ED75−767 オリエントサルーン色 製作記

HOME


 

オリサル指定機には、この767号機を含め数両が塗色変更を受けましたが、客車の廃車と共にこの塗色も消滅しました。 かつてKATOがこの塗色を生産しましたが、最後となった指定機の姿を再現する事にしました。


ベース

 前面加工

種車はKATO700番代を使用します。 丁寧にボディーを分解して、誘導員手摺りモールドを削り、乗務員側窓の梁を切り取り、Hゴムも削って、サッシ窓が入るように加工します。 サッシ窓ガラスはTOMIX ED79用を使用します。 標識灯は外ばめ式(BONAの新型電機用)に交換するので、φ1.0ミリの孔を開けておきます。 


ねずみ1号
ゴールド
赤

下地にねずみ1号を吹いて、黄をブレンドしたゴールド吹きます。 車体裾、フィルタ下、モニタ採光窓上、前面ヒゲのラインをマスキングして、赤を吹けば塗装工程の終了です。 





HOME


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.