福知山支社色 製作記

HOME] | BACK


 

キハ40系塗色変更第一弾は、福知山、京都山陰口運用車輌2連を製作します。黄緑ベースに1本ラインが入り、シンプルですが風景にうまく溶け込むデザインだと思います。加工要らずの編成も可能ですが、少し手を入れてみましょう。それでは製作開始!

 

ベース

種車はKATOキハ47-1000を使用します。1輌は0番台化するのでキハ40-2000とキハ48の屋根を使用します。屋根を剥ぎ取ったキハ48には、逆にキハ47の屋根を使用すれば1000番台化でき、車輌のバリエーションが増えてさらに楽しめます。いつもの事ですが、運転台窓ガラスの外しにはチョット緊張気味・・・。前灯のレンズ外しも少しコツが必要ですが、無理せず丁寧に分解すれば問題ないでしょう。通常ならばベース塗装を剥しますが、単色なので車番を消す程度にしておきます。

 

加工1

加工2

初めに、キハ40からトイレ窓、点検蓋周りを切出しておきます。キハ47の4位側にはトイレを設置するので、切出したパーツが嵌るように窓下を中心にカットします。パーツが上手く嵌ることを確認したら、瞬接で固定しておきます。加工はカッターナイフで力を加え過ぎないようじっくりと進めればOKです。

 

アイボリー

黄緑

初めに、ねずみ1号で下地処理を行い、アイボリーホワイトを吹きます。ラインとなる部分を裾より3.7ミリの位置でマスキング(2.0ミリ幅)します。前面も側面と同様の幅で標識灯の下側を基準にマスキングします。標識灯付近は完全にマスキングは出来ませんが、吹き込まない様に塗装すれば、その後の修正は軽微で済みます。次に黄緑7号を吹きますが、若干アンダーにしたいので、事前に灰色9号を吹いておきます。最後に黄緑を吹けば塗装終了です。後は、細かな修正と色差しおよび車番インレタを貼れば完成!

 

妻板加工

塗装も完成して屋根板を嵌めようとしたら上手く嵌らない・・・。 よ〜く見ると水タンクの部分が当たっているではないですか! 妻板を削り低屋根化して、キハ48同様に屋根板が当たる部分を削っておきます。妻板は削り過ぎないよう慎重に作業を進めていきます。これらの加工で屋根が無事嵌ってくれるでしょう。

 

 

HOME] | BACK


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.