日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

議会での質問・見解

 議会での質問や見解を掲載しています。詳しくご覧になりたいかたは、豊中市議会のサイトをご覧ください。
 (2018.05.15)

3月議会代表質問−国保料の値上げに反対/軽減・減免のための予算2億5000万円減らさず保険料の引き下げを要求

 市は、国保料をすべての世帯で引き上げます。大阪府の目指す保険料、減免基準の一本化方針に追随するものです。“激変緩和”をおこない急激な負担増にはならないとの説明ですが、結局7年間かけて毎年値上げする、その一年目となります。
 今年は、市独自の減免・軽減の制度を維持することが出来ました。これをなくすと、市独自の減免・軽減を受けている世帯は深刻な負担増になり、子ども二人のシングルマザー世帯では7年後の値上げ額は年間112,348円となり、暮らしを脅かすことはこれまでも示してきました。
 さらに、子どもの数が多くなれば負担が軽くなる多子軽減を実施するよう求めました。市は「今後大阪府国保運営調整会議にて議論されるものと考える」と自らこの問題に取り組む姿勢を示しませんでした。
 市に保険料を値上げせず、据え置くのに必要な額を問うと、1億8千万円と答弁しました。市は軽減・減免の予算を2億5千万円も減らしており、これを昨年並みに維持すれば、引き下げることができたことを明らかにし、値上げより値下げをと求めました。
(「豊中市議会だより」2018・5)

1つ前の画面に戻る    ページTOP