日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

こんな活動やってます

 豊中市議会議員団の日々の活動を紹介しております。
 (2012.09.04)

みなさんのくらし守る市政府政へ転換を求め、全力あげます(アンケートから)

◆たくさんのご意見ご要望ありがとうございました
 日本共産党の堀田文一府議会議員と市議会議員団が市民のみなさんにご協力をお願いしていた「市民アンケート」の中間まとめ(8月21日現在、437通)ができました。その概要を紹介します。
◆くらし「苦しくなった」64%
 毎日のくらし向きについての問いに、64%の人が「苦しくなった」と答え、3年余つづく民主党政権の下で、国民のくらしがさらに悪化していることが明らかになりました。
 「増税とともに物価は上がり生活は圧迫されつづけます」(50歳代男性)
 「いろいろ節約して、何とか暮らしていますが…」(70歳代女性)
 「弱者の生活を守る政治をして欲しい」(70歳代男性)
 「年金削減と医療費がかさみ生活が大変苦しい」(70歳代男性)
 「葬式用で貯めていたお金を取り崩し何とか生活しています」(70歳代女性)
 民自公の3党談合で強行した2年後の消費税大増税への不安も切々とつづられています。
 「変わらない」が31%、「わからない」が4%、「楽になった」が1%でした。
◆国保料・介護保険料の負担重く
 くらしを圧迫している原因について(複数回答)では、@国保料・介護料35%A税金が重い34%B低年金・年金削減33%C医療費・介護費用27%D失業・廃業12%の順になっています。
 年金給付がことし4月分から削減されたうえに、介護保険料の値上げや重い国保料負担を多くの人が原因としてあげています。
 「年金は削減され、国保料、介護料は上がる。何とかしてほしいです」(60歳代女性)
 「高くなる介護保険料にはうんざり」(80歳以上女性)
 「住民税が高すぎます」(40歳代男性)
 「日本の国は弱者いじめですね」(60歳代女性)
 「少ない年金からたくさんの介護保険料をとって『食べるな』というのでしょうか。(70歳代女性)
◆国の消費税大増税に反対して
 豊中市にしっかりとりくんでもらいたい課題(複数回答)として、@介護保険料軽減47%A国保料軽減47%B消費税増税しない44%C若者雇用対策38%D原発再稼働しないよう31%の順となっています。消費税増税や原発再稼働など国の施策にも働きかけてほしいと要望しています。
 アンケートにご協力いただいた皆様にお礼申し上げます。ひきつづき日本共産党の訴えへのご注目をお願いいたします。
(「こんにちは山本正美です」9月4日付)



1つ前の画面に戻る    ページTOP