クリック
 妙元寺(みょうげんじ)
長秋山妙元寺

 元弘元年(1310年)日輪が隠棲して開山となったが、地頭秋元刑部が子孫の繁栄を願い、屋敷を寄進し、自ら得度し名を日長と改め、二世となった。
吉久保境の八王子街道までが寺域で境内が広く、相模の本門寺と呼ばれ、参詣者で賑わったという。

当寺は相模七福神のひとつとなっている大黒天のお寺さん。


大黒天は福徳の神で、伝教大師が初めて比叡山にこの神を祀った。のちに、ずきんをかぶり、右手に小槌、左手に背負った袋の口をにぎり、米俵の上に乗る形になった。

所在地 : 海老名市大谷3331 拝観料 : 無料
交   通 : 小田急線海老名駅からバス坂下駅下車。 駐車場 : あり
電   話 : 046-231-1833

山号「長秋山」 境内の相模七福神の大黒天像 日蓮上人像

参考文献:リーフレット
 マイタウン目次に戻る