kcy家庭菜園>ニガウリ ひと口メモ

 ニガウリ ひと口メモ                                     
苗つくり
◎発芽を促進するために、種のとがったところをハサミで切り落とします。写真右が元の種、、左が発芽部分をカットした写真です。
◎種を一晩水に漬けて水分を含ませます。
◎ビニールポットに種を2個ずつ蒔きます。発芽には25度前後の温度が必要なので、保温します。
◎勢いのいい方を残して1本立ちにして、本葉が3〜4枚になるまで育苗します。
◎収穫時期がおそくなりますが、気温が高くなれば畑に直播きもできます。

苗を購入する場合
◎本葉が3〜4枚の苗を選びます。

植え付け
◎蔓が延びてきたら、キュウリと同じような合掌型の支柱を立てて、絡ませます。

整枝
◎ニガウリは親蔓には実はつかないので、本葉が5〜6枚で摘芯します。
◎子蔓を5〜6本伸ばして着果させます。
◎蔓が混みあったときは適宜整枝します。

追肥と水やり
◎1週間おき位にこまめに少しずつ追肥し肥料切れしないように注意します。
◎乾燥に弱いので敷きわらなどをして、適宜水をやります。

収穫
◎果実にいぼいぼができてきて、青くなったら収穫します。赤くなったり黄色くなったりする前に収穫しましょう。

因みに
◎5月8日はゴーヤの日です。夏バテ防止、食欲増進や血糖値降下作用がよく知られています。

ゴーヤ水の取り方
収穫が終わって畑に肥料が残っていない頃のゴーやの樹液を採ります。蔓先をハサミで切って、切り口をペットボトルなどで受けます。1〜2ヶ月で無味無臭になり、涼しいところに置くと1年以上保存できます。
主成分はミネラル+少しの有機物。毎日杯一杯で糖尿病の特効薬、Alc(血中ヘモグロビン値、7.0以下ならよい)が下がるとして筑後地方に継承されています。

HOME] [kcy家庭菜園]