日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

議会での質問・見解

 議会での質問や見解を掲載しています。詳しくご覧になりたいかたは、豊中市議会のサイトをご覧ください。
豊中市議会Webサイトへ
 (2006.05.26)

医療事故を繰り返さないために、何が必要なのか

 5議会に、市立豊中病院での医療事故が3件報告されました。
 すでに、市立豊中病院の3件の医療事故について遺族と和解が成立したことは、5月11日にマスコミ報道がされましたので、記憶に残っている方もいらっしゃるのではと思います。
 市立豊中病院に行ったために病気を治してもらうのではなく、障害者にされたり、命を奪われたりで、被害者や遺族にとっては大変悔しい思いが残っているのではと察するにはあまりあります。
この3件の事故は、一つ一つの内容は異なりますが、病院は「医師の未熟さ」に原因があるかのようにいっていましたが、それですますことができない問題も含まれているのではと思います。二度とこのような医療事故を繰り返さないために何が必要なのか、考えてみました。
◆「ヒヤッ」としたケースの増大‐医師の疲労が原因
市立豊中病院が発行している「病院年報」(2004年度版)の中では、医療事故には至らなかったが「ヒヤッ」とした事例が53件あり、前の年より12件増加していると報告されています。その要因のひとつとして「40%が医師の疲労によるもの」と豊中市立病院自身がこの年報で認めています。
まだ解決に至らない医療事故もあります。高度医療を標榜し、安全で質の高い医療をと目標を掲げても、次々医療事故を起こすには市立豊中病院の医師の未熟さだけではなく、実は医師の過重労働があり、医療事故と隣り合わせで働いているとすれば、市民は安心して治療も受けられなくなります。
◆医師の増員は急務の課題
 市立豊中病院は、加重労働を減らすため正規の医師の定員数を2005年度では105人に増やしました。ところが、正規の医師の実人数は、増えたどころか、06年度は93人にも減っています。
2004年度 定数96人 正職医95人 専攻医23人
 2005年度  105人    96人    26人
 2006年度  105人    93人    38人
しかもこれをカバーするように、医師の資格を取得し3年から4年の専攻医を増やしています。(専攻医とは:2年間の研修を終えて、自分の専攻する診療科目についた嘱託の医師のこと)
 市は日本共産党の質問に「医師は、全国的に募集している」「専攻医で優秀であれば正職として残るように働きかけた」「阪大との連携で人材確保に努める」と答えました。
 専攻医に正職の医師の役割は担えません。したがって、何をさておいても正規の医師を確保することを要請しました。
(「こんにちは 山本正美 出口文子です」5月23日号)



 (2006.05.23)

5月議会‐予算編成のときは「お金がたりない」/5月補正で10億円の貯金(基金積立)

●休止・削減した施策の復活に使えと主張‐日本共産党
 豊中市は、2005年予算編成の時には「お金が足りない」といって、市民施策を削減しながら、5月議会に提案した05年度補正予算では、収入増や歳出減によって10億円余ったとして減債基金に積立しました。日本共産党は、そのお金をため込むのではなく、休止・削減した市民サービスの復活に使えと市に迫りました。
▼主な歳入増
株式等譲渡所得割交付金 3億 460万円
繰越金         1億4992万円
▼主な歳出減
公債費(利子減額)   3億4100万円
●2005年度削減した主な市民施策
                    (単位:万円)
高齢者鍼灸マッサージ助成の休止      1500
重度障害者福祉タクシー基本料金助成の休止 2724
留守家庭児童会の会費値上げ        1442
私立幼稚園保護者助成の見直し       2115
市立幼稚園保育料の減免見直し        621
心臓検診精密検査              351
中学校外国人英語指導者配置事業       339
小学校英語体験活動指導者配置事業      268
低学年算数補助教材              63
(「こんにちは 山本正美 出口文子です」5月23日号)



 (2006.05.10)

2006年5月議会の日程

 浅利市政最初の議会となる2006年5月議会が次の日程でおこなわれます。
 市議会の議長・副議長の選出、各常任委員会の委員選出などの役員改選が主な内容です。日本共産党は5月議会でも一般質問をおこなうよう求めていきます。
5月15日(月) 告示
5月22日(月) 1時〜本会議
  23日(火) 1時〜本会議
  24日(水) 1時〜本会議
  25日(木) 1時〜本会議
  26日(金) 1時〜本会議
5月29日(月) 1時〜本会議
6月 1日(木) 10時〜委員会
   2日(金) 10時〜委員会
   5日(月) 10時〜委員会
   6日(火) 10時〜委員会
   7日(水) 10時〜委員会
(「こんにちは山本正美 出口文子です」5月9日号)



1つ前の画面に戻る    ページTOP