日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

議会での質問・見解

 議会での質問や見解を掲載しています。詳しくご覧になりたいかたは、豊中市議会のサイトをご覧ください。
 (2018.06.21)

大阪府北部を震源とする地震−19日朝現在 負傷者35人 避難者47人

 6月18日午前7時58分、府北部を直下型地震が襲いました。豊中では震度5強を記録しました。その後19日朝までに、震度2程度の地震が4回起こっています。
 豊中市はただちに災害対策本部を設置、すでに5回の会議を開いています。また、市議会も独自に災害対策支援本部を設置して市の対策本部と連携、4回の会議を開いています。
 建物被害は市がいまも調査中ですが、現在判明している人的被害は、死者・行方不明者ゼロ、負傷者が重傷1人、中等症12人、軽傷22人です。また、共同利用施設などへの避難者は、19日朝の時点で47人です。

◎公共交通の状況
 大阪モノレールは19日も運休予定ですが、それ以外の電車・バス・ 高速道路などは運行を再開しています。

◎ボランティア活動について
 豊中市社会福祉協議会(6848−1000)が、市内在住の方を対象に、家財整理ボランティアを募集しています。市役所市民課でブルーシートを配布していますが、屋根への設置は危険をともなうため、又、高齢者、障害者、子育て世帯等、自立で家財整理が出来ない方々を対象にボランティアによる支援を行います。

◎り災証明書の発行について
 市役所では、建物被害にあった方で、各種制度の利用のためや保険会社に提出するために、り災証明書が必要な方の交付申請を受け付けています。問い合わせは、固定資産税課の被災家屋調査班(6858−2142)、り災証明書発行班(6858−2447)まで。

◎ゴミ収集について
 地震にともなって発生したゴミの収集業務については、環境部家庭ごみ事業課(6843−3512)までお問い合わせください。

◎市有施設のコンクリートブロック塀の再点検
 高槻市でコンクリートブロック塀が倒壊し、通学中の児童が死亡にいたる事故が発生しました。市は各市有施設にたいして、コンクリートブロック塀の有無の報告、点検と必要な安全措置を行うよう指示しています。
 また、公立の小・中学校とこども園のすべてについて、19日一日で調査を行うため、9班体制を組んで現場を回っています。
(「震災FAX通信」2018/6/19 bP)

1つ前の画面に戻る    ページTOP