日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

議会での質問・見解

 議会での質問や見解を掲載しています。詳しくご覧になりたいかたは、豊中市議会のサイトをご覧ください。
 (2017.01.19)

12月議会報告−庄内での小・中学校統廃合、小中一貫校建設の問題を追及(いそがわ和洋議員)

 昨年3月議会以降、毎回の市議会でこの問題をとりあげてきました。市民の反対・不安の声にこたえ、市民的な共同で追及をつづけます。
◆市がいう一貫校のメリットは現場と無縁
 市教委は一貫校のメリットをいいますが、これは校長など管理職対象の調査結果にもとづくものです。別調査、たとえば品川区では、一貫校への肯定的評価は学校長が87%なのに対し、一般の教員は27%にしかすぎません。教育現場の最前線の声こそ重視すべきと議会で質問しましたが、「計画が固まり、具体的に学校づくりをすすめていくさいには、教職員の声も」きくとの答弁でした。計画が固まるまで現場の声は聞かないと言っているのと同じです。
◆一貫校の課題解決は先送り
 他市の一貫校では、児童・生徒の居場所、授業時間のずれ、教職員の負担増など、さまざまな課題があきらかになっています。市は解決策を見いだしたのかきいても、計画策定後に検討というだけの答弁でした。市の見切り発車の姿勢が、市民の不信を増幅させているのではないでしょうか。
◆統廃合対象校は自ら「魅力づくり」にがんばっている
 2015年8月の中学生シンポジウム報告集で、生徒たちみずから、さまざまな工夫と努力で、魅力ある学校づくりと地域との共生にがんばっている様子が紹介されています。たとえば七中では、地域の方々といっしょに学校周辺を掃除するとりくみに、毎年200人以上が参加し、そのあとにはもちつきを行って盛り上がるそうです。市は一貫校をつくることが「魅力ある学校づくり」だといいますが、がんばる生徒たちを無視して廃校にしていいのでしょうか。これからも計画の撤回をもとめていきます。
(「豊中市議会だより」2017・1)

1つ前の画面に戻る    ページTOP