キハ58系 飯山線運用色製作記

HOME] | BACK


 

北長野運転所所属の飯山線運用色で、本州では珍しいトイレ(水タンク)撤去車や角ベンが残っている車輌、クーラーがグレーの車輌および冷房準備車も存在し、地味ながらバラエティーに富んでいるグループです。車体中央のロゴは「友情列車」という意味らしい。塗色変更だけでは面白くないので、少し加工してみましょう。

 

ベース

加工

種車はTOMIXキハ58-400×2を使用します。最初に薄め液でベース塗装を剥しておきます。元のタイフォンは寒地仕様なので丁寧に削り取り、暖地仕様に換装します。パーツにはメタルプライマーを筆塗りしておき接着します。前面の手すり類モールドは削り取り、所定の位置に0.3ミリφのパーツ取り付け穴を開けておきます。飯山線色は屋根までブルーが塗られているので、屋根板を組み付けて、白3号を吹きます。

 

赤

初めに側窓を8.7ミリ幅でマスキングします。その後、黄5号を側面、屋根に渡って吹きます。2.0ミリ幅で黄5号をマスキングして黄かん色−>マスキング−>赤11号を吹きます。貫通ドアも同様の順番で吹いておきます。塗料が上手く周るよう事前に1番クーラは、取り外しておきます。

 

ブルー

全色吹き終わったらボディー全体にねずみ1号を吹いて下地を整えておきます。その後ブルー(青15号をベースにクリアレッド、インディーブルーで調色)を吹きます。ベンチレータは取り外して、別途塗装します。

 

完成

乾燥を待ってマスキングテープを剥し、吹込み修正と色差しをします。近年は側窓下のロゴ無しで出場していましたが、トレジャーのインレタを転写して、手摺り等のパーツを取り付け後、クリアーを吹けば完成です。

 

 

 

HOME] | BACK


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.