塗装ブース製作プロジェクト

HOME


 

     室内で塗装を行うときの必須アイテムである、塗装ブースは多くのメーカから販売されていますが、高価なので自作しました。 製作したのはかなり前ですが、使用してみて意外と便利なので、製作過程を公開することにしました。 室内塗装でお困りの方は、一度塗装ブースを検討されてみてはいかがでしょうか?
 市販の塗装ブースは、フィルターの直後にファンがあり、ダクトを接続して室外へ排気する構成になっていますが、これはシロッコファンの静圧が高い特性があるため可能となっています。 今回使用するファンは安い小型換気扇のため静圧が低いので、換気扇の上流にダクトを設置して、ミストを吸い出す方式にしました。
   

 

 

換気扇

近所のDIYで一番小型の換気扇を購入しました。 あまり大きいと、収納や設置にも場所を取るので塗装スペースとの兼ね合いで決めます。 ちなみに私は一番小型の換気扇を購入しました。 できればシロッコファンが欲しかったのですが・・・。 残念!!


換気扇を梱包してあった箱に穴を開けます。 一方はアルミ製ダクト(φ10cm)を差し込む穴、もう一方は換気扇を取付けて排気する穴です。 ダクト側の穴はできるだけ正確に丸穴を開けないと、隙間ができ吸い出す効率が悪くなります。 ガムテープで隙間を埋めれば良いですが、組み立て式を目指す場合は注意が必要ですね。


 ブース完成

ブースはかなり前に購入した未使用の缶スプレー用ブースの背面にダクト差し込み用の穴を開けて使用する事にしました。 このブースと換気扇を取付けたBOXをアルミダクトで接続すれば完成です。 簡単に組立てられ、収納も場所を取りませんが、固定式にされる場合は、接続箇所をガムテープで固定すると良いでしょう。


取付け

 換気扇を取付けたBOXを窓に挟み、吹き返し防止のため上部にできる隙間は、ボール紙で目張りします。 塗装ブースは適当な台において、換気扇を回せば準備完了です。 換気扇の音もうるさくなく、排気性能はエアブラシは勿論、缶スプレーを使用しても十分OKです。 設置にはさほど時間は掛からないので気軽に塗装ができます。 ダクト前方にフィルターを取付ければ、ミストを除去できて、隣近所迷惑にならず周囲にも安心です。





 

HOME


本サイト上のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁止します。
Copyright © 2000-2006 CMF All rights reserved.