DD51-893(更新色) 製作記

HOME


 

エンジンが載せ替えられたJR貨物のDD51更新機は、北海道地区(赤、グレーの塗色)と本州地区(ブルー、グレー基調)で、外板塗色が異なっています。 塗り分けは比較的簡単なので、一両あれば面白いかもしれません。 今回は本州のDD51更新機を製作する事にします。

 

白

種車を丁寧に分解して、ベース塗装を剥がした後、ねずみ1号、白3号を吹きます。 その後、ナンバープレートの幅、位置でマスキングを行います。 前面は、前灯の内側でテープをカットして、点検扉部分にクリーム1号を吹きます。



グレー
JRFグレー

クリーム1号をマスキングした後、ボディー全体にねずみ1号を吹きます。 その後、マスキングラインから上部にダークグレーを吹きます。




青15
塗装完成

次は、マスキングラインから上部をマスキングして、下部に青15号を吹きます。 乾燥を待って、マスキングを剥がし、前灯周りに白、リフレクタに銀差しします。 またHゴムは黒を差します。 ランボード、手摺り部分にはスーパーサフェーサーを吹いて、グレーを吹きます。 以上が終了したら、ナンバープレートを製作して元通り組立てれば完成です。

 

 

HOME


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.