205系鶴見線色 製作記

HOME] | BACK


 

山手、総武線運用にE231系の投入が始まり、捻出される205系の転用先に合わせた中間車の先頭化改造や内装の改造が進めれています。 特に、M'cが登場するのは205系としては初めてのことで、南武支線用を最初に鶴見線にも1100番台(Tc+M+M'c)、モハ205は0番台というイレギュラーなユニットで投入される予定です。 T改造のTcは既に登場し、残る電動ユニットの登場が待たれますが、実車の動向を見ながら製作する事にしましょう。

 

ベース

種車はKATO205系を使用します。 実車は埼京、総武運用車輌が種車なので、客ドア窓が大きい埼京線または京葉線車輌を選択します。 まだMM'cは登場していないので、種車選択は迷うところですが・・・。

 

運転台切断

Tcの運転台部分をカットします。 最初に乗務員ドアの直後からコの字形に切断し、乗務員ドア上部の位置まで切り込みます。

 

前面

運転台部分の前灯、標識灯、手摺り、ステップモールドをカットし、プラ片で凹部を埋めて平滑にしておきます。 また、運転台窓下部をt1.0ミリプラで埋めます。

 

前面加工

運転台前面にt0.5ミリプラを接着し、両端に向かってRを付けながらペーパーで切削します。 ステップもt0.5ミリプラ片を接着しRを付けるためナイフで切り込んで、平滑にします。 方向幕部分にはプラ片を接着してダークグレーを塗っておき、運転台屋根前面には若干のRが付いているので、パテ盛りし成形しておきます。

 

 

次は、運転台下手摺り部加工、前面ガラスの製作を行います。

 

HOME] | BACK


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.