日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

こんな活動やってます

 豊中市議会議員団の日々の活動を紹介しております。
 (2010.08.26)

100歳以上の高齢者の安否は豊中ではどうなっていますか・・・??

 全国で高齢者の所在不明が相次いでいますが、市の発表では、住民票での確認では100歳を超えた高齢者で所在不明の高齢者はいないとのことでした。
100歳以上の高齢者101人の内、5月に介護保険サービスの利用をされている方が85人、残りの方は4月か5月に後期高齢者医療保険の利用実績があるため、所在確認がされました。また、市では100歳のお祝いを直接届けるようにしているとのことでした。
 豊中では,所在不明の高齢者がいないので良かったとばかり言ってはいられません。今後、高齢者が増えていく中で、どのように地域でも見守るしくみをつくるのか、大きな課題だと思っています。
(「こんにちは出口文子です」2010・8・27)



 (2010.08.26)

熱中症による救急搬送・豊中でも131人に

 市民の方からも問い合わせを頂いていました熱中症問題で調べてみました。
全国的にも急増している熱中症による救急搬送が、豊中でも6月17日以降で131人にものぼっています。8月9日から15日の週ではおさまっていた熱中症による救急搬送も、盆明けからまた急増しています(左図)。熱中症にかかって搬送されたなかでは高齢者が52%を占めています。熱中症でなくなった方は豊中ではでていませんが、2人が重傷、38人が中等症となっています。搬送された人の内、45%は屋内で熱中症になっています。
 屋外屋内問わず水分の補給を十分するなど熱中症対策が必要です。
(「こんにちは出口文子です」2010・8・27)



 (2010.08.20)

豊南町業務スーパー横と向かいの歩道に安全対策

 神埼刀根山線の歩道整備がすすんでいますが、「新しくできたスーパー前の歩道の敷石ブロックにつまずいて、危ないので対策を」と地域の方から要望があり、私は現場を見に行き、市に改善するよう求めました。市はスーパー南側に安全防護柵を設置し、スーパーの道路向かい側には反射板の設置をしました。住民のみなさんの声で安全対策がすすみました。
(「いつき澄江ニュース」2010夏号)



 (2010.08.20)

箕面街道−春日橋に信号機の設置を

春日橋付近の交差点は、中央環状線から迂回して千里川の右岸道路に進入する車が多く、歩行者の横断や車・バイク・自転車などが交差し、付近のみなさんから信号機の設置をと求められてきました。
 我が党はこれまでも春日橋付近の信号機の設置について、「箕面街道を横断して通学する13中生の安全対策」をと求め、堀田文一府会議員や大阪府池田土木が立ち会い現地を検証してきました。しかし、「信号設置の要件である交差道路の幅員や歩行者のたまり等に若干の問題がある」ということで実現しませんでした。
 最近、春日橋北東の自動車修理工場がコンビニに変わり、このことで、さらに、スーパーへ出入りする車によって交差点は輻輳し、その上、近々本町9丁目に新たなスーパーがオープンしますが、豊中方面からのスーパーに来店する車は、警察の指導で右折できません。そのため、春日橋付近でUターンするおそれがあり、「通行者の安全はますます脅かされる」と付近の住民のみなさんから不安の声が寄せられてきました。
 私は、再度速やかに信号を設置するよう求めました。市は「交差道路に若干の拡幅や歩行者のたまりが可能となっている」「豊中警察が歩行者用押しボタン式信号機の設置を公安委員会に上申している(求めている)」ことを明らかにしました。信号機設置が実現します。
(「いつき澄江ニュース」2010夏号)



 (2010.08.20)

古代のロマン−「石蓮寺廃寺(せきれんじはいじ)」の公開・現地説明会が実現

 鎌倉〜室町時代の寺院跡(建立は古代の可能性も)とされる「石蓮寺廃寺」(若竹町1丁目)の公開・現地説明会が実現しました。
 石蓮寺廃寺の遺跡名は若竹町1丁目にあり、現在は旧NTT社宅跡地の宅地開発場所になっています。
◆61人が参加
 発掘状況を知りたいという地域住民の要望が実現し、8月9、10日、公開と現地説明会があり61人が参加しました。出口文子議員も同行しました。
 調査では、@飛鳥時代ごろと考えられる四角い柱穴A中世以降と考えられる耕作跡B明治〜昭和初期の落ち込みと建物跡−の3つの時代の生活の営みの跡を確認しました。
 参加者は「先祖がどんな営みをしていたのか知りたかった」「歴史を目で見る機会になった」と感想をのべました。
◆慎重な判断を
 奈良時代以前の瓦の破片も見つかっていますので、付近一帯の調査での慎重な判断が求められています。
(「こんにちは出口文子です」2010・9)



1つ前の画面に戻る    ページTOP