かもしか色 製作記

HOME] | BACK


 

秋田新幹線開業により、”こまち”に接続する”かもしか”もE3系同様のカラーリングが施されました。 今回は3連口(クロハ+モハ+クモハ)を製作する事にしました。 ポイントは、やはりクモハでしょうか。 モハ485も準備して実車どおり切継ぎ改造します。 TOMIX基本セット3連を種車としますが、制御車は200番台なので、貫通扉を削らなければなりません。 1000番台の単品再販して欲しいものです。

 

ベース

まずは丁寧に分解して、シンナープールにドボン。 しばらく放置しておけばポロポロとベース塗料は剥がれてくれます。 クリームはモールドが黒いため厚塗りになっていますが、無理に剥そうとしない方がいいでしょう。

 

加工1

まずは顔の加工から・・・ 貫通扉のモールドをペーパーで丁寧に削り取り、下側のガイドレールも撤去します。上側のガイドレールも1ミリ程度切り込みます。愛称幕は200番台サイズになっているので、水平方向に0.5ミリ、両側へ拡大します。特急マークを避けるのが意外と面倒! 種車に1000番台を使用する場合は、この工程は必要ありましぇーん。 フゥー (^^; 

 

切継ぎ

クハを乗務員ドア後部、モハをドア部で切断します。モハの切断位置は10.6ミリで乗降ドアより側窓を残します。 運転台部、モハドア部は接合するための切り込みを入れて、現物合わせで調整しました。互いの接合面はペーパーで平滑にしておきます。

 

接合

最初に各部を接合します。実車の最大長は21,250ミリなので、種車よりも1.6ミリほど長めにしておきました。(種車がスケール通りかは、おいておいて・・・) 切出したモハのドア部からさらに洗面所の部分を切断し、切出しの際に余剰となった側窓を使用して、ドア直後の小窓を作りこみます。側窓を埋め込むためにコの字型に切り込み、そこへ切出した側窓を埋め込む工法を取りました。

 

加工完成

切出した側窓を埋め込みます。瞬接が雨どいまで流れ込まないようにしておかないと後で修復するのが困難なので注意! その後、接合部を丁寧にペーパーで平滑にしておきます。

 

前面加工

前面連結部の切込みを1.0ミリ厚のプラ片で埋めた後、中心部を切込みます。これでなんとかフロントマスクが1000番台らしくなってきました。1000番台を種車にすればこんな苦労はしなくてもいいのに(;;)

 

加工完成

クロハの前面もクモハと同様に加工して、細部を修正した後、ねずみ1号を吹いて出来をチェックします。これで塗装に入る事ができるようになりました。 

 

ピンク

まずはピンク(Mrカラーのピンクをベースに調色)を吹いた後、残すラインをマスキングします。クハ、クモハは、1.5ミリ幅のライン、モハは1.5ミリと3.5ミリ幅でマスキングします。それぞれ間に挟まれる白帯となるライン幅は0.5ミリです。 

 

パープル

次にパープル(Mrカラーのパープルをベースに青で調色)を吹きます。乾燥を待って、制御車は4.5ミリ、モハは1.5ミリ幅のテープでマスキングします。 

 

塗装完成

アイボリーホワイトを吹いて細かな修正を行います。特急シンボルにはゴールド、シルバーを筆塗りします。写真ではまだ塗装していませんが、ダークグレーを屋根に吹きます。その後屋根上機器をねずみ1号で塗装しておき所定の位置に取り付けます。各所にインレタを転写して、クリアを吹けば完成です。 

 

床分離

モハ485のデッキ部、クハの先頭部床下を切断します。ボディーと床下の固定はねじ穴が同軸になるよう切断位置を決めなければなりません。その後、面取りをして接合面を平滑にしておきます。 

 

床接合

モハ客室部床下とクハ先頭部を接合します。その後ライトユニットが上手く収まるよう取り付け部も加工しておきます。ボディーとの嵌合はねじ止め方式から変わるので先頭部のネジボスをカットしておきます。これで床下の改造も終わり、後はボディーとの合体が上手くいくように細部を調整すればOKでしょう。

 

 

HOME] | BACK


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.