165系赤倉色 製作記

HOME


 

久々の急行形の塗色変更ネタです。(^^;) この塗色の特徴は、クリーム地に窓周りは緑2号、そしてそれを囲む様に黄色の細いラインです。 なんと言っても、この黄ラインがモデラー泣かせではないでしょうか? 実車は既に引退していますが、我が鉄道に新製導入させるべく製作を開始しました。

 

ベース

手元に余剰車輌KATO165系低屋根があったので、これを種車に使用しました。 TOMIXを種車にする場合は加工が楽になりますが・・・。

 

加工

手摺り類のモールドを全て削除して、別パーツ取付け孔φ0.3ミリを開けておきます。 タイフォンは寒地形に換装するので、この箇所にも孔開けを行います。 中心がずれない様慎重に行います。 また前面ステップモールドも削り、削ったステップから0.3ミリ上部に取付け孔を開けます。


 グレー
加工完

一通り加工が終了したら、一度ねずみ1号を吹き、ペーパーで加工面を平滑にしておきます。 その後、手摺り、タイフォン、ステップを取り付けます。 オデコの手摺りは、マスキングの都合上、塗装後に取付けることにしました。



緑2号
白

TOMIXのジャンパ栓受けを取付けた後、緑2号を吹いて、車体裾のラインをマスキングします。 その後、ねずみ1号、クリーム12号を下地として吹いて、クリーム10号を吹きます。


白マスク

緑2号の部分を残して、ボディー全体をマスキングします。 黄5号は0.3ミリ幅、緑2号の外縁は0.2ミリ幅を見込んでおきます。


黄5号

黄5号を吹いて、外側から0.2ミリの位置で、黄5号をマスキングしておきます。 マスキングは水平方向のみで、垂直方向は仙石線のインレタに入っていたお助けインレタを使用する事にしてみます。 本当に助かるかは後のお楽しみ(心配!?)ですね。


緑2号

マスキングが終わったら、緑2号を全体に吹いておきます。。


一応完成

乾燥を待ってマスキングテープを剥がします。 一応塗装は成功したようです! 細部を修正して、後はお助けインレタに助けて頂く事にしましょう!


塗装完成

縦の黄ラインをお助けインレタで仕上げ、コーナー部分はインレタのRに合わせて色差しします。 塗装した黄5号との色合いもバッチリで、デカールではできない思い通りの仕上がりになりました。 これで、製作にさらなる気合いが入ります!





HOME


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.