日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

こんな活動やってます

 豊中市議会議員団の日々の活動を紹介しております。
 (2014.07.24)

高校3年生の孫に自衛隊の勧誘はがきが(Mさんからのメールより)

 自衛隊募集の往復はがきがこともあろうに、孫あてに届いた。おりしも、集団的自衛権の閣議決定の日。
 おばあちゃんとしては、「何故孫に?」との疑問とともにドキッとしたのは、親から聞かされていた、あの召集令状=赤紙を思い出した。18歳になったばかりの孫。あどけなさが残る子がここにいるという情報を掴んでいる。不気味な思いと、不吉な思いと、恐ろしい思いが複雑に。「ガーン!」集団的自衛権の問題が身近なこととして強烈に私の中に入ってきた。
 いま、個人情報保護とやらで、私たちが得たい情報は、がんじがらめに秘密で公開されなくなったにもかかわらず、何故、自衛隊募集の団体に、この子の情報が流れていくのか?「孫の情報を漏えいした機関に抗議をしなければ!」とのおばあさんの怒りは収まらない。我が家に届けられたしんぶん赤旗に、この疑問を解く記事が思いがけずトップに。「住民基本台帳の閲覧」「全国の18歳に自衛隊への入隊の勧誘が送られていた」と。さすがタイムリーな報道に改めて「赤旗」の威力を感じ、驚かされる。 集団的自衛権行使への準備か?迷彩服を着て殺し殺される現場へ行く孫の姿をダブらせる。戦場に送るわけにはいかない。「一通のきな臭い勧誘ハガキ」からあらためて憲法9条をいま選挙権を持つ私たちが守って孫の世代に渡さなければとの思いが強くなる。「集団的自衛権やっと意味が分かった」という孫。「おれらは、みないややというとる」と。この声は忘れない。
(「こんにちは山本正美 出口文子です」2014・7)

1つ前の画面に戻る    ページTOP