クリック
 ナンジャモンジャの木 (有馬のハルニレ)
寛永年間に徳川幕府の後御殿医半井驢庵が、この地に領地を賜った際に植えたと伝えられている。

樹種がわからなかったので「ナンジャモンジャの木」と呼ばれて親しまれてきた。これは昔から種類のよく判らない木に対して言われることで、相模ではハルニレが珍しい木であることを物語っている。

ハルニレは、ニレ科の夏緑林帯に分布する落葉高木であるが、神奈川県かではあまり見られず、有馬のハルニレが昭和29年に神奈川県の天然記念物に指定され、また、かながわの名木100選にも選ばれている。

樹高:20メートル 胸高周囲:8メートル 根回り:13.8メートル 枝張り:20メートル四方 
樹齢推定
:350年 
所在地
:海老名市本郷3881(県道406号線沿い)
地上部3メートルのところに数人が入れるほどの大きな空洞があるが、樹勢は旺盛である
神奈川の名木100選
有馬のハルニレの由来が記された石版が立てられている。
「名木なんじゃもんじゃ」と刻まれた石柱が立てられている。

参考資料:現地説明板より
マイタウン目次に戻る