あった!kcy家庭菜園>無農薬栽培への道

                                                    
無農薬栽培への道
kcy家庭菜園では無農薬をめざしています。
たとえ半分害虫に食われても、残りの半分が収穫できればいいと、割り切る人もいます。しかし菜園を続けていくうちに、もっといい野菜を作りたいと思うようになります。
「出来具合は犠牲にしてもいいから農薬を使わない」、と思っても、やはりいい野菜を作りたいものです。、安全で美味しく、栄養価の高い野菜を作ってこそ、家庭菜園の楽しみというものです。
では、家庭菜園で無農薬栽培ができるのでしょうか。むしろ営利を目的としない家庭菜園こそ無農薬栽培がやりやすいと思います。そしてあまり完全を求めない、”多少の虫も扶養家族”くらいの気持ちも必要です。何とか農薬を使わなくてもいいような環境を、あの手この手で工夫し、年数をかけて根気よく積み重ねていけば、道は少しずつ拓けてくるのです。以下kcy菜園が目指している無農薬栽培のレポートです。

チッソ分をやり過ぎない
野菜の栽培には、バランスのとれた施肥が必要です。しかし、しばしば害虫発生の原因となるのがチッソ過剰状態です。酸性になった土は害虫が発生しやすくなるので、畑のPHや、葉の状態などを観察しながら過剰施肥にならないよう注意します。

化学肥料はできるだけ使わない
害虫に強く美味しい野菜を作るため、化学肥料はなるべく避けて、有機質の肥料を使います。有機質の肥料は効果が長続きする半面遅効性なので、追肥には使いにくく、効果も化成肥料に比べて低いですが、土壌改良効果があるので、次第に害虫に強い畑になっていきます。

肥沃な土を作る
よい土には、ミミズやオケラなどの土壌動物が多くいて豊富な有用微生物が繁殖している肥沃の土です。こんな土からできた野菜は、美味しくて栄養価が高いだけでなく、害虫が寄り付きません。有機質肥料は土壌生物を育てて、害虫に強い野菜をができるようになります。化学肥料は反対に有用生物が棲まない土になって、弱い野菜しか育たなくなってしまいます。

未熟堆肥は使わない
肥沃な土をつくるために堆肥を活用します。しかし未熟な有機物を土中に漉き込むと、アンモニアを発生して害虫が寄ってくるので、完熟した有機物を使うよう気を遣っています。どうしても未熟な堆肥や青草などを使う場合は、早めに畑に入れ土になってから播種や苗の植え付けを行います。

できれば自家製堆肥を作りたい
市販の堆肥をたっぷり使おうをすると、コスト負担も大きいです。それ以外に堆肥の安全性の問題もあるので、落葉や、雑草、緑肥植物などを原料とする自家製堆肥も併用するようにします。

適期に作付け
作物に一番適した時期に播種、植え付けをすることが、害虫を少なく抑えることにつながります。地域にあった作物ごとの播種適期の野菜栽培を目指しています。

多品種の野菜を栽培
同じ野菜を多く作ると害虫の大発生を招くことがあるので、多品種の野菜を間作、混作するようにしたいと思っています。

相性のよい作物の取り合わせを工夫する
トマトの近くにセリ科であるニンジンを植えると、トマトの病気を防除する作用があるなど、作付け作物の取り合わせを考えます。

忌避植物の利用
畑にニラやニンニクを植えておく と、アブラムシや害虫が寄り付きません。キャベツにつくモンシロチョウの幼虫である青虫は、ジャガイモが近くにあると防除効果があるなど、忌避植物も作付け計画に取り入れたいと思っています。

自然農薬を使う
害虫や病気が出たときは化学農薬をなるべく避けて、穏やかな効きめ、アバウトな防除で天敵の生態系を乱すことのすくない自然農薬の活用を考えてみます。やむなく農薬を使う場合は、使用法、使用回数などに細心の注意を払います。

防虫ネットの利用
寒冷紗などを使ったトンネルを張れば、害虫は確実に防除できます。このときネットに破れがないこと、ネットの外側から卵を産み付けられないように、ネットと作物の間隔をとるように注意しています。

害虫を手で駆除する

青虫、ヨトウムシなどの成虫は、丹念に見回って直接取り去るのが家庭菜園では確実方法です。その際に、葉の裏側に産み付けられた卵を発見して駆除すれば大きな効果があります。

天敵を生かす
畑には天敵などの生態系が働いていて、害虫の数がコントロールされています。しかし天敵は常に害虫が発生した後に現れるので、野菜は既に被害を受けてしまいます。天敵利用の仕組みを家庭菜園で積極的に防除に使うことは難しいので、天敵の仕組みをできるだけ壊さないよう、農薬を使わないか、減らす努力をしています。

農薬を使わなくても美味しい野菜が作れるようにするため、栽培方法を工夫し、できるだけ自然に近い環境を作りたいと思っています。農薬を使わなくてもすむような畑にするには、それなりの準備や工夫が必要です。簡単に実行できないこともありますし、せっかく実行してもすぐに効果が表れないものもあります。はじめから百パーセントを望まないで少しずつ取り入れていきたいと思っています。

[ HOME] [kcyの家庭菜園]