日本共産党 豊中市議会議員団 Webサイト

お問合わせ
 

こんな活動やってます

 豊中市議会議員団の日々の活動を紹介しております。
 (2010.05.26)

基地のない沖縄・日本を/豊中市民連帯集会に参加して

 豊中の革新懇が沖縄市を訪問して平和交流をおこなった報告集会に参加しました。
 4・25の9万人集会の成功など沖縄がひとつになり「基地はもういらない」との声が日増しに高まっていることや沖縄ではどこに基地を移設しようと思っても住民はそれを許さない運動がされていることなどが報告されました。
 移設ありきではなく、普天間基地の無条件返還を求めてこそ、解決の道が開けると実感しました。
(「こんにちは山本正美です」2010年5月27日号)



 (2010.05.26)

仕事がなくて、住宅ローンの支払いができません。

 自営業ですが、仕事がなくて困っています。今の収入では家族が食べていくことにやっとで、特に、住宅ローンの支払いができなくなっています。家を手放すことはしたくないのですが、どうすればいいのでしょうか。
(A) 深刻な不況のもとで、銀行などの金融機関からの借り入れの返済が困難になっている中小企業を支援するため、「中小企業金融円滑法」ができました。そのため、中小企業者からの返済猶予の申し入れがあれば、金融機関も支払い猶予に応じるというものです。
 住宅ローンの返済についてもこの制度が活用できますので、銀行などの金融機関と話し合って見ては如何でしょうか。
 早速、Aさんは、勇気を出して、金融機関と支払いについて交渉しました。その結果、当面は支払い猶予を受け、金利だけの支払いになり、当面の生活だけは維持できることになりました。
 一方で、返済猶予にすれば、元金が減らず支払いの期間が延びるため、返済額の総額が増えるので注意も必要です。
(「こんにちは山本正美です」2010年5月27日号)



 (2010.05.26)

今の時期に運動会?? 例年より早い運動会が開かれています。

 桜塚小・桜井谷東小学校では、5月22日の土曜日に運動会が行われました。いつもは秋に行われる運動会も、学校の耐震化工事のため、今年は例年より早い運動会となりました。小学1年生の児童にとっては、未だ学校にも慣れていない時期の運動会になり、児童も先生も大変だっただろうなと思いながらも、元気いっぱいの児童の姿が印象的でした。
 千成小、豊島西小、熊野田小学校も工事の関係で運動会が例年より早く6月にかけて行われることになっています。
(「こんにちは山本正美です」2010年5月27日号)



 (2010.05.18)

小学校のクラス人数について調べてみました

 新年度になり、小学校の学級編成が決まりました。私たちの周辺の学校はどのような状況なのか調べてみました。小学校1年・2年が35人学級となっています。しかし、3年から6年までは40人学級です。そのため、例えば、豊島小学校では2年は29人のクラス人数ですが、3年になればとたんに38〜39人となり、5・6年生は40人です。先生も児童も大変な状況も出てきます。
 小学3年から6年の35人学級実現に向けてがんばります。
(「こんにちは山本正美 出口文子です」5月18日号)



 (2010.05.18)

クマネズミが出て困っています。どんな対策をすればよいのですか。

 庄内でクマネズミによる被害が報告され、市議会でも日本共産党市議団の松下議員がこの問題を取り上げ、対策を迫りました。その後、さらにクマネズミが市内を北上しており、最近では岡町周辺での被害の声も寄せられるようになりました。
 市は「学校など11の公共施設の協力を得て、平成20年1月から4月にかけて被害及び実態アンケート調査を実施した。また、市民から依頼があれば、現地で侵入経路などの調査を行い、ネズミの性質と駆除方法などについて近隣住民にも説明会を開催し、対策用パンフレットを配布するなど普及に努めている」と答弁し、対策にも踏み出しています。(土木部・水路課 そ族昆虫対策係 電話6864・6661)
▼敷地への進入経路は
 電線の上を通って・塀の上を通って・ブロック塀の隙間や穴を通って・・特にクマネズミはジャンプ力も強く、手のひらの構造の違いにより垂直のところでも上れます。
▼建物への侵入口は
 @屋根取付けの隙間 A換気扇の隙間 B冷暖房室外機のパイプの隙間 C戸袋の隙間 D配水管からの侵入 Eサッシ取付けの隙間 F通風口 G壊れた壁等
▼ネズミの害を防ぐには、「いやがる環境作り」から
@、まず、家の周りの点検(建物への進入口)1.5センチ〜2センチ以上の隙間や穴がないか調べ進入路をふさぐ。
A、えさになるものを片づける(残飯の処理・ペットフード等)
B、巣の材料になるのも(新聞紙・ポリ袋・他)を片付ける。
(市の作成パンフより)
●クマネズミとは・・・
 くまねずみは、世界的に広く分布し、インド、ミャンマー地方が原産地といわれています。もともと樹林を生活の場としていたので壁、木、木の枝、電線、支柱等も自由に動き回ります。
 一般に屋内の高い所に住み着きます。水に入るのは嫌いですが、垂直に昇ったりジャンプ、綱渡りなどはうまく、立体的に行動します。乾燥には強いですが、寒いところ、湿気の多いところを嫌います。都心部のビルや、駅の近辺で被害が多く、最近では住宅地でもクマネズミによる被害が増えています。電線や通信ケーブルを咬んだり、切断したりすることもありますので被害が甚大になることもあります。体長18〜23p、体重200g位で中型。生後約3ヶ月で成獣となり繁殖可能となります。 寿命は3年位といわれます。ねずみは雑食性ですが、クマネズミは植物質を、特に種実類、ピーナツ、米、サツマイモ等を好みます。(インターネット検索より)
(「こんにちは山本正美 出口文子です」5月18日号)



1つ前の画面に戻る    ページTOP