115系新潟2次色 製作記

HOME] | BACK


 

新潟では2〜4連のバラエティーに富んだ編成が存在しますが、クハ+モハ+クモハの3連で、モハは2パンタに改造した編成を使用して、塗色変更を行います。 最近は3次塗色になりつつありますが、ライト、ダークグリーンの細帯デザインの2次色をモデルで残すとしましょう。

 

ベース

種車はKATO115系を使用します。 モハは、2パン化するのでもう一枚屋根を準備しておかなければなりません。 それでは、いつものごとく丁寧に分解して、シンナープールにドボンしていきましょう。

 

剥し

前面の黄かん色はしつこいので、この程度に留めておきます。 モハの場合はクリーム1号がすっきりと落ちてくれました。 雨どいを表現しているモールドは大変細いので注意して剥す必要があります。 何度か痛い目に・・・ (;;)

 

緑2

ねずみ1号を吹いた後に、緑2号を吹きます。 マスキングする部分のみ吹くよりも、ボディー全体に吹いた方が、均一な仕上がりとなります。 乾燥を待って、マスキング作業に入ります。 マスキングライン幅は0.7ミリとしました。 試験塗装として、前面の塗り分けが、ハの字、逆ハの字の車両も存在しますが、2パン組み込み編成は、前面まで帯が周っているノーマル塗色です。

 

ライトグリーン

クモハ、モハの側面にTAVASAのルーバを取付けておき、灰色9号を吹いた後、ライトグリーン(緑15号にクリアイエローで調色)を吹きます。 その後、緑2号のマスキングラインから0.15ミリ空け、3ミリ幅のラインでマスキングします。

 

完成

灰色9号を吹いた後、アイボリーホワイトを吹きます。 列車無線アンテナの取り付け穴は後で開けるとしましょう。 次は各インレタを転写してボディーは完成です。

 

屋根

パンタ増設場所をコの字型に切り込んでおき、ジャンク屋根のパンタ周りを切出して、嵌め込みます。 瞬接を流し込み、耐水ペーパーで平滑に仕上げておきます。 ランボードは、プラ板0.3ミリtを切出し、傾斜をつけて接着します。

 

 

HOME] | BACK


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.