クハ455-609 製作記

HOME] | BACK


 

ユニット窓サロ165改造のクハ455-609を製作します。 JRE所属でこのグループとしては異端児的存在であり、グリーンライナーとして活躍しています。 JRQにも600番代が所属していますが、外観上は一段降下窓の違いがあります。 

 

ベース

準備するアイテムはサロ455とクモハ455およびRSなかむらのサロ165改造キット、銀河のシールドビーム、TAVASAのステップです。 運転台の周りは極力オリジナルの塗装を流用するとして、客室側のサロボディー塗装剥がしから始めます。

 

下地

サロボディーはオリジナル塗装を剥がして、ねずみ1号を吹いておきます。 クモハボディーは下地を生かします。

 

カット

接合

サロボディーは回送運転台側から26ミリの位置でカット、クモハボディーは客ドアステップ端でカットします。 切断したサロは序々に客窓短辺まで削り、切断面を平滑にしておきます。 その後、両者を瞬間接着剤で接合します。 接合箇所は、ペーパーで平滑にしておき、パーティションが目立たぬよう修正しておきます。

 

前面加工

手摺り類モールドは全て削り、パーツ取付け用穴(φ0.3ミリ)を開けておきます。 前灯はシールドビーム化するので、プラ片にて穴埋めを行い、前面をペーパーで平滑にしておきます。 運転台下のジャンパ栓受けも削っておきます。(クハを種車とする場合は必要ありません) タイフォンは削り取り、中心穴を開けておきます。

 

前面加工

前灯には銀河のシールドビームパーツを、元の前灯中心より少し下げて取付けます。 タイフォンの取付け位置には1.2ミリ穴を開け、シールドビームレンズを球面タイフォンに見立てて接着しておきます。

 

ドア戸袋

取付け完成

115系のドア窓を切出したパーツで、前位側ドア戸袋窓を詰めます。 埋める寸法は115系ドア窓ガラスに合わせればOKです。 その後、ペーパーで平滑にしますが、サボ受け等のモールドを削らないよう注意する必要があります。 運転台前面の手摺り類および、TAVASAのジャンパ栓を助士席側に取付けます。 その後、客側窓にユニットサッシパーツ(RSなかむら)を取付けておきます。

 

 

次は、Mc,Mユニットと共に塗装を行います。

 

HOME] | BACK


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.