日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

議会での質問・見解

 議会での質問や見解を掲載しています。詳しくご覧になりたいかたは、豊中市議会のサイトをご覧ください。
 (2017.07.27)

6月議会から−交通不便地・空白地の対策を急いで!(出口議員)

 出口文子議員は西部地域住民から強い要望が出されている交通対策に急いで対応するよう要求しました。
 豊中市の西部地域では、航空機騒音の立ち退きで住民が減少。このためバス路線が廃止され、買い物や病院などに行く高齢者から、交通対策に強い要望が出されています。豊中市では、これからの公共交通のあり方について検討がすすんでいますが、出口議員は、いま困難に直面している住民の声を聞いて早急に交通対策をすべきと市長に答弁を求めました。
◆市長答弁−西部地域住民の理解で都市基盤が整備されてきた
 西部地域にはごみ焼却場、下水処理場や大阪国際空港といった市民生活を支える都市基盤施設が多く存在しています。市長は答弁で、これらの施設が「西部地域のみなさんの理解のもと整備されてきた」との認識を示しました。
◆市長答弁−早急にとりくむ必要がある
 市長は、緊急の対応策については、交通不便地が存在していることが明らかになったとして、「この課題解決に早急にとりくむ必要があると考え、種々、調査・検討をすすめている」「速やかに協議会を立ち上げ『公共交通改善計画』の策定にとりくむ」と答えました。
 これにたいし、出口議員は、再度、今年度中の協議会立ち上げを含め、交通不便地対策にすみやかにとりくむことを強く要求しました。
◆交通不便地域
原田中、原田南、勝部、走井、利倉、利倉西、上津島
(「豊中市議会だより」2017・7)

1つ前の画面に戻る    ページTOP