたります。


著作権
●●●●●●
画像の使用
●●●●●●
リンク
●●●●●●


 自分自身のサイトを運営していく上で、こういった事柄をご理解していただく必要があったために、このような文章を明記させていただきました。(それまでの経緯を全て記するのは、とてもx2ながーくなるので申し訳ありませんが控えさせて頂きます。『ヒトリゴト』に少しですが、アタシの気持ちが書かれています。)

 ご自身の貴重なお時間をさいて、文章も稚拙で文法もなっておらずなつたない文章全てに目を通していただき、理解して下さった事をココロより感謝致します。本当にありがとうございます。

自分自身かたくるしい文章や、難しい言い回し、筆記で書くことのできない漢字を使うコトが好きではナイために『ひらがな』『カタカナ』『簡単な漢字表記』の文章で、なるべくわかりやすくなるように書いたつもりでおります。(自己満足だと言われればそれまでですが)
一文節中でのおなじ単語の使用頻度が高く、読みづらい点が多々ありましたコトをお詫び申し上げます。

 『長くかたくるしい他人の文章を読む』というコトが大変な労力をともなうコトだと、アタシは考えております。
その上でこのような文章を記載するコトを『いかがなモノだろうか?』と、多少迷いましたが、この文章を読んで頂いたコトでこういった事柄に対するアタシなりのキモチを少しでもご理解いただけましたら、大変嬉しく思います。

 自分自身がこのような事柄を語るまでの知識や技術が身についているのか?と問われれば、それに対しての適格な表現、そして絶対の自信と自負がある。とお答えするコトはできません。

まだまだ勉強中の身である為に書き記せていないモノ、そして表現できていないモノも多々ある(であろう)からです。

偉そうにモノを言うコトもできませんし、自分自信全てが完璧にできているとも思っておりません。
『こういう思いがあるのか。知らなかったなぁ。きづかなかったなぁ。』程度に思っていただいても結構なのです。

 しかしながら『アタシ的に守っていただきたいコト』『世間一般的に守らなければいけないコト』も書き記したつもりです。

ソコに『強制』という文字はありませんが、守られなかった場合にアナタにおとずれる被害や損害などをアタシは守るコトはできませんし、守ってあげたいとも思っておりません。全ては『自己管理』『自己責任』の範囲で、以上の事柄を守っていっていただきたいのです。
ミナサマには楽しく毎日を送っていただきたいし、アタシ自身も楽しく毎日を送りたいからという思いがあるからコソの文章なのです。

 ココまで長々とおつき合いしていただきましたが、このようなかたくるしい文章を書いているアタシ自身も疲れてきました(汗)
最後までこのようなアタシの勝手な思いを真剣に受け止めてくださいました『アナタ』にココロからの感謝と、これからも楽しく快適なネット生活をしていただけるコトを望みつつ、終わりたいと思います。

本当にありがとうございました。

2003*05ガツ31ニチ たま(tama)

著作権
●●●●●●
画像の使用
●●●●●●
リンク
●●●●●●