日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

議会での質問・見解

 議会での質問や見解を掲載しています。詳しくご覧になりたいかたは、豊中市議会のサイトをご覧ください。
豊中市議会Webサイトへ
 (2010.05.26)

5月議会始まる

5月議会が24日から6月2日の日程で開かれています。2010年度の議会役職人事を行うとともに、市提出の議案を審議します。
◆国保条例の改定に反対
 豊中市国民健康保険条例の一部改正案は、表のとおり限度額を5万円引き上げるものです。
 その理由として、豊中市は「中間所得層の保険料負担を軽減するため」としていますが、現実には所得500万円程度という「中間所得層」も値上げになります。
 市長選挙でも、北摂一高い保険料の値下げ要求が多くのみなさんから寄せられたように、市民が求めていることは、限度額の引き上げよりも値下げではないでしょうか。
 日本共産党は、反対しましたが、与党などの賛成多数で承認されました。
◆失業者への国保の減免制度を新設
《前年度の給与所得の100分の30で計算》
 リストラ等の会社責任などで失業した場合、これまでは前年度の給与所得で国保の保険料が決まりましたが、所得を100分の30として算定する制度が新設されました。これで国保の保険料が軽減されることになります。
 軽減の期間は、離職日の翌日の属する月からその月の属する年度の翌年度末までで、解雇や雇止めなどにより離職した人が対象です。
◆あかるい豊中市政をつくる会のアンケートから
・20数年前に引っ越して来ました。生活基盤の場所としては悪くなかったと思っていますが、現在の一番の不満は国民健康保険料の高さ。(岡町・60歳代男性)
・知らない間に国民健康保険の負担が増えている。国保料の減額等考えてほしい。(岡町・40歳代女性)
・国保や介護保険は他市に比べてどうしてこんなに高いのか。年間でトータルすると30万、40万になり…(曽根南町・60歳代女性)
(「こんにちは山本正美です」2010年5月27日号)



1つ前の画面に戻る    ページTOP