日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

議会での質問・見解

 議会での質問や見解を掲載しています。詳しくご覧になりたいかたは、豊中市議会のサイトをご覧ください。
豊中市議会Webサイトへ
 (2012.07.26)

相次ぐ国保料や介護保険料の支払い相談

6月中旬に国保料や介護保険料の納付書が市民の手元に届いています。その後、介護保険料や国保料がなんとかならないかとの相談が相次ぎました。
◆どうしました
Q  年金は下がって、介護保険料の負担が増えている。これでは生活できません。なんとかなりませんか。
A  介護保険料は3年に一度改正が行われます。今回の改正で月4226円が5056円に改正され、値上げされました。介護保険料の負担も高齢者の支払いの限界に来ています。
 豊中市は、収入が記載収入以下の高齢者や障害者手帳を取得されている高齢者(年収360万円以下)を対象に25%の保険料減免をしていますので、この減免制度を活用することをお知らせしました。
Q  一人暮らしの息子が昨年夏以後失業をし、いまだに職が見つかっていません。そのため、私たちが生活を支援していますが、とても大変です。息子に月1万7千円の国保料がきていますが、とても払えません。
A  この方の場合は、失業している方を対象に行っている国保料の減免制度を活用することを紹介しました。同居している息子が失業中で大変などのケースもでてきています。お困りのことがありましたら、相談ください。
◆失業・廃業の場合の国保料の減免
180万円以下・・・5割減免
360万円以下・・・3割減免
@失業・廃業により収入がゼロになった
A失業・廃業により、世帯の前年中の平均収入月額から30%以上月収が減収した
B転職・雇用形態の変更・給与の削減により、世帯の前年中の平均月額から30%以上月収が減少した等が対象です。
 提出すべき書類もありますので、詳しくは市の窓口で相談ください。
(「こんにちは山本正美 出口文子です」7月17日付)



1つ前の画面に戻る    ページTOP