117系福知山色 製作記

HOME] | BACK


 

東海ライナーに続いて、福知山色を製作します。 メインは、塗色変更となりますが、方向幕の窓埋め程度の加工を行います。 タネ車はもちろん、KATO117系 6連セットを使用します。

ベース

剥し

ボディを丁寧に分解後、例のごとく、シンナープールへドボン! ぶどう1号のライン消しに留めておきます。 薄め液を含ませた綿棒でラインを擦り消しても良いでしょう。多少ぶどう1号が残っても下地処理すればOK!

 

下地処理としてねずみ1号を吹いて、緑14号を吹きます。 緑14号はタミヤのレーシンググリーンが手元にあったので、代用してみました。 

 

緑14号をマスキングした後、灰色9号を吹きます。 そしてアイボリーホワイトを吹いて塗装は終了です。 簡単な塗り分けで助かりますね。 (^o^)

 

乾燥を待ってマスキングを剥し、にじみ等を修正します。 その後、窓周りに黒を、前灯の反射板にシルバーを入れておきます。 これで完成もまじかです。

 

最後に、クハ2位側にJRマーク、各車両に車番等のインレタを転写し、クリアを吹いて完了です。 列車種別表示は、デカールで自作しておきました。 後は、屋根等を組立てて完成としましょう。

 

 

HOME] | BACK


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.