日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

議会での質問・見解

 議会での質問や見解を掲載しています。詳しくご覧になりたいかたは、豊中市議会のサイトをご覧ください。
豊中市議会Webサイトへ
 (2006.06.28)

空港問題調査特別委員会‐大阪空港周辺地域における移転跡地の再生で、豊中市は「特別区」を申請

 6月15日に開かれた空港問題調査特別委員会で市から「特別区」申請についての説明が行われました。
 空港周辺地域では、「ネットフェンス」に囲まれた航空機騒音対策としての移転跡地が虫食いのように存在し、街の空洞化を招いています。そのため、地域からも移転跡地の活用を求める声が寄せられています。しかし、跡地が国の土地だけに、容易に前に進まない状況でした。
人が住める町へ再生を
 ようやく市は、移転跡地を活用して「まちづくり」や「産業再生」に生かそうと取り組みを始めました。国土交通省大阪航空局、財務省近畿財務局、空港周辺機構や府は「特定地域プロジェクトチーム」を設置し、市を支援する内容の「特区」申請を国に行ったとのことでした。
 虫食い土地の払い下げや換地による集合化など、様々な手法を用いながら土地の有効活用を図り、人が住める町への再生が期待されています。
 服部寿町や服部西町の利用緑地では、今年は、5街区の遊技広場がオープン、テニスコートの施設整備、芝生広場の駐車場や多目的運動場の実施設計が行われます。(「こんにちは山本正美です」183号)



 (2006.06.20)

乳幼児医療費助成・国保料や介護保険料の軽減策を‐日本共産党市会議員団が市長へ要望書提出

 新市長による8億円の予備費を使っての補正予算編成にあたって、日本共産党市議団として、要望書を提出しました。
 この中では、 @乳幼児医療費の年齢拡充と所得制限の撤廃 A障害者福祉サービスへの1割負担の軽減策と施設への支援 B介護保険や国保の保険料の軽減施策の拡充 を緊急課題として要望しました。
(「こんにちは山本正美 出口文子です」6月20日号)



 (2006.06.13)

5月市議会‐2006年度の役職が決まりました。みなさんのご要望実現へがんばります

 5月市議会が5月15日から29日まで開かれ、2006年度豊中市議会の役員選出がおこなわれました。日本共産党市会議員団の6議員の役職は、次のように決まりました。今年度も市民のみなさんのご要望実現へ、全力をあげます。
◆山本 正美議員
環境福祉常任委員▽空港問題調査特別委員▽国保運営協議会委員▽スポーツ審議会委員
◆松下 三吾議員
議会運営委員▽総務常任委員▽都市再生特別委員▽病院運営審議会委員▽福祉公社評議員▽男女共同参画財団評議員
◆出口 文子議員
文教常任委員▽行財政改革特別委員▽老人ホーム組合議会議員▽廃棄物減量等審議会委員▽農業委員
◆あらい 真議員
議会運営委員▽文教常任委員▽都市再生特別委員長▽議会報編集委員▽クリーンランド議会議員▽都計審委員▽校区審議会委員
◆いかだ進平議員
建設水道常任委員▽病院跡地利用等調査特別副委員長▽公民館運営審議会委員▽住宅協会理事▽農業委員
◆松野くみ子議員
環境福祉常任副委員長▽病院跡地特別委員▽監査委員▽土地開発公社理事
(「豊中市議会だより」2006年6月)



1つ前の画面に戻る    ページTOP