クリック
 善教寺(ぜんきょうじ)
ご本尊阿弥陀如来

 丘の上に建つ静かな佇まいの善教寺は、桃山時代文禄元年(1592)開山明誉光善大和尚、開基高橋又兵衛によって創建されています。

本堂内に安置されている木彫りの布袋尊は、実在の人物で弥勒菩薩の化身といわれ、吉凶の判断にすぐれ、未来の予知能力があったと伝えられています。

相模七福神ひとつ布袋尊の祀られているお寺です。

 同寺からすこし離れた場所にある椿地蔵は、蕾がふくらんでも花が咲かず落ちてしまう玉椿で、海老名市史跡名勝記念物に指定されています。(善教寺の所有)

所在地 : 海老名市杉久保875 拝観料 : 無料
交   通 : JR相模線門沢端駅下車約2km。 駐車場 : あり
電   話 : 046-238-4977

本堂への山門。 相模七福神の布袋尊像

参考文献:リーフレット

 マイタウン目次に戻る