ふれあいパル 製作記

HOME] | BACK


 

国鉄末期に登場した広島局ふれあいパルを製作します。パステルカラーで仕上げられた洋風気動車で、運転台助士席側、側窓が大窓化された事が特徴でしょう。窓加工がメインとなり、塗装は楽できそうですぅ。 愛称幕の製作は勿論デカールで製作しましょう。

 

ベース

種車はTOMIXキハ58−1100およびキハ28−2300を使用します。 最近、急行色は入手し難いので、キハ28はよねしろ色を使用します。 では、いつものごとく丁寧に分解して、シンナープールにドボンしていきましょう。

 

剥し

剥しも快調! キハ58(急行色ベース)の方は中途半端な剥しとなっていますが、あまり深追いしない方が無難です。

 

加工

最後部側窓埋めと1,2位側ドア埋め、貫通扉幌枠を撤去してドア埋め後、助士席側窓端をプラ片で埋め、展望窓を6.3×10.8ミリのサイズで開けます。 1位側にはドア戸袋窓を基準に6.1×10.6ミリで窓開けします。

 



青20号 −> 灰色9号 −> ローズオルタンシャ(Mrカラーピンクベースで調色) −> 灰色9号 −> 黄緑6号の順で吹きます。 マスキング幅は側窓側7ミリ(帯の角度は水平から30度)、前面0.9ミリとしました。 青20号のマスキングポジションが決まれば、後のマスキング作業は簡単! マスキングさえきちんと行えば、デザインは単純なので、塗装工程はすぐ終了できます。 久しぶりに楽させてもらいました。

 

 

HOME] | BACK


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.