日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

こんな活動やってます

 豊中市議会議員団の日々の活動を紹介しております。
 (2012.03.27)

リサイクルプラザがオープン/竣工式に参加してきました(山本正美議員)

 クリーンランド敷地内にリサイクルプラザがオープンすることになりました。3月24日(土)に竣工式と見学会が行われ出席してきました。
◆65億円の費用で建設
 65億円の建設コストをかけて、資源循環型社会への対応を進めていく拠点となる施設です。この施設は、公共が建設し、運営は20年間の期限で民間会社に運営を委託することになっています。民間委託という点では、将来、資源ゴミの量が増えたり減ったりすれば委託料はどうなるのか、20年後の運営はどうなるのかなどの課題もかかえています。一方、この施設では、30人の知的障害者の方の雇用もされ、注目されてもいます。
◆各種の選別工程が整備
 施設内では、プラスティック製容器包装や缶類・瓶類・ペットボトル・古紙古布・剪定枝類の選別が行われ、リサイクルへとまわされます。
 この施設の稼働に合わせて、4月からは、豊中市の家庭系ゴミの分別方法も変更されることになりました。
 見学コースも整備されていますので、一度、施設の見学をしてみてはいかがでしょうか。
(「こんにちは山本正美です」3月29日号)



 (2012.03.26)

3・11なくそう原発府民集会に参加しました(山本いっとく議員)

 三月十一日、なくそう原発3.11府民集会に参加しました。八千人以上の人が集まり、会場の扇町公園はたくさんの人の熱気に包まれました。
 会場には、福島県の南相馬市から農業をされていた方も来られており、三十年間も農業をしてきたが、原発の事故で農業が出来なくなった。今の仕事は、除染と原発のがれき撤去しかなく、政府の助成も線引きばかりで、復興の役に立ちにくく、もっと被災者の復興を支援する体制を作って欲しいと訴えていました。
 集会後は、アピールウォークがありました。
 これからが、原発再稼働をストップさせて、自然エネルギーに大きく舵を切らせていくのか、それとも原発依存を続けていくのかの大きな分かれ目です。運動を拡げるためにもがんばっていきます。(ブログ「山本いっとくの一言イットク」より)
(「ニュースいっとく」3月22日号)



1つ前の画面に戻る    ページTOP